« BSE問題:なんでこうなるの? | Main | 電子書籍で読みたいもの »

July 23, 2004

違法コピーがテロ資金に

Financial Times2004年7月23日より。
70カ国のレコード会社等で構成されるInternational Federation for the Phonographic Industry (IFPI)の調べによれば、音楽の違法コピーが国際テロ組織や組織犯罪集団などによってマネーロンダリングや違法薬物取引、さらにはテロ資金に回ったりしているという。

音楽業界は、昨年の違法コピーによる損害を45億ドル、一昨年より4%増加したと見積もっている。こうした違法コピーの最大の温床となっている国として、ブラジル、中国、メキシコ、およびパキスタンなどの10カ国が挙げられている。中でもIFPIはパキスタンに注目している。この国では昨年、1.56億枚のCDが販売されたが、このうち正規の商品はわずか110万枚にすぎないという。

これまで音楽のコピーについては、著作権保護と利用者の利便性との利害調整として論じられてきた。しかしこのニュースは、音楽コピー問題にもう1つの側面があることを示している。

|

« BSE問題:なんでこうなるの? | Main | 電子書籍で読みたいもの »

Comments

ブラジルと中国については、十分納得できる話。

Posted by: Sao_Paulo | July 23, 2004 10:51 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 違法コピーがテロ資金に:

» デジタル商品の問題 [面白い音楽は]
山口さんの違法コピーがテロ資金ににコメントを書いていたら、Cocologメンテナンスモードになってコメントできず、TBにしてしまいました。 山口さんの内容... [Read More]

Tracked on July 23, 2004 06:20 PM

« BSE問題:なんでこうなるの? | Main | 電子書籍で読みたいもの »