« 政治資金規正法改正案:こういうのを「子供だまし」という | Main | 再現芸術としての映画 »

October 24, 2004

フィルム・コミッションのアジアネットワーク

10月15日、釜山で、フィルム・コミッションのアジア地域のネットワーク「AFCNet」の設立総会が開かれた(記事はこちら)。15日に閉幕した釜山映画祭に合わせて開かれたもので、参加するのは日本、韓国、中国、ロシア、インドネシア、マレーシアの6カ国だ。会長には、事務局がおかれる釜山FC朴光洙(パク・クァンス)代表が選ばれた。副会長は、神戸フィルムオフィス田中まこ代表だ。

当面は、各地のロケ地の写真や動画をインターネットに載せ、撮影機材や通訳、法律、通関、税金などの情報を載せることから始める。多様なアジアにふさわしいFCの基準を作ってアジア全体に広げ、アジア以外の映像関係者にもAFCNetの活用を働きかけていく、ということらしい。

各国とも、各地のフィルムコミッションが参加している。日本からは、札幌から沖縄まで、以下の10団体が正会員になった。ちなみに、全国フィルム・コミッション連絡協議会には71のFCが加盟している。
札幌フィルムコミッション
東京ロケーションボックス
横浜フィルムコミッション
名古屋ロケーションナビ
大阪ロケーションサービス協議会
神戸フィルムオフィス
姫路フィルムコミッション
福岡フィルムコミッション
長崎観光地映像化支援センター
沖縄フィルムオフィス
日本以外では、韓国は3カ所、中国は2カ所、インドネシア、マレーシア、ロシアからは各1カ所のフィルムコミッションが参加している。

フィルムコミッションについてアジアのネットワークが必要という機運が日韓主導で高まってきたのは、ここ3年ぐらいのことのようだ。韓国では、複数の国にまたがる撮影や合作が増えるにしがたい、文化やことばのちがいから、ロケ地でのトラブルも目に付くようになったらしい。

映画産業振興策については、韓国の積極的な取り組みが目立つ。フィルムコミッションについても同様のようだ。日本では、経済効果をあてこんでフィルムコミッションを設立したはいいが、スタッフも行政現場の理解も不足して実際の活動はなかなか、というところも少なくないらしい。確かに、自然環境やら何やらでロケをどんどん呼べる、という状況ではないだろう。

アジアの少なからぬ人々にとって、日本は魅力的なところだ。しかしその多くはまだ潜在的なものにとどまっている。「冬のソナタ」が韓国旅行者を増やし、韓国語学習者を増やしたように、日本で撮影された内外の映画が、アジア各国の人々の日本への関心を高める可能性がある。日本映画界にはなかなか注目してもらえないフィルムコミッションも、むしろ海外に目を向けたほうがいい結果を生むかもしれない。

|

« 政治資金規正法改正案:こういうのを「子供だまし」という | Main | 再現芸術としての映画 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference フィルム・コミッションのアジアネットワーク:

» 神戸で撮影の映画でエキストラ募集 [余は如何にして道楽達人になりしか]
阪神淡路大震災に遭遇しながらも、プロゴルファー になるという夢を追う男を描いた、 [Read More]

Tracked on June 14, 2005 11:57 PM

« 政治資金規正法改正案:こういうのを「子供だまし」という | Main | 再現芸術としての映画 »