« 米大統領選市場:大接戦 | Main | 米大統領選市場:共和党またまた逆転 »

November 03, 2004

米大統領選市場:ケリー優勢

アイオワ大学の「米大統領選予測先物市場」の最新情報のアップデート。

11月2日18時45分(CST)(日本時間11月3日9時45分)時点での「勝者総取り型市場」(Winner-Takes-All Market)の状況は次の通りだ。

 Symbol   Bid   Ask  Last  Low  High Average
DEM04_G52 0.279 0.340 0.301 0.130 0.950 0.254
DEM04_L52 0.453 0.480 0.480 0.301 0.499 0.366
REP04_L52 0.150 0.178 0.180 0.000 0.398 0.250
REP04_G52 0.042 0.054 0.050 0.033 0.163 0.093

投票日の夕方だ。この時点での直近の取引価格からみると、共和党勝利の確率は23.0%に下落、民主党勝利の確率は78.1%に上昇した。一気に大きく民主党優勢に動いている。

CNNサイトでは、ブッシュ大統領はインディアナ、ケンタッキー、ウエストバージニア、ジョージア各州を制して39人の選挙人を獲得、対するケリー候補はバーモント州を制して3人を獲得したと出ている。

ニュースでは、一部出口調査などの結果からケリー候補が優勢との見方も出ている。(記事はこちら)11月2日のニューヨーク市場の円相場は、米大統領選挙の結果への思惑からややドルが売られ、¥106/$近辺に上昇している。午後に入って「一部出口調査では激戦州のオハイオ州などでケリー候補が優勢とのうわさ」(邦銀)が流れ、それを材料にドルが売られたらしい。

|

« 米大統領選市場:大接戦 | Main | 米大統領選市場:共和党またまた逆転 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 米大統領選市場:ケリー優勢:

« 米大統領選市場:大接戦 | Main | 米大統領選市場:共和党またまた逆転 »