« サンリオはピカチュウも恐竜も作る、という話 | Main | 「ブログ:世界を変える個人メディア」 »

October 19, 2005

Game Gives Peace a Chance

10月16日付Washington Postの記事「Video Game World Gives Peace a Chance」から。最近シリアスゲーム関連のニュースが目立つようになってきた(ひいき目ではないように思うがどうだろう)が、今回は「平和を学ぶゲーム」といったところ。

記事にはいくつかの事例が紹介されている。

事例1:カーネギーメロン大学の「PeaceMaker」プロジェクト
イスラエルとパレスチナのいずれかのリーダーとなって、相手との交渉を行う。軍事力を使いすぎると暴力の応酬に陥り、かといって譲歩しすぎれば暗殺されるリスクが高まる、のだそうだ。なんだかとても現実的。このゲームのことは、来月ワシントンDCで開かれるSerious Games conferenceで発表される由。

事例2:南カリフォルニア大学の親米ゲーム開発コンペ
米国に対する国際的評価を高めるためのゲームの開発に関するコンペを開催する。「Voice of America」のゲーム版みたいなもの、と解説されている。

事例3:MTVの大量虐殺と戦うゲーム
スーダンのダルフールで起きている大量虐殺に対抗するためのゲームの企画を競うコンテストを開催する。最優秀賞は5万ドル。

事例4:国連世界食糧計画(WFP)の食糧援助ゲーム
例の「Food Force」だ。200万もダウンロードされたとか。日本版はコナミが制作し、10月17日に公開されたばかり。

オンライン仮想世界の研究で知られるインディアナ大学のTed Castronova准教授は、アメリカ国務省に「世界中の十代の若者が参加でき、民主的に運営される世界を体験できるオンラインゲームを開発すべきだ」と主張している。今のところ相手にされてないようだが。

USCのチームはもう少し現実的で、コンペの審査委員に国務省関係者を迎えようと協議中。優勝者は来年のGDCで発表されるようだ。このアイデアの元となったのは、Star Wars Galaxies。米国外からの参加者も多いこのMMORPGで、当初米国人に否定的な考えをもっていた海外参加者が、実際に米国人プレイヤーたちと協力して活動していくうちに、その考えを変えていったのだとか。こちらは「バーチャル・エクスチェンジ・プログラム」みたいなもの、と解説されている。

いずれにせよ、ポイントは、まずゲームとして面白くなければならないことだ。どんなに教育的効果が高くても、つまらなければ誰もやらない。それでは意味がないのだ。「民主主義は娯楽たりうるか?」という課題を、このテーマに挑むゲームデザイナーたちは突きつけられている。

記事は、この問いに対するCastronovaの(いかにも彼らしい)印象的な回答で締めくくられている。

"You could look at the U.S. Constitution as a big game. . . We've been playing it for 200 years. And we love it."

ホイジンガが草葉の陰で喜んでるだろうな。遊びは人間活動の本質であり、人間の行う多くの活動の中に遊びの要素を見出すことができる。ならば遊びを通じて人間を、そして人間の集合体である社会を学ぶことは、一般に考えられているよりも正統的なアプローチなのかもしれない。

|

« サンリオはピカチュウも恐竜も作る、という話 | Main | 「ブログ:世界を変える個人メディア」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Game Gives Peace a Chance:

» ゲームで世界平和 [Rauru Blog]
ゲームの話題ばかり続いて恐縮だが、もともと Rauru Block 内での私の分担はゲーム分野ということになっており、Wikipedia や Web 2.0 や Movable Type について語るのも嫌いではないのだが、やは�... [Read More]

Tracked on October 30, 2005 12:54 AM

« サンリオはピカチュウも恐竜も作る、という話 | Main | 「ブログ:世界を変える個人メディア」 »