« 米大統領選市場:民主党リード広がる | Main | 米大統領選市場:再び拮抗! »

November 02, 2004

米大統領選市場:共和党巻き返すも民主党優勢

アイオワ大学の「米大統領選予測先物市場」の最新情報のアップデート。

11月1日20時30分(CST)(日本時間11月2日11時30分)時点での「勝者総取り型市場」(Winner-Takes-All Market)の状況は次の通りだ。

 Symbol   Bid   Ask  Last  Low  High Average
DEM04_G52 0.144 0.147 0.145 0.131 0.163 0.147
DEM04_L52 0.370 0.374 0.369 0.300 0.474 0.347
REP04_L52 0.357 0.362 0.361 0.309 0.373 0.339
REP04_G52 0.126 0.129 0.125 0.070 0.239 0.163

この時点での直近の取引価格からみると、共和党勝利の確率は1時間前の46.1%から48.6%へ上がり、民主党勝利の確率は53.0%から51.4%へと下がった。共和党が巻き返しているが、依然として民主党がリードしている状況だ。共和党に関しては、特に「REP04_G52」、つまり共和党が52%以上の得票率で勝利する確率が上げている。

ちなみに、現時点でのCNNサイトでの世論調査結果の動向をみると、最新のものは10月31日発表の、27~30日調査のもので、ブッシュ大統領が49%、ケリー候補が47%となっている。

今は、現地では最後の選挙戦を終え、投票日前日の夜となっている。IEMの投資家にとっても最後の追い込みの時間だ。最終日のこの急展開がどう決着するか。

|

« 米大統領選市場:民主党リード広がる | Main | 米大統領選市場:再び拮抗! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 米大統領選市場:共和党巻き返すも民主党優勢:

« 米大統領選市場:民主党リード広がる | Main | 米大統領選市場:再び拮抗! »