« 米大統領選市場:ブッシュ続伸 | Main | 「改革」を考える:空を見るか、地を見るか »

November 03, 2004

米大統領選市場:決したか?

アイオワ大学の「米大統領選予測先物市場」の最新情報のアップデート。

11月3日0時45分(CST)(日本時間11月3日午後3時45分)時点での「勝者総取り型市場」(Winner-Takes-All Market)の状況は次の通りだ。

  Symbol   Bid   Ask   Last  Low   High  Average
DEM04_G52 0.000 0.001 0.001 0.000 0.016 0.009
DEM04_L52 0.002 0.004 0.005 0.001 0.028 0.007
REP04_L52 0.880 0.927 0.877 0.787 0.944 0.851
REP04_G52 0.063 0.083 0.083 0.063 0.169 0.124

開票が進んで、情勢がだんだん判明してきた。この時点での直近の取引価格からみると、共和党勝利の確率は22時45分時点の88.1%から96.0%とさらに上昇、一方民主党勝利の確率は11.9%から0.6%と下落した。予測市場ではもう勝敗が決してしまったかのようだ。

CNNサイトでは、ブッシュ大統領は249人の選挙人を獲得、対するケリー候補は211人を獲得したと出ている。得票率はブッシュ大統領が52%、ケリー候補が48%だ。

NHKテレビでは、ブッシュ大統領が優勢になりつつあるが、暫定投票などの結果もまだわからず、紙一重の接戦が続く、と報じている。

|

« 米大統領選市場:ブッシュ続伸 | Main | 「改革」を考える:空を見るか、地を見るか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 米大統領選市場:決したか?:

« 米大統領選市場:ブッシュ続伸 | Main | 「改革」を考える:空を見るか、地を見るか »