« 米大統領選市場:共和党リードを広げる | Main | 年金問題:「ご理解を賜りたい」 »

July 01, 2004

この10年:私的ITヒストリー

慶応大学とマイクロソフトが合同で開いたシンポジウム「デジタルコンテンツを彩る先端技術」の基調講演で、来日中のマイクロソフトCEO、Steve Ballmer氏の講演を聞いた。ここ最近10年のIT技術の急速な進歩を振り返り、今後の10年はもっと大きな変化が訪れるだろうとの論調であった。「10年前、だれが今のIT技術を想像しただろうか」というわけである。

確かにそうだ。このことをより実感をもって考えるために、やや記憶はおぼろげながら、個人的に10年前の状況を振り返ってみようと思う。

10年前というと、1994年だ。私はこの年、国内のビジネススクールに留学中だった。この学校のPC室はIBM互換機よりAppleが多く、学生たちは主にAppleを使っていた(Appleのバージョンには詳しくないのでよくわからない)。

自宅で使っていたのは93年に香港で買ったIBM互換機で、DOS/Vに日英双方のWindows3.1とMS-Officeを入れていたと思う。価格は覚えていないが、日本円で15万円~25万円あたりだったと思う。記憶が正しければCPUはインテルの80486、RAMは8MB、HDDは200MBだった。CD-ROMはまだ一般的とはいいがたかった。MOやらDVDやらは望むべくもない。まだ当時はDOSとWindowsは別ソフトであり、まずDOSで立ち上げた後、Windowsを立ち上げる。日本語環境から英語環境に切り替えるには、DOS/Vのswitchコマンドを使う。日本語環境で作った英語文書は、英語環境のPCとは共有できなかったのだ。この翌年の95年、ニューヨークで東芝製のノートを買うことになる。レーザープリンタは、個人で買うものではなかった。PCゲームをいくつか持っていたが、グラフィックを動かすものでは、WindowsではなくDOS上で動かすものが主流だった。Windows上では遅くなるからだ。

学校のネットワークでは電子メールが使えたが、個人ではまだメール環境はなかった。初めてパソコン通信(!)に入ったのは翌95年のことだった。モデムは外付けの3200bps。小さなものでさえ画像の伝送には忍耐がいった。学校のPCはもう少し早かったが、接続環境はよくわからない。ブラウザといえばMosaicかNetscapeだった気がする。パソコン通信は、メールのほか、テキストベースのBBSやらが主なものだったと思う。

携帯電話は持っていなかった。まだ持っているほうが少数派だった時代だ。資料をみると、94年4月に初めて携帯電話売り切り制がスタートしている。それまでは、例の大型筆箱サイズの端末をレンタルしていたのだ。土日や夜間に料金が安くなる「ドニーチョ」プランが出てきたのは、このころだっただろうか。あれが出る前は、携帯電話は個人が持つものではなかったといってもよい。i-modeは99年開始だから、このときはまだなかった。ショートメッセージは可能だったのではないかと思うが使ったことはない。つまり当時、携帯電話は忙しい人(または忙しいと思われたい人)が「話をする道具」であり、メールを見たり打ったりする道具では(少なくとも当時の多くの人々にとっては)なかった。

ふりかえってみると、今では当たり前になっている多くのものが、当時は当たり前ではなかったことにあらためて驚かされる。つまりこの10年間私たちの暮らしがいかに大きく変わったか、ということである。少なくとも一般の人々にとって、PCはまだコミュニケーションの道具ではなく、電話といえば線がつながっているものだった。PCと携帯電話、今では必需品に近いこの2つの通信手段がない暮らしを、当時の私たちは当たり前のようにしていたのだ。当時の自分に帰ることはむずかしいが、今の自分を想像できるかどうか、考えてみるとよい。

これを前提とすると、今後の10年に起きる変化は、現在見えている以上のものとなることは想像に難くない。荒唐無稽に思われることが、当然の事実になってくるのだろう。楽しみのような、ちょっとこわいような。

|

« 米大統領選市場:共和党リードを広げる | Main | 年金問題:「ご理解を賜りたい」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference この10年:私的ITヒストリー:

« 米大統領選市場:共和党リードを広げる | Main | 年金問題:「ご理解を賜りたい」 »