« エンドロールをみる:Harry Potter and the Prizoner of Azkaban | Main | 集中のリスクと分散のリスク »

December 29, 2004

雑誌目次をみる:「月刊 やすらぎ」

「雑誌目次をみる」シリーズ。今回は「月刊 やすらぎ」。

「人と人をつなぐ月刊総合誌」なのだそうだが、これだけでは何だかわかるまい。
これは、イスラム教徒のための雑誌なのだ。

※追記
「イスラム」は「平和」という意味のことばが語源なのだそうで、その意味では「やすらぎ」という誌名はイスラム的、なのかもしれない。(ネタ元はこちら。ご参照あれ)

こういう雑誌が日本にあったことだけでも少々驚き、ではないだろうか。そもそも日本にはイスラム教信者がどのくらいいるのか。Googleで探してみたら、イスラム教徒のグループのサイトがあった。この情報によると、イスラミックセンター・ジャパンでは5万人、日本イスラム協会では5,000人としていて、正確なところはよくわからないらしい。この情報は2003年以降のもののようだが、いずれにせよ、ここ数年、信者数は穏やかだが右肩上がりではあるようだ。

さて、2004年12月号の目次は次の通り。いくつかの項目にはリンクが張られていて、内容を読むことができる。

編集部より

これはコラムだ。12月は大掃除の季節だが、部屋だけでなく「心の大掃除」も忘れずに、という。ふむふむ。イスラム教徒でなくとも「なるほど」という内容だ。

◎両親の権利
◎タファックル(熟考)
◎ドゥアー(お祈り)

このあたりは申し訳ないがまったく内容が想像できない。「両親の権利」とは、イスラム教では他とちがうのだろうか。「お祈り」って、「あの」お祈りなのか?

足るを知る

宗教的な内容の話だが、実に興味深い。「足るを知る」というと、どうも仏教を思い浮かべてしまうが、イスラム教でも同じように考えるのか。まず、100円ショップで数珠を見つけた話から始まる。数珠!?数珠を売っているのか!?しかもその中にイスラム教の数珠(タスビーフというらしい)もあったとのこと。イスラム教に数珠があるのか!?
…ここはただの導入部だ。そこで見つけた灰皿から、筆者は「足るを知る」へと話をつないでいく。仏教はともかく、老子、アリストテレス、そしてムハンマドも同じようなことを言っている、と。意外にも、イスラム教以外の話がぽんぽん出てくるのだ。このあたり、けっこう寛容なのだろうか。

上記のさまざまな思想において、それぞれなぜ「足るを知る」べきとされているのか、私は不勉強にしてあまりよく知らない。仏教では、欲望を抑えること自体が徳であるように考えるのだろうか。イスラム教はちがう。イスラム教では、すべてはアッラーのものだから、と説明するのだそうだ。人が持つすべてのものはアッラーから与えられた。したがってその一部をアッラーから返せといわれたとしても、不平を言ってはいけない。全部返せと言われなかっただけ幸運だと認識すべきだ。と、そういうことらしい。

で、以下コーランとおぼしき聖典からのさまざまな引用が展開するのだが、最後に引用されているのが、なんとマザーテレサのことばなのだ。他の宗教に寛容なのかもしれないとは思うのだが、なんとも不思議な感じがする。同じ「啓典の民」だからいいのだろうか。・・・あれ?記憶が定かではないが、本来コーランというのは翻訳してはいけないのだ、と岩波新書の「コーラン」(井筒俊彦訳)のはしがきあたりに書いてあったような記憶がある。曰くアラビア語で書いてあるものがコーランなのであって、翻訳されたコーランはコーランではない、といったようなことだ。とすると、この文章で引用されたさまざまな聖句はいったい何なのだ?

◎祈りのある毎日へ
誉められることのない三つの集団

「三つの集団」とは何なのだ?と誰でも思うだろう。当該部分を引用する。

「三つの集団がある。アッラーは審判の日、彼らとお話しになられない。彼らを見られることもない。彼らの罪を晴らされることもない。そして彼らに厳しい罰をお与えになる。服のすそを引きずって歩く者、自分のよい振る舞いを恩に着せる者、品物を偽って売る者...」

これは預言者ムハンマドのことば(ハディースという)だそうだ。どうも、この「三つ」は例示されているように見えるが、実際には例示でしかないという。本当のところ何を意味するかは、書かれていないらしい。しかも、これは明らかに意図的に、わからないように書かれているらしい。なぜか。どうしても論理を追うことができないので、さらに別の部分を引用する。

ここで「三つ」を示しているアラビア語は、限定されていない語であることが文法上明らかである。つまり、彼らは不明確な存在であり、彼らを特定する要素がない。彼らは軽蔑すラき立場にあり、価値を与えられていないのである。アッラーは彼らと話されず、彼らの顔を見られることもないのであるから、あなた方も彼らに興味を持ち、語り、彼らが誰であるか知ろうとする必要はないのである。彼らは敗北し、その心も死体の下敷きになってつぶれてしまった存在である。高貴で偉大な場所に対して全く資格を持たない者たちである。下劣という穴の中でのた打ち回っているのである。
※引用文中の誤植も原文通り。

要するに、アッラーが認めない類の人間がいるが、どんな人かはわからない。アッラーがその人たちに興味をもたない以上、我々もその人たちがどういう人たちなのか、考える必要がない、ということらしい。個々の信者が「自分はどうしたらこの三つの集団に入らずにすむか」と考えてもわからないというのは、正直いって私の理解力を超える。

◎御自分の時代についての言及
◎計画的な雨
◎お子さんを亡くされた方への哀悼の手紙
「翼のない天使」 Wide Awake

1998年のアメリカ映画「翼のない天使」の解説だ。カトリックの男の子が、亡くなったおじいちゃんのことを聞くために神様を探す、というストーリーだが、やはりここでもキリスト教に関する映画を紹介している。


◎ありがたい痛み
◎真理を求める人の第二の階梯「努力(ムジャーハダ)」
◎ひよこ豆のカレー
善行
◎カレッジの小石~ちいさなわたしの、オクスフォード旅行記~4
◎魔術と奇跡の衝突
◎アリときりぎりす
アスマの慈善の喜捨


・・・正直いって、よく理解できないところが多く残った。信仰しているときちんと理解できるのだろうか。それにしても、他の宗教に対する「寛容」なとらえ方は、ニュースなどで伝えられる「イスラム過激派」などとはずいぶん印象がちがう。何しろ私たちは、イスラム教について、イスラムの人々について、本当に何も知らないといっていいほど何も知らない。少なくとも、知らないということに対してもっと謙虚であるべきかもしれない。それと、「ひよこ豆のカレー」はなんだかおいしそうだ。これもイスラム圏の料理なのだろうか?そんなところからイスラムの人々に親近感がわくなら、それはそれでいいことだと思う。

ちなみに、イスラム関係の雑誌というと、他にこういうものもある。時期をみてまたとりあげたい。

季刊誌 アッサラーム
イスラームの道しるべ

|

« エンドロールをみる:Harry Potter and the Prizoner of Azkaban | Main | 集中のリスクと分散のリスク »

Comments

山口さん、こんにちは。
本年もよろしくお願いいたします。

さて、イスラム教そのものへのコメントでなくて恐縮ですが、「ひよこ豆のカレー」。おいしいです。
本来「ひよこ豆と挽き肉のカレー」として雑誌に出ていたレシピを、手を抜いて家では大豆で作ったりしてますが、やっぱりあの少々固い食感あっての「ひよこ豆カレー」だと思います。

こんなサイトも見つけました。ご参考になれば幸いです。
「ひよこ豆・COM」
http://hiyokomame.com/welcome.htm

Posted by: くりおね | January 04, 2005 02:21 PM

くりおねさん
「ひよこ豆・COM」なんてサイトがあるんですね。21世紀の食料、なんですか。いや勉強になりました。私としては、カレーにはレンズ豆も捨てがたいと思っております。ありがとうございました。

Posted by: 山口 浩 | January 05, 2005 06:17 PM

私ひよこ豆もレンズ豆も大好きです。どうしてみなさん私の好物を知っているんですか(笑)
21世紀を救う豆なんですか。

ちなみにコレド日本橋のスープストックでも豆を使ったメニューは大好きです。

Posted by: Hiroette | January 06, 2005 01:45 AM

Hiroetteさん
「21世紀の食料」が豆でよかったです。以前別のところで、21世紀の食料不足対策として食用昆虫に注目!みたいな記事を読んだことがあって、うへぇそれじゃ今世紀生き残れない、と思っていたところだったので。

Posted by: 山口 浩 | January 06, 2005 01:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 雑誌目次をみる:「月刊 やすらぎ」:

« エンドロールをみる:Harry Potter and the Prizoner of Azkaban | Main | 集中のリスクと分散のリスク »