« コンテンツファンドで気をつけておきたいこと | Main | 「犯罪被害者等基本計画案(骨子)に対する意見書」に対する意見書 »

October 29, 2005

「夕凪の街 桜の国」

こうの史代「夕凪の街 桜の国」、双葉社、2004年。

以下はネタバレあり。注意。

以前から評判を呼んでいた作品で、今さら私が紹介するまでもない。最近韓国での刊行が決まったとかで、「原爆投下は正しかった」とのただし書きがついた件も含めて話題になった。前から気になっていたのだが、たまたま書店で見かけたので、買ってみた。

陳腐な感想を書きたくはないので書かない。ぜひ読んで、自分で感じてもらいたい。広島にゆかりのある人が身近にいる身としては、ある意味他人事ではないが、「お前の住む世界はそっちではないと誰かが言っている」という感覚は、想像を絶している。戦争でなくても、大災害に遭った人は似た思いを持つのかもしれないが、10年たった後に「てっきりわたしは死なずにすんだ人かと思ったのに」と考えざるを得なくなるのは、それが被曝であるがゆえのことだ。

読んでいて、作中人物の関係がややわかりにくかったので、系図を作ってみた。一部想像が入っているが、まあこんなものだろうと思う。平野家と石川家は親戚で、平野家の末子である旭が養子となった石川家は、「夕凪の街」の主人公である平野皆実の叔父の家にあたる。石川七波の母である京花は旧姓太田で、平野家の近所に住んでいた。今年で60周年にあたるわけだが、物語にもあるとおり、まだ「過去」にはなっていない。

書評をみると、暗い話のような印象を受ける。確かに重い内容を含んでいるが、それを乗り越えようとする強さ、明るさもある。「そして確かにこのふたりを選んで生まれてこようと決めたのだ」という七波の思いは、自分が生き残った意味を問い続けた皆実への1つの答えだ。映画化されるそうで、期待したい。

むしょうに広島に行きたくなった。

yunagi

※2005/10/29
系図を一部修正。

|

« コンテンツファンドで気をつけておきたいこと | Main | 「犯罪被害者等基本計画案(骨子)に対する意見書」に対する意見書 »

Comments

TBさせていただきました。

静かで激しい、素晴らしい作品でした。

Posted by: タウム | September 09, 2006 11:02 PM

タウムさん、コメントありがとうございます。
確かに「静かで激しい」作品ですね。「昔の話」ばかりではないあたり、ちょっとこわい気すらします。

Posted by: 山口 浩 | September 10, 2006 12:34 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「夕凪の街 桜の国」:

« コンテンツファンドで気をつけておきたいこと | Main | 「犯罪被害者等基本計画案(骨子)に対する意見書」に対する意見書 »