« 「急拡大が見込まれる日本のヨガ市場」 | Main | 日本アニメの中国語名を知りたいか! »

雑誌目次をみる:「ムー」

一部に好評の「雑誌目次をみる」シリーズ。今回は「ムー」。

とうとう取り上げてしまった。こわいものみたさというか何というか、かねてから取り上げてみたいようなみたくないような、複雑な思いだったのだ。なにせ「世界の謎と不思議に挑戦する」雑誌だし。それに、以前かかわりのあった人が「ムー」に原稿を書いたりしていて、その人にはちょっとトホホな思い出があるものだから、気が引けなくもなかった。まあやるだけやってみる。

ちなみに出版元は学研だ。学習雑誌とか出してる会社だが、いいのかね。矛盾とか感じないのだろうか。

最初にことわっておくが、この雑誌については、私は内容を読んでいない。見ているのは目次のみなので、ひょっとしたらとんちんかんなことを書いているかもしれない。一応「目次をみる」という趣旨に沿ったものなのでご容赦。まちがいがあればご指摘いただければ。

さて、「絶賛発売中!! 」(同社サイトより)の2005年6月号の目次は次の通り。

★総力特集
謎の天文記録に隠されたウガヤフキアエズ朝72代の真実 『上記』が明かす天皇家と星の神々の秘密

・知られざる古代史を語る謎の文書『上記』。
 そこに書かれていたのは、
 執拗なまでの詳細な天体観測や、生物への遺伝子操作、
 さらには中国への文化輸出といった、
 驚くべき超古代日本の姿だった。
 かつて、「記紀」で隠蔽され、
 改ざんされた真実とは何か?
 そして、人類の来るべき未来とは?
 今、そのすべてが浮き彫りにされる!

…だそうだ。いきなりキタぞ。「上記(うえつふみ)」ときた。成立年代は記紀より新しいと思ったのだが?これに関しては、横浜こども科学館のサイトにも面白い記事がある。

★2色刷り特集
津波を予知したゾウ、赤ん坊を火事から救ったオオカミ、恩返しするカササギ……
動物の「超能力」事件集

・人間は、道具を手に入れたときから、他の動物と違った独自の道を歩みはじめ、やがて生き物たちの頂点に立った。
 だが、それと引き替えに大きなものを差し出さなければならなかった。
 野生── そこには、われわれが失ってしまった鋭い感覚も含まれていたのだろうか。
 われわれには“超能力”としか呼べない、動物たちの特殊能力の数々を紹介する。

そうだねぇ。これは「超能力」じゃないとは思うのだが。動物にぜひ聞いてみたい。地震や津波が数分前に分かる能力と、車を運転したり電話で話したりする能力と、どっちが欲しいかって。

★特別企画/南山宏の綺想科学論
巨石は凧を使って持ち上げられた!?
驚異のピラミッド風力建造説

・古代エジプト文明の最大の謎は、
 ピラミッドをはじめとする巨石建造物の建造方法だ。
 もちろん、さまざまな仮説は提出されたが、
 そのどれもが説得力に欠ける。
 だかここに“風力=凧”を使うというきわめて現実的な新仮説が登場した。
 その驚くべき内容を紹介しよう。

おーい!
「風力を使う」が一番「説得力に欠ける」んじゃないのかぁー!
返事をしてくれぇー!

★カラー・スペシャル
神は何を訴えつづけているのか!?
続発!! 血の涙を流す聖像とイコン

世界各地から絶え間なく報告される聖像やイコンの奇跡現象。
人々の前で血の涙を流し、
ときには超常現象も引き起こす聖なる像たち。
神の嘆きか、人類への警鐘か──。
最新映像を交えながら、
そこに秘められたメッセージに迫る!

おお。ぜひ秘められたメッセージとやらを解読してくれ。素朴に思うのだが、信じてない人の前では奇跡が起きないっていうのはなぜなんだろう?

南米踏査紀行
ペルーのパラカス半島に広がる海鳥たちの楽園
謎の地上絵「三叉の燭台」を行く!!

・海岸に沿って続く砂漠地帯。
 そこはかつて多くの文明が盛衰を繰り返した地。
 それらの文明を見つめつづけてきた
 太平洋の海は、新鮮な魚介類や、鳥類をはじめとしたさまざまな野生生物の宝庫となっている。

これは、・・・超常現象なのか?いやそれより、「新鮮な魚介類」ってさ、野生生物を形容することばとして適切なんだろうか?

実用スペシャル
お金、恋人、地位……具体的な夢ほどかなう!
魔法の「宝地図」作成法

・写真やイラストをフル活用し、
 潜在意識を成功へと再プログラムする。
 それが「宝地図」の魔法である。
 この方法で、今、成功者がぞくぞくと誕生している!

なんだかちがう雑誌みたいだぞ。で、この幸運グッズを今なら1万円で!なんてやり始めたら…。

別冊マンガ付録
・ネオ・パラダイムASKA
 改造天体フォボスと
 火星の地下都市アルテミュア・シティ

火星の地下都市か。火星ではフォボスは何て呼ばれてるんだろうね。

このほかにも強力な記事が満載。

・ホットレポート1/発掘されたマンモスはほぼ完璧
・ホットレポート2/毒雲ケム・トレイルとエンゼル・ヘアの正体
・秘術公開/最強の「玉埋め」修法
・奇跡の聖遺物/やはり本物だった「トリノの聖骸布」
・最新UMAレポート/アルタイ山脈で発見された雪男の足のミイラ
・サイエンス・レポート/超天才アインシュタインの脳の謎が解明!!
・フォーティアンワールド/大事件を予知する「世界意識計画」
・超常事件ファイル/今も続くエクソシストの壮絶な戦い
・超常医療最前線/アーユルヴェーダ療法

連載記事
・南山宏の「ちょっと不思議な話」第253回
・緊急警告レポート/急増! ネット・オンライン依存症
・Discovery Channelレビュー/中国の知られざるピラミッド・タワー遺跡
・ミステリー基礎講座 第114回/猫の神秘力
・小池壮彦の異界の扉/隠された傷
・異相の神仏/宮本武蔵の不動明王
・伝奇入門/「短編伝奇」の可能性やいかに!?
・ムー・ホット・プレス
・ジョージ土門の「神秘の正統占星術」
・ブック・フォーラム
・AVインフォメーション・フォーラム
・ネット・インフォメーション・フォーラム
・ゲーム・インフォメーション・フォーラム

アーユルベーダやらネット依存症やらと、エクソシストやら雪男やらをいっしょにすると、怒られそうな気がするが。

ともあれ充実の誌面だ。

しかし、それだけではない。

なんと、「ムー」のサイトには、過去の「ムー」の目次をすべて集めたページがあった!いやすばらしい!これがすごいのだ。早速みてみよう。といっても1979年創刊の歴史ある雑誌だから、全部見ていくわけにもいかない。そこで、予言関連を中心に、個人的趣味で選んでみる。

まずは、予言といえばノストラダムス、というわけで、ノストラダムス関連記事をサーチ。
1981年5月号【特別寄稿】ノストラダムスの謎を解くKEY
1982年11月号【特別付録】ノストラダムス復刻肖像画
1983年4月号【総力特集】大予言者ノストラダムスの秘密
1989年3月号【総力特集】1999年 ノストラダムスの大警告
1994年9月号【特別企画】ノストラダムスは占星術師ではなかった!?
1995年1月号【総力特集】終末の大予言者ノストラダムスの正体
1997年1月号【総力特集】ノストラダムス「世紀末予言」の成就
1997年5月号【ジ アンソルブド・レポート】ノストラダムスは人類最終兵器プラズナーを予言していた!!
1998年2月号【総力特集】聖書大預言 1999年に破局はこない!!
1998年9月号【ミステリー基礎講座/第33回】大予言者ノストラダムスの肖像
1998年11月号【総力特集1】ノストラダムスの大予言
1999年2月号【衝撃レポート】ノストラダムスの大予言を解く幻の直筆絵画を発見!!
1999年4月号【ノストラダムス直筆絵画】人類は時空を超越した永遠の存在になる!!
1999年8月号【総力特集】ノストラダムス最終大予言1999
        【ノストラダムス予言検証】予言詩に登場する3人の大王の正体とは?
        【ノストラダムス紀行】サン・レミトリノの予言板 直筆予言絵画

ノストラダムス初登場はやはりあの五島勉氏の記事だったが、五島氏の登場はそこだけだ。全体として、ノストラダムスは意外なほど登場回数が少ない。「予言」の代名詞みたいな感じだったから、もっとひんぱんに出てくるかと思っていたのだが。しかも1998年2月号ではすでに「1999年に破局はこない!!」と喝破している。なんたる慧眼、ではないか。最後の登場は1999年8月号、7月発売分だ。晴れて御役御免、といったところか。お疲れさま。


他のものも含め、ざっと見渡して面白そうなものを、予言関係を中心に拾ってみる。

1980年 5月号 May  No.4(隔月刊)
【ムー・スペシャル・レポート】超能力人間《清田益章》秘密のベールをはぐ!
【ショック・レポート】侵略UFOの“ガス攻撃”が始まった!!

おお清田君ではないか!今どうしてるんだっけ。

1980年 9月号 September  No.6(隔月刊)
【アニメ・キャラクター名鑑】不滅のヒーロー&ヒロイン・アルバム

なんだかちがう雑誌みたい。読者層がかぶってたんだろうな。

1980年 11月号 
【SCIENCE TOPICS】「反重力装置」完成間近
【話題人間インタビュー】これが私が発見した日本の“死者の書”だ!

後の方の記事は、あの丹波哲郎だ。おそらくここが初出。

1981年 1月号 
【特別企画】 '82、巨大地震が日本を襲う

ええと、襲ったっけ?

1981年 5月号 
【COLOR REPORT】イッシーの航跡をコンピュータ写真で分析
【心霊ノンフィクション劇画】覚えていてくれ

後のほうのは、「ルネ・ヴァン・ダール」とある。あの「ルネ先生」なのか?それと、イッシーって何だ?

1981年 7月号 
【ジーン・ディクソン】ハルマゲドン(最終戦争)は1999年から始まる!

ええと、始まったっけ?

1981年 9月号 
【総力特集】衝撃のファチマ大予言!

「ファティマ大予言」はこれが初出。どんなのだっけ?

1981年 1月号 
【体験入門】プロ念力導士、ただいま養成中
【緊急特別企画】UFOと米ソ宇宙開発の共同陰謀をあばく

プロの念力導士ねぇ。聞いたことないけど。共同陰謀も。

1982年 3月号 
【緊急推理ドキュメント】戦慄の惑星直列

ええと、いつだっけ。惑星直列。

1982年 4月号 April  No.17
【ショッキング・レポート】異常気象は氷河期襲来の前兆だ!

おおこわい。地球温暖化と相殺して収まってくれんだろうか。

1982年 5月号 May  No.18
【追求レポート】さらに深まった『第3の選択』の謎   |●
【大予言の秘密】最終戦争(ハルマゲドン)の〈獣〉はすでに現れている

最初の記事は、矢追純一だ。まちがえていなければこれが初出。「ハルマゲドン」って、1999年のことを言ってるのだろうか。「獣」って現れた?

1982年 7月号 July  NO.20
【総力特集】謎の天体“第10番惑星”の脅威
【緊急速報】恐るべき予言がまたひとつ成就か?
【仏典が語る終末予言】2020年までに核戦争でこの世の地獄が出現する!

数年前に発見された太陽系の第10惑星は確か昨年「セドナ」と命名されたと記憶している。脅威なのかぁ。なんでだろう?で、成就した「恐るべき予言」って何?

1982年 12月号 December  No.25
【アブラハムセンの大予言】1995年までに日本は沈没する!
【超科学最新情報】催眠術で宇宙飛行士が浮いた!!
【サイエンス・ショック・レポート】地磁気の逆転は人類の滅亡を招く

ええと、沈没したんだっけ、日本。で、2番目のやつだが、うーん、宇宙飛行士が浮くのは重力がないからでは?3番めのやつは、「ポール・シフト」の話だろうか。これが初出。

1983年 2月号 February  No.27
【総力特集】魔術師ヒトラーと大予言の謎

ヒトラーって魔術師だったのかぁ。知ってました皆さん?

1983年 4月号 April  No.29
【THE Unexplained誌特約】キリストの体液は「自像」を描いていた!?

「体液」ってまさか?そんなおそれおおい。

1983年 6月号 June  No.31
【サイエンス・レポート】昆虫は宇宙から飛来した!

これはすごい!「ムシキング」も顔負けだ。漆黒の宇宙空間を大群で飛ぶカブトムシ!向かうは悪のスズメバチ軍団の本拠、デス巣!!果たして勝敗は!?スターウォーズだ!!! May the force be with you.

1983年 8月号 August  No.33
【総力特集】戦慄!!超能力戦争の実態を暴く!
【衝撃の進化論】人類は猿の胎児だった!!

このあたりもいいなぁ。最初のやつは矢追純一だ。いかにも。後のほうのもすごい。胎児だったのがどうして猿じゃないものになったんだろう。

1983年 11月号 November  No.36
【戦慄の聖母メッセージ】ソ連のアメリカ核攻撃が迫っている!

たいへんだ!核攻撃だ!で、迫ってるっていつ?

1984年 4月号 April  No.41
【総力特集】死海写本大予言“人類最期の戦い”

死海写本はここが初出。予言してたの?

1984年 7月号 July  No.44
【神代秘史】太古、日本人は宇宙から飛来した!

おお、こんどは日本人も!カブトムシとスズメバチの宇宙戦争に日本人が乱入!大混戦!!May the force be with you.

1985年 2月号
【緊急特別企画】悪魔の星“ハレー彗星”がハルマゲドンの開始を告げる

ええと、ハレー彗星の地球接近って1987年ぐらいだったか。ハルマゲドンはすでに開始したというわけだな。

1985年 5月号 May  No.54
【総力特集】地球空軍はUFOと戦っている!?

こりゃたいへんだ。勝ったのか負けたのか?だいたい地球空軍ってなんだ?戦うって、まさかジェット戦闘機で戦ってるのか?

1986年 1月号 
【チューリッヒからの報告】古代宇宙飛行士協会第10回世界会議開かる!

すごいね。古代宇宙飛行士協会だって。しかも第10回だ。毎年やってるのだろうか。でも「古代」だしなぁ。10回前が古代だったとすると、千年に1回ぐらいやってるのだろうか。とすると次回は2986年。楽しみだ。

1986年 7月号 July  NO.68
【特別取材】驚異のエネルギー集積器 ヒランヤの神秘パワーを探る
【衝撃の聖母メッセージ最終回】最期の日、悪魔を滅ぼす黙示録の救世主が現れる!

ヒランヤの初出はここ。で、「最期の日」っていつ?

1986年 12月号 December  No.73
【特別企画】世界全面核戦争は必ず起こる

出た!「必ず当る予言」だ。当るまで待てばいい。何千年かかろうとも。

1987年 7月号 July  No.80
【緊急特集】日本沈没は数年後に必ず起こる!!

数年後っていつだろう?ひょっとして「万」とか「十万」とかが抜けてるなんていわないよね?

1987年 8月号 August  No.81
【未来進化論】地上の支配権は人類からアシカ人へと移行する!?
【緊急特集】巨大な白い十字架が現出し富士は大爆発する!!

いくらなんでも「アシカ人」とは。「巨大な白い十字架」はまだ見ていないからまだ大丈夫だな。

1987年 9月号 June  No.82
【マッド・サイエンス・レポート】西暦2100年冷凍人間が再生する

これは遠い未来だ。これなら実現するかも。

1987年 11月号 November  No.84
【異色科学者登場】火の玉を科学する大槻義彦博士

おお大槻教授、ではないか。「ムー」なんかに出ていいのか?宿敵、じゃないの?

1988年 5月号 May  No.90
【奇跡ミステリー】破局への予兆か? アフリカに聖母マリアが出現した!!

出現したのか。で、今はどちらへ?

1988年 9月号 September  No.94
【緊急報告】5月13日、ファチマに何が起こったか?

ええと、何が起こったの?

1989年 1月号 January  No.98
【緊急企画】1989年 富士山は爆発する!?

したかなぁ。どうだっけ。

1989年 7月号 
【日本密教の最秘奥】弥勒降臨とともに弘法大師・空海は復活する!

ええと、記憶が正しければ、弥勒の出現は56億年後、じゃなかったっけ?ずいぶん先だな。ひょっとしたらもうないぞ、地球。

1990年 6月号 June  No.115
【読者投稿スペシャル】2037年 秘められた終末期を解明した

終末期は2037年、なのか?1999年は?2012年は?世界はいったい何回滅亡するんだ?

1991年 1月号 January  No.122
【第2付録】「ツチノコ」ペーパークラフト

なんだかほほえましい。「ムー」少年がいっしょうけんめいペーパークラフトのツチノコを組み立ててるさまが浮かんでくる。

1991年 12月号 December  No.133
【巻末2色刷り特集】富士山大爆発!?

あったねぇ富士山大爆発騒ぎ。で、爆発っていつのことだ?

1992年 6月号 June  No.139
【特別企画】第3神殿が再建されるとき人類最終戦争が勃発する!!

いや、だから、「第3神殿」って何?いつ再建されるの?

1993年 1月号 January  No.146
【総力特集】2002年悪魔の大降臨
【UFO最前線第1回】スターウォーズの衝撃映像はアメリカの情報操作だった!?

悪魔が降臨したのか。こわいねぇ。で、スターウォーズが情報操作ってどんな?

1993年 2月号 February  No.147
【巻末2色刷り特集】西暦2000年9月小惑星大激突

大激突、したっけ?

1993年 3月号 March  No.148
【特別企画】ロックフェラーが第3次世界大戦を起こす!

ロックフェラーって、あのロックフェラーか?何のために戦争を?

1993年 4月号 April  No.149
【総力特集】1999年空から月が降ってくる!!

たいへんだ!空から月が降ってきた!なんか、そういう絵本があったなぁ。…じゃあ、今空にあるあれは?

1993年 5月号 May  No.150(創刊150号)
【ムー150号記念特別対談/激論!ミステリー新時代】
ピラミッド……大槻義彦vs吉村作治

これすごい!早稲田の教員2人のビッグ対談だ!いったいどんな話をしたんだろう?誰か知ってたらぜひ教えて!

【海外特別取材】聖母マリアはユーゴ内戦を12年前から預言していた!

聖母マリアって、1993年の12年前、つまり1981年まで生きてたの?

1993年 9月号 
【総力特集】恐怖のチェルノブイリ大彗星地球激突!!

すいません。不勉強で、「チェルノブイリ大彗星」って知らないんですけど。

1993年 12月号 
【緊急レポート】第3次世界大戦はすでに始まっていた!?

始まってたのかぁ。

1994年 5月号 May  No.162
【日本神霊レポート】“元の神”の大警告―世界中が日本に攻めてくる!!

いったいまたどうして。

1994年 6月号 June  No.163
【総力特集】恐怖の地軸移動「ポールシフト」襲来!!

ポールシフトって、「襲来」するものなのか?

1995年 1月号 January  No.170
【ショッキング・レポート】発見された“月面都市”は太古超文明の痕跡だった!?

発見された?いつ?

1995年 3月号 March  No.172
【総力特集】人類とどめの最終予言 日月神示
【特別企画ノアの箱船が伝えた】人類救済の秘法!!

「とどめ」なのか「救済」なのか、どっちかにしてくれ。

1996年 10月号 October  No.191
【緊急レポート】ハリウッド映画が予言する人類の未来

映画も予言しちゃうんだ。すごいね。で、どの作品?

1997年 8月号 
【総力特集】1998大予言―動きはじめた大破局

動きはじめた、わけ?今は動いてるのか?

1997年 9月号 
【衝撃の未来予言】マヤ暦が予言する「2013年、現代文明の終焉」

今最もホットな予言だ。

1998年 5月号 May  No.210
【フリーメーソンの黙示録5】いよいよ始まった日本のビッグバンで、世界大恐慌が発生する!?

このあたりから、経済関係の記事が増えてくるのでご注目。世界恐慌って、あったのかなぁ。

1998年 7月号 July  NO.212
【フリーメーソンの黙示録7】骨抜きにされた日本市場をメーソン企業が蹂躙する!!

1998年 8月号 August  No.213
【’98年の予言徹底検証】国際情勢の激変が告げる8月の危機!?
【フリーメーソンの黙示録/第8回】もはや時間の問題だ! 日本人に悪魔の数字666が刻印される!!

この「666」をご記憶いただきたい。「刻印」されちゃのだなこれが。

1998年 10月号 October  No.215
【総力特集】封印された“救世主”イエス・キリスト
【フリーメーソンの黙示録/第10回】小渕内閣は国際金融メーソンの傀儡政権だ!!

ええと、「イエス・キリスト」って封印されたんだっけ?

1999年 4月号 April  No.221
【緊急世紀末レポート】突如 地球上の全コンピューターが暴走する!?
【陰謀の世紀末】山一證券自主廃業で明らかになったメーソンの日本乗っ取り戦略

最初のやつは、2000年問題だろうか。「ムー」にかかるとこれも超常現象になっちゃうわけだ。

1999年 5月号 May  No.222
【陰謀の世紀末/第2回】1999年メーソンが仕掛けた悪魔の罠バーチャル経済

1999年 6月号 June  No.223
【陰謀の世紀末/第3回】メーソンに操られる東京-ニューヨーク市場の実体
【世紀末予言検証】1999年8月太陽の光が消える

消えたっけ?日食?まさか夜、っていわないよね?

1999年 8月号 August  No.225
【陰謀の世紀末/第4回】1999年7月、モンゴルで反キリストが誕生する!

生まれたのか。今は5歳か。かわいい盛りではないか。

1999年 9月号 
【総力特集】2000年1月1日電脳ハルマゲドンの勃発!!

「電脳ハルマゲドン」ときたよ。2000年問題も「ムー」にかかるとこれだ。

1999年 10月号 
【特別企画】大仮説 人類誕生の地はアフリカだった!!

いやそんなに驚かなくとも。

1999年 12月号 
【緊急占星術レポート】2000年5月史上最大の巨大地震が発生する!!

どこで起きたんだ?

2000年 2月号 
【陰謀の世紀末/第10回】インターネット・タイムに刻まれる悪魔の刻印666

これって何のこと?

2000年 7月号 
【緊急レポート】2000年8月21日、関東に大地震が発生!?

覚えてないなぁ。

2001年 2月号 
【総力特集】2012年12月23日密林に消えた文明マヤの再臨

はいはい。11年先のことをなんで過去形でいうかなぁ。

2001年 7月号 
【闇の謀略ファイル21】国の借金666兆円!! 日本経済植民地化計画

来た来た!これこれ。2002年3月に国と地方を合わせた長期債務残高は666兆円になった。不吉な数字だ、これは陰謀だ、というわけ。

2001年 9月号 
【緊急警告レポート】2001年8月、富士山大噴火!?

ええと、どうだったっけ。

2001年 12月号 
【緊急報告】同時多発テロ 2001年悪魔の千年王国が始動した

たいへん不謹慎だが、「ムー」にとってはありがたかったにちがいない。陰謀やら悪魔やら、なんとでもいえるできごとだ。

2002年 1月号 
【カラースペシャル】「ハリー・ポッター」の魔法学校は実在する!

あるのかぁ。いいなー私も入学したい。

2002年 3月号 
【緊急警告レポート】2002 東海大地震発生!?

しなかったよね?確か。

2002年 8月号 
【緊急警告レポート】今秋、ポールシフトが地球を襲う!?

ええと、まだ北は北、だよな。もう1回変わったのか?

2002年 10月号 
【最新惑星ミステリー】2003年5月巨大褐色矮星が地球接近!!

へえ。接近したのかぁ。で、どんな恐ろしいことが起きたのだろう?

2002年 12月号 
【緊急警告レポート】激増!!返せない借金をする人たち

あのー、これって悪魔でも亡霊でも秘密結社でも宇宙人でもないと思うんですけど。

2003年 1月号 
【総力特集】予言された惑星Xが地球に迫る
【実用スペシャル】2003年玄関大金運法

おおい!「大金運」なんていってる場合じゃないでしょ、惑星Xが地球に迫ってるっていうのに!

2003年 5月号 
【特別企画】2006年、アラファト暗殺で始まる中東ハルマゲドン

なんと、アラファト議長はまだ生きていたのか!

2003年 6月号 
【実用スペシャル】大当たり! ドリームジャンボ必勝法
【ご利益神社紀行】宝くじ当選ご利益 宝当神社

なんだかご利益がありそうだ。


2003年 7月号 
【「アガスティアの葉」大予言】2010年までに東海地震が起こる!?

ええと、政府の予測だとここ30年以内に84%ぐらいだったかと。わざわざアガスティアさんにお出ましいただかなくても。

2003年 12月号 
【「アガスティアの葉」大予言】2004年春、朝鮮半島で戦争勃発!?
【ショッキング・サイエンス】200X年、パソコンに自我が生まれる!?

ええと、戦争、起きたんだっけ?で、パソコンの自我ね。楽しみだな。今こうやってるパソコンに話しかけられたりするんだろうか。

いやなんとも忙しい。何せ今までに、侵略UFOの“ガス攻撃”があり、「反重力装置」が完成し、巨大地震が日本を襲い、ハルマゲドン(最終戦争)が始まり、氷河期が襲来し、最終戦争(ハルマゲドン)の〈獣〉が現れ、日本が沈没し、ソ連がアメリカを核攻撃し、悪魔の星“ハレー彗星”がハルマゲドンの開始を告げ、地球空軍がUFOと戦い、古代宇宙飛行士協会第10回世界会議が開かれ、再び日本沈没し、地上の支配権は人類からアシカ人へと移行し、巨大な白い十字架が現出し富士は大爆発し、アフリカに聖母マリアが出現し、1988年5月13日ファチマに何かが起き、またまた富士山は爆発し、小惑星が大激突し、ロックフェラーが第3次世界大戦を起こし、月が降ってきて、恐怖のチェルノブイリ大彗星が地球に激突し、第3次世界大戦は始まり、世界中が日本に攻めてきて、世界大恐慌が発生し、突如 地球上の全コンピューターが暴走し、太陽の光が消え、モンゴルで反キリストが誕生し、電脳ハルマゲドンが勃発し、史上最大の巨大地震が発生し、関東に大地震が発生し、またまた富士山が大噴火し、悪魔の千年王国が始動し、東海大地震も発生し、ポールシフトが地球を襲い、巨大褐色矮星が地球接近し、返せない借金をする人たちが激増し、予言された惑星Xが地球に迫り、朝鮮半島で戦争勃発したのだ。なのに私たちはしっかり生き抜いている。もう今さらこわいものなど何もないではないか。

で、これからは、パソコンに自我が生まれ、2006年に故アラファト議長がが暗殺されて(どうやって)中東ハルマゲドンが始まり、2010年までに東海地震が起き、2013年に現代文明が終焉し、2020年までに核戦争でこの世の地獄が出現し、2037年 秘められた終末期が訪れ、2100年に冷凍人間が再生し、56億年後に弥勒降臨とともに弘法大師・空海が復活する。現代文明の終焉した後の核戦争ってどんなのだろう?2100年に目覚めた冷凍人間はさぞかしびっくりするだろうな。で、さらに56億年たって、空海が復活したら、何ていうかね?

ともあれ、過去の目次を全部載せるとは、「ムー」編集部も大胆不敵というか、懐が深いというか。いずれにせよすごいことだと思う。今後ともがんばっていただきたい。

|
|

« 「急拡大が見込まれる日本のヨガ市場」 | Main | 日本アニメの中国語名を知りたいか! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7022/4220418

Listed below are links to weblogs that reference 雑誌目次をみる:「ムー」:

» 学研を買収したい [Hardcoded]
たまには夢を語らせてください。(笑 [Read More]

Tracked on May 24, 2005 at 01:15 PM

« 「急拡大が見込まれる日本のヨガ市場」 | Main | 日本アニメの中国語名を知りたいか! »