« 給料におけるリスクとリターン | Main | 雑誌目次をみる:「皇室」 »

December 04, 2004

環境配慮型F1のすすめ

2004年10月22日、自動車レースのフォーミュラワン(F1)を統括する国際自動車連盟(FIA)は、レース車両のエンジンとタイヤに関する規約改定を発表した(記事はこちら)。2005年3月1日から実施される。新規約での主な変更点は、①1つのグランプリ(GP)で使っていたエンジン1基を2GPを通して使う、②使用タイヤは予選から決勝まで1組のみ、③速度が上がりすぎない車体形状にする、などだ。この改訂は費用削減と安全性を高めるためだという。

コストを度外視してスピードのみを追求する、と思われがちなレースの世界だが、苦労はあるものだ。

この改正により、原則として、決勝中のピットストップでもタイヤ交換ができなくなった。また、エンジンも耐久性がこれまで以上に重要となり、パワーがある程度犠牲になるものと思われる。F1レースは年間数百億円の経費がかかるため、2~3年前から、大手自動車メーカーの後ろ盾がない個人が運営する小チームの消滅、撤退が相次いでいた、のだそうだ。

さて。

スポーツのルールは、私たちが通常考える以上によく変わる。記憶に新しいのはスキーのジャンプだ。以前、日本人に不利な変更があったとか言っていたが、最近導入されたBMI指標による規制は日本人に有利な変更なのだそうだ。恣意的という印象がないでもないが、たいていの場合、変更するにはそれなりの理由がある。

記事からみるに、今回のF1に関するルール変更は、要するに、FIAとして、参加チームが減る事態を避けたいので、コストがよりかからない方向にルールを変えよう、ということなのだろう。まあそれもしかたのないことだ。金がかかりすぎては参加者も困るし、参加者が少なくてはレースも成り立たない。

F1レースなるものの維持にスポンサーが必要である以上、スポンサーの意向を無視することはできない。チームに資金を提供する自動車メーカーなどがF1に期待するものといえば、レースによるブランドイメージの向上とともに、限界状況でのテストから得られる技術力の向上だろう。とすれば、せっかくなら自分たちが望む技術的方向を試すようなレ-スにすることを考えるのも悪くない。

今回の変更で求められるのは、エンジンやタイヤの耐久性で、得られるのはコスト削減だが、これらは、F1というものの環境負荷を下げることにも役立つ。環境問題はこれからいっそう重要な問題になるだろうし、環境負荷の低い自動車というのは消費者のブランドイメージもよいと思う。新技術の開発も必要だ。ならば、今回の動きを「環境」という観点からさらに進めて、より環境に配慮したF1レースといったものは考えられないだろうか。

たとえば、使える燃料量に厳しい制限を設けて、排ガス中の有害物質量に応じたハンディキャップ(有害物質の多い車は後からスタートする)を与えるのはどうか。環境に配慮した小排気量エンジンの車で先行逃げ切りをめざすか、大排気量エンジン車で猛烈な追い上げを演出するか。今までのパワーの勝負とはまたちがった駆け引きがみられるだろう。ハイブリッド車、という手もあるかもしれない。いっそ、水素自動車とか電気自動車でレースをするという手もある。

もちろん、そういうレースを見て面白いか、という問題は残る。いっせいにスタートするところが面白いと思う人もいるだろうし、強力なエンジンのあの音が好きと思う人もいるだろう。そういうものはどうしようもない。ただ、新たな方法のレースが行われれば、新たなファンもできるかもしれない。正直なところ、自動車レースというものは、今より少々遅くても、面白さが減ることもないように思う。子供のころ読んだ本では、F1レーシングカーの最高速度は250kmぐらいだったような記憶がある。仮に時速350kmが300kmになったところで、見た目はそれほど変わらないのではないか。F1ファンでない私がそう思っても、あまり説得力はないのだが。

|

« 給料におけるリスクとリターン | Main | 雑誌目次をみる:「皇室」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 環境配慮型F1のすすめ:

« 給料におけるリスクとリターン | Main | 雑誌目次をみる:「皇室」 »