« 48.7%の「ごめんなさい」からアメリカを考える | Main | 最初のテレビ版「ドラえもん」から著作権を考えた »

November 24, 2004

Thank you, they are free!

Reuters reported that three U.N. workers held hostage in Afghanistan were freed unharmed. Almost four weeks after they were abducted on a street of the capital Kabul (Report from the AfganNews.net is here.).
ロイター電によると、アフガニスタンで拉致された国連職員3名が、無傷で解放された。首都カブールの路上で連れ去られてからほぼ4週間たっていた。
日本語の記事はこちら

One of the three workers was a graduate of the International University of Japan, the school at which I got MBA. I sincerely thank all those who made great effort to free them.
3人のうち1名は、私が留学した国際大学の卒業生だった。彼らの解放に努力したすべての方々に感謝したい。

Some people rely on violence to pursue their interest, but in many cases this approach simply does not work. Violence produces more violence, making things only worse. Abducting UN workers discourages both domestic and foreign investments necessary for development of the country. The kidnappers should be aware that such an action only damages their nation. Many (if not most) of their problems can in fact be solved if their country has enough developed economy. But any kinds of violence seriously deter economically-motivated actions both in their own country and from the rest of the world.
ある人々は、自分たちの目的を達成するために暴力に頼るが、多くの場合そのようなアプローチは成功しない。暴力はさらなる暴力を生み、ものごとを悪化させる。国連職員を拉致したりすれば、国の発展に必要な国内外からの投資が阻害される。拉致に関与した人々は、それが自国を害するものでしかないことを認識すべきだ。今問題となっているものの多くは、実は国の経済が発展すれば解決されてしまうものだ。しかし暴力があると、それがいかなるものであれ、経済的動機に基づく国内外の活動は深刻な影響を受けてしまう。

Those who rely on violence exist not only in countries like Afganistan. At the same time, we should be aware explicitly that a weapon can not change the mind of the people from which terrorists and kidnappers come. Rather a weapon is the "mother" of terrorists. We should show them examples and make them believe that they have another path, a path without kidnapping or suicide bombing. This inevitably requires us to seek for an way without cruise missiles.
暴力に頼る人々はアフガニスタンのような国だけにいるのではない。同時に私たちは、武器がテロリストや誘拐者を生み出す国の人々の心を変えることができないということをはっきり意識しなければならない。むしろ武器は、テロリストの「母」なのだ。私たちは彼らに対し、例を示し、もう1つの道があることを信じさせなければならない。誘拐や自殺テロに頼らない道だ。そのためには私たちも、巡航ミサイルに頼らない道を探らなければならない。

This time we are lucky. I hope that we do not need to worry about the next time.
今回、私たちはラッキーだった。次回を心配しなくてもいいようになればいいが。

|

« 48.7%の「ごめんなさい」からアメリカを考える | Main | 最初のテレビ版「ドラえもん」から著作権を考えた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Thank you, they are free!:

« 48.7%の「ごめんなさい」からアメリカを考える | Main | 最初のテレビ版「ドラえもん」から著作権を考えた »