« 「言戯」の新たな旅立ちにエール | Main | 雑誌目次をみる:「季刊 『道』」 »

January 27, 2005

NBA早稲田大学ビジネス情報アカデミー「不動産金融工学ビジネスコース」

今年の4月から、早稲田大学ファイナンス研究センターが実施している実務家向けプログラムであるNBA早稲田大学ビジネス情報アカデミーに「不動産金融工学ビジネスコース」が登場する。不動産金融工学をわかりやすく学び、実務への応用を検討するための講座、と銘打っている。

この記事は宣伝モードが入っていることをおこわりしておく。

本プログラムの監修は、不動産金融工学といえばこの人、といっても過言ではない早稲田大学大学院ファイナンス研究科 川口有一郎教授が務める。おわかりと思うが、学位のとれるプログラムではなく、実務家向けのものだ。もともとこの講座はケン不動産投資顧問㈱の不動産ビジネススクールを継承したもので、今回から早稲田大学がケン不動産投資顧問の協力の下で実施する。早稲田のサイトからもpdfで取得できるパンフレットに、「本講座の特長」が出ているので転記する。

ビジネスで活用できるスキルを習得するため、座学だけでなく「Excel」、DCFソフト「(c)ARGUS(アーガス)」、リスク分析ソフト「Crystal Ball」、リアルオプション分析ツールキット「Real Options Analysis Toolkit」などのソフトを利用します。

本コースをコース受講しすべてのセッションを修了した受講生には、早稲田大学ファイナンス研究センター修了認定証書が授与されます。

早稲田大学ファイナンス総合研究所の機能を最大限活用し、リアルな投資判断が行えるような実践的な演習を行います。

プログラムは次のとおり。
セッション1:すべてわかる不動産投資分析ダイジェスト
セッション2:Excelで学ぶファイナンス~リスクとリターンを完全マスター
セッション3:実践不動産投資分析
セッション4:世界標準DCFソフト「(c)ARGUS(アーガス)」完全マスター~不動産の収益還元価値の評価と投資分析
セッション5:実践不動産市場分析
セッション6:実践不動産リスク分析~あなたのビルのリスクは?
セッション7:Excelで学ぶリアルオプション
セッション8:不動産金融工学の基礎~初心者が不動産金融工学最先端を理解するための講座

特別講座(コース対象外)
不動産ファイナンス入門

知ってる人は知ってるだろうが、「ARGUS」は不動産関連のDCF分析で「世界標準」となっているソフトだ。ここでは新発売される予定の日本版が登場するらしい。コース全体を受講(コース受講と呼ばれる)している人は、自宅演習用のARGUS(期間限定版)までついてくる。全体として、パソコンソフトを実際に使いながら学ぶということで、かなり実践的な内容になっている。ついでだが、「Crystal Ball">Crystal Ball」はモンテカルロ・シミュレーションのソフト(これはご存知の方も多いだろう)、「Real Option Analysis Toolkit」はリアルオプション分析のソフトだ。

コース受講料は356,000円(消費税込)とかなり「気合の入った価格」だが、各セッションごとの部分受講もできる。

お申込、お問い合わせはNBA早稲田大学ビジネス情報アカデミーまで。

|

« 「言戯」の新たな旅立ちにエール | Main | 雑誌目次をみる:「季刊 『道』」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference NBA早稲田大学ビジネス情報アカデミー「不動産金融工学ビジネスコース」:

« 「言戯」の新たな旅立ちにエール | Main | 雑誌目次をみる:「季刊 『道』」 »