« 灰かぶりキャベツとリスクに強い社会 | Main | 〈恋愛結婚〉は何をもたらしたか――性道徳と優生思想の百年間 »

September 06, 2004

金融工学事典

今野浩・刈屋武昭・木島正明編「金融工学事典」朝倉書店、2004年。

金融工学に関する総合リファレンス。全846ページもある。この事典の特徴は、各項目について数ページにわたってかなり詳しい説明をしていること。事典の説明がそっけなくてわからない、という人にはうってつけである。唯一つらいのは価格だ。税込みで23,100円は気合の入った方でないとなかなか手が出ないだろう。編者はこの分野で知らなければモグリの大先生方。著者は全部で82人。そうそうたるメンバーの中で、不肖私も1項目(6ページ)だけ参加している。

|

« 灰かぶりキャベツとリスクに強い社会 | Main | 〈恋愛結婚〉は何をもたらしたか――性道徳と優生思想の百年間 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 金融工学事典:

« 灰かぶりキャベツとリスクに強い社会 | Main | 〈恋愛結婚〉は何をもたらしたか――性道徳と優生思想の百年間 »