« 「ニッポンの挑戦 インターネットの夜明け[前編] | Main | キミの選択が日本の未来を変える!というゲーム »

June 19, 2005

エンドロールをみる:「ふたりはプリキュア Max Heart」

一部に好評の「エンドロールをみる」シリーズ。今回は「ふたりはプリキュア Max Heart」。

劇場版ではなく、テレビ版だ。現在唯一残った(訂正:唯一でもないらしい。アニメ番組がたくさん放映されている割にはほとんどない、とはいえると思う)女児向けテレビアニメ、ということになろうか。女の子向けの場合、玩具やキャラクター商品はせいぜい小学校低学年までだろうから、市場自体がそれほど大きくはない。日曜朝のこの枠は定着している。この番組も大人気で2年目に突入。劇場版もけっこう売れたらしい。基本的に女児向けだが、インターネットで検索してみると、「大きいお友だち」もたくさんいるらしい。

昨年の「ふたりはプリキュア」では文字通り2人(この人この人)だったが、今度は「3人め」が登場している。「ふたりは」なのになぜ3人、というつっこみはおいといて。続編を作る際、「新たな敵」でない場合にはやはり「新しい仲間」が必要になるケースがあるだろう。この作品の場合、玩具が重要な要素だから、欲しいのはやはり新しいアイテムを使ってくれる新しい「仲間」のほうのはずだ。

まず、オープニングロールから。

プロデューサー 3
原作 1
連載 3誌
シリーズ構成 1
音楽 1

プロデューサーはABCADK東映アニメーションの3社から1人ずつ。原作は「なかよし」連載だ。小学生向けの少女マンガ誌。「カードキャプターさくら」なんかも「なかよし」だったから、まあこういう路線の跡継ぎ、ということになる。テレビ枠だと「おジャ魔女どれみ」シリーズの後になる。魔法少女ものというジャンルは昔からあるが、一方女の子戦闘ものとでもいうべきジャンルがあった(「セーラームーン」あたりからだろうか)。この融合ジャンルが一体化しつつあるのだろうか。その他の2誌は、講談社の幼稚園児向け雑誌。ちなみに「なかよし」の中では「学園ラブコメディ!」と位置づけられているようだ。

主題歌
オープニング
作詞 1
作曲 1
編曲 1
歌 1

エンディング
作詞 1
作曲・編曲 1
歌 1
1社

作詞、作曲、歌はいずれも同じ人だ。まあ一体感のある音楽、ということか。

製作担当 1
美術デザイン 1
色彩設計 1
キャラクターデザイン 1
シリーズディレクター 1
製作協力 1社
制作 3社

製作協力は東映、制作はABCADK東映アニメーションの3社だ。

で、エンドロールはこちら。

脚本 1
声 19+1社

個人的には、雫とあずきがヒーローかぁ、という印象はある。1社というのは東映アカデミーだ。声優養成校。サイトをみたら、「科学部員」の1人がここの人らしい。コスト削減だけでなく、人材育成の点でも、当該学生のモチベーション向上策という点でも面白い。

原画 3
動画 1社
背景 6
美術補佐 1
デジタル撮影 1社4
CG製作 1
編集 1
録音 1
音響効果 1
選曲 1
記録 1
録音スタジオ 1
オンライン編集 1
音楽協力 1社
演出助手 1
製作進行 1
美術進行 1
仕上進行 1
演技事務 1
美術 1
作画監督 1
演出 1

原画が3人で回る、というのはなかなかすごいのでは。けっこう絵が動いてる印象があるのだが、決めポーズとか使いまわしのきくシーンが多いせいか。「製作進行」(「制作進行」ならイメージがわくが)とか「演技事務」やらはどんな仕事なのかよくわからない。それと、謎がもう1つ。よくわからないのだが、「監督」がいない、というのは問題ないのだろうか。「シリーズディレクター」というのがそれにあたるのか。

製作委員会という表示はないが、どういうスキームになっているのだろうか。プロデューサーを出している3社が中心なのだろうが、著作権表示はこのうちABC東映アニメーションの2社だ。ADKは著作権は持たず「窓口権」に特化するということか。提供しているのはバンダイ講談社マクドナルドマーベラスエンターテイメントAEON森永製菓の6社。ちなみに劇場版の製作委員会メンバーは東映アニメーション東映バンダイADKABCマーベラスエンターテイメント

|

« 「ニッポンの挑戦 インターネットの夜明け[前編] | Main | キミの選択が日本の未来を変える!というゲーム »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference エンドロールをみる:「ふたりはプリキュア Max Heart」:

« 「ニッポンの挑戦 インターネットの夜明け[前編] | Main | キミの選択が日本の未来を変える!というゲーム »