« ネットの匿名と実名 | Main | 映画「ホーンテッド・マンション」 »

May 11, 2004

APPLESEED vs. INNOCENCE

映画「APPLESEED」の評判が、予想よりいいようだ。(Blogではたとえばこれ。士郎正宗ファンサイトのBBSはこちら)同じ士郎正宗作品の映画化であり、同時期に劇場公開された「INNOCENCE」に対する辛口の評価が目立つのとはなにやら対照的にみえる。

もちろん、「INNOCENCE」にも熱心なファンが無数にいる。定かではないが、興行的には、上映館の数からみて、おそらく「INNOCENCE」のほうが多く売り上げているのだろう。ならばウェブで流れている評価の傾向に差があるのは何なのか。士郎正宗氏自身も、両作品に対する態度には微妙な温度差があるようだ。

どちらも原作マンガから設定や物語の骨格を受け継いでいるが、原作とは色合いの違う作品だ。「INNOCENCE」は押井守監督の趣味を存分に発揮して押井テイストでまとめあげたのに対し、「APPLESEED」は、原作マンガからうまく「映画的」な要素を抽出して(誤解を恐れずにいえば)ハリウッド的な娯楽作品に仕立てている。どちらも、コアな士郎ファンには不満が残るようだ。「APPLESEED」の場合には、原作の設定とちがうことへのダイレクトな不満が目立った。原作ものにありがちな不満だ。

にもかかわらず、「APPLESEED」への評価には、どこか「まあいいか」という寛容さがあるものが多かった。「INNOCENCE」への評価では「ついていけない」といった態度が目立ったのとは毛色がちがう。ひょっとすると、娯楽作品と芸術作品の差なのか。「APPLESEED」は娯楽作品としての要素が強く、「INNOCENCE」は芸術作品としての要素が強い。当然観客層も少しちがっていて、評価する基準もちがう。娯楽としてなら許容できるものも、芸術としては許容できない、ということかもしれない。

あるいはもっと単純に、押井守監督に対する「期待」の高さの反動かもしれない。なんにせよ、さまざまな作品が楽しめることは、それはそれで悪くない。ぜいたくな悩み、ということか。

|

« ネットの匿名と実名 | Main | 映画「ホーンテッド・マンション」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference APPLESEED vs. INNOCENCE:

» [書評] アップルシード 2巻 apple seed 2nd volume [HPO:個人的な意見 ココログ版]
「アップルシード=りんごの種」の物語。「攻殻機動隊」で有名な士郎正宗の代表作のひ [Read More]

Tracked on August 12, 2004 07:34 AM

« ネットの匿名と実名 | Main | 映画「ホーンテッド・マンション」 »