« 「黒の組織」の皆さん | Main | 商売の基本 »

August 13, 2005

日本銀行は「にほんぎんこう」ではないという話

小ネタ。知ってる人は知ってる話だが、「日本銀行」は、「にほんぎんこう」ではない。

正解は「にっぽんぎんこう」だ。サイトにはこのように解説されている。

「日本銀行」の読み方については、法律などで「○○と読む」と決められている訳ではなく、また、日本の国名を「ニッポン」と読むか、あるいは「ニホン」と読むのかという問題に似て、二者択一的に決めるのは難しいところです。ただ、お札の裏に「NIPPON GINKO」と印刷してあることもあって、日本銀行では「ニッポンギンコウ」と呼ぶようにしております

なんだかたいしたこだわりではないように書いてあるが、知人から、「ニホン銀行ですか?」と電話したら「ニッポン銀行です」と直されたという体験談を聞いた。どうもけっこうこだわりがあるらしい。ほかのサイトには、「ニホン銀行です」と先方から名乗ったという話も出ていた。なんだかよくわからん。きっと、上の人たちはこだわっているのに末端までは浸透していない、といったところなんだろう。

そもそも「日本」自体が「ニホン」でも「ニッポン」でもいいらしい。確かめてはいないが、切手では、ローマ字表記したときに「Nihon」だと「ニホン」と読んでもらえない可能性があるので「Nippon」にした、という話を聞いたことがある。結局外国が気になるわけか。そのくせ英文名称はBank of Japanだったりもするわけで。こだわるならBank of Nipponとすればいいのに。「内弁慶体質」なのだろうか。

|

« 「黒の組織」の皆さん | Main | 商売の基本 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本銀行は「にほんぎんこう」ではないという話:

« 「黒の組織」の皆さん | Main | 商売の基本 »