« 朝夕の高速料金半額化? | Main | 官僚を擁護してみる »

July 06, 2004

「あなたの一票には力がある」か?―投票のススメ

7月11日(日)に行われる第20回参議院議員通常選挙の投票率向上キャンペーンで、サッカー選手の中山雅史選手と女優の白石美帆さんが「日本に関心を持てるのは、スポーツだけですか?あなたの一票には力がある」と呼びかけている。このキャンペーン(「第20回参議院議員通常選挙啓発事業全体計画」というそうだ)がターゲットにしているのは、イメージキャラクター2人の人選からみて、スポーツファンが多いであろう若年層だろう。事実、年齢層別の投票率をみると、20代の投票率は30パーセント台と全体に比べ大幅に低い。30代も45%前後だ。

投票に行かない人の考えはなんとなく想像できる。自分が投票したって結果が変わるわけじゃないし、それにどの党が勝っても政治なんて結局変わらないじゃん、といったところではないだろうか。こうした人々に、「あなたの一票には力がある」と呼びかけるのは、やや説得力が弱いかもしれない。そもそもその理屈を信じていないわけだからだ。

しかし、だ。

「あなたの一票には力がある」というのは、文字通りにとらえれば、確かにうそだ。選挙結果は、ほとんどの場合、一票差で決まることはない。だから、自分が投票しても結果は変わらない。この標語は、より適切には、有権者全体に対して「あなたがたの票には全体として力がある」というもののはずだ。これなら完全に正しい。どの特定の個人も選挙結果を左右することはできないが、個人が集まった有権者全体としてみれば、その票が選挙結果を決める。

わざわざ書くほどのこともない当たり前のことだが、このことをもう一度確認しよう。20代、30代の人々が60代の人々(投票率は70%以上だ)と同じぐらいに投票に行っていれば、まちがいなく大きな力を持つ。対立をあおるつもりはないが、今の政治上の重要課題の少なからぬものは、実は世代間の資源配分問題だ。投票に行かないことは、自分たちの取り分をだまってあきらめることに等しい。どのような政治的意見を持つかにかかわらず、投票には行くべきである。「あなたがたの票には全体として力がある」からだ。

|

« 朝夕の高速料金半額化? | Main | 官僚を擁護してみる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「あなたの一票には力がある」か?―投票のススメ:

» 世界は変えられる [HPO:個人的な意見 ココログ版]
もしいまの日本の政治がゆがんでるとしたら、ゆがんだ選挙をしているからだ。ゆがんだ選挙をしているのは、ゆがんだ投票ばかりだからだ。 [Read More]

Tracked on July 06, 2004 11:21 PM

» 私も参加します。 [Hiroetteのブログ]
キムタケさんが始められた「公的年金タスクフォース」、 「7月26日に開催する公的年金に関する公開討論会(河野太郎自民党議員vs古川元久民主党議員)につきま... [Read More]

Tracked on July 07, 2004 09:19 AM

» そうだ、選挙、行こう。7・11 [くりおね あくえりあむ]
国会の日程は終わり、参議院選挙が間近になってきた。 投票日は7月11日。 特に年 [Read More]

Tracked on July 08, 2004 01:19 AM

» 投票率を上げるコツ [sabozoの旧成増飛行場跡団地雑記]
権利と言う奴は無いと大騒ぎになるが、与えられてみると、殆どの人間がこれを行使しないという、まことに厄介なもの。 今のご時世にまぁ、行使されているのは、... [Read More]

Tracked on March 30, 2005 11:29 PM

« 朝夕の高速料金半額化? | Main | 官僚を擁護してみる »