« 入試問題には使ってほしくない天声人語 | Main | 「ときメモONLINE」にみる「オン」と「オフ」の連携 »

October 16, 2005

雑誌目次をよむ:「週刊 少年マガジン」

一部に公表の「雑誌目次をみる」シリーズ。今回は「週刊 少年マガジン」。

本来このコーナーは「ふだん目にすることのない」雑誌の目次をみてみようというものなので、こういう雑誌をとりあげるのは本来趣旨に反するのだが、まあかたいことはいわず。

「少年マガジン」は、講談社発行の週刊少年漫画誌だ。1959年3月創刊。発売は毎週水曜日。少年コミック誌では週刊少年ジャンプに次ぐ2位の発行部数を誇るという。社団法人日本雑誌協会のサイト発行部数をみると、確かにサンデーの約300万部に次ぐ270万部となっている。一時に比べるとずいぶん減ったが、それでも270万。「少年コミック誌では」どころか、そもそもこの発行部数リスト全体でもみても第2位。ものすごい数だ。

どうも最近、「マガジン」が変わったらしい、という情報を見かけたので、久しぶりにちょっとみてみようと思ったわけだ。

2005年10月12日発売、2005年第46号の目次は次のとおり。

・アイドルグラビア 鈴木美生
スクールランブル 小林尽
・「スクールランブル」記事
トッキュー!! 原作/小森陽一 漫画/久保ミツロウ
はじめの一歩 森川ジョージ
魔法先生ネギま! 赤松 健
ROSE HIP ZERO 藤沢とおる
涼風 瀬尾公治
金田一少年の事件簿 原作/天樹征丸 漫画/さとうふみや
ぼくらの戦国白球伝 魚住青時
・MGP募集のお知らせ
エア・ギア 大暮維人
クニミツの政 原作/安童夕馬 漫画/朝基まさし
SAMURAI DEEPER KYO 上条明峰
OverDrive 安田剛士
ゴッドハンド輝 山本航暉
女子大生 家庭教師 濱中アイ 氏家ト全
Full Spec 関口太郎
090~えこといっしょ~ 亜桜まる
あひるの空 日向武史
ツバサ CLAMP
GetBackers~奪還屋~ 原作/青樹佑夜 漫画/綾峰欄人
・「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」特別試写会に500組1000人をご招待
トト! 長田悠幸
神to戦国生徒会 原作/あかほりさとる 漫画/高田亮介
ジゴロ次五郎 加瀬あつし
ケンコー全裸系水泳部 ウミショー はっとりみつる
コマコマ 米林昇輝
魁!!クロマティ高校 野中英次
もう、しませんから。 西本英雄
・ 情報ピモ王
・アンケートプレゼント
・第47号のお知らせ

※「さよなら絶望先生」は作者取材のため休載。

冒頭のグラビアの人はミス週刊少年マガジン2005に選ばれた20歳。小中学生向けって感じじゃないよなぁ。「金田一少年の事件簿」「GetBackers-奪還屋-」「魁!!クロマティ高校」「スクールランブル」「魔法先生ネギま!」「ツバサ」「涼風」など、テレビアニメなどになったものがけっこうある。「金田一少年」と「クロマティ高校」は実写にもなったな。ちなみに「トト」は最終回とのこと。

最近変わったという批判は、編集方針が変わった、ということらしい。Googleで検索してみると、けっこう出ている。多いのは「最近『萌え系』が増えた」というもの。たとえば「週刊少年blog!!」のコメント欄にはこんな文章が出ている。

現状を整理しますと、 萌え系漫画……ネギま!、ツバサ、スクラン、涼風、アイの5本があって、ここに新連載でウミショーと090が追加され、計7作品。現連載作品の約1/3がこれという状態は、果たして少年誌としてイイのか悪いのか…。

はてなキーワードにはこんなふうに出ている。

また、2004年から編集長が交代。巻末に作者のコメント欄を掲載したり(従来マガジンは作者コメントを掲載しない方針を貫いていた)、ヌード表現の規制を一部解禁したりと変化が見られる。

ふうん。「萌え系」がいったい何を意味するのか未だによくわからない(どうも人によってちがうみたいだし)のだが、まあそうなんだろうか。一応ひととおり見てみたのだが、昔読んでいた数十年前と比べて「そっち方面」でどう変わったのか、正直よくわからない。仮に「萌え系」を「かわいい女の子がたくさんでてきて都合のよい展開」を意味するなら、それは少年マンガの基本形の1つとも呼べるものではないのか?以前「少年マンガのキモはかわいい女の子キャラにある」という話を編集者の方に聞いたこともあるし。数が増えたというのはそうなのかもしれないが、1、2作品がよくて1/3がいかんというのはよくわからん。性表現ということでいうと、「マガジン」はその昔「デビルマン」なんかも連載していたわけで。

ともあれ、「少年サンデー」などと比べてどうも読者層をシフト、あるいは拡大させようとしているらしいことは、なんとなくわかる。ひとつは青年層。いわばベテランのマガジン読者だ。上記の「週刊少年blog!!」にも、「萌え」系を増やすのは「大きいお友達」の大人買いを狙っているのでは、といった指摘があった。それ以外にも、暴力表現は昔より過激になっていて、「これは子ども向けちゃうで!」みたいなのがあちこちにあるし。

で、もうひとつは女性読者だ、という指摘がいくつかのところでみられた。グラビアつき、マンガも都合のいい女の子満載でか!?と思うのだが、「ネギま!」と「ツバサ」は女性読者が多いとか。まあ後者はCLAMPだからわからなくもない。じゃあ「ネギま!」は?典型的ハーレム系萌えマンガだが、主人公が10歳だからいいのか?そういえば最近の少年マガジンのテレビCMでは、高校生らしき女の子が「マガジン」を読む姿が出てくる。そんなに多いのかなぁ女性読者。

こういう戦略がうまくいくのか、興味深い。対極にあると思っていたものを同居させようというわけだから。コアなファン層からは必ずしも受けていないらしいこの路線。果たしてどうなるか、今後も要注目。

|

« 入試問題には使ってほしくない天声人語 | Main | 「ときメモONLINE」にみる「オン」と「オフ」の連携 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 雑誌目次をよむ:「週刊 少年マガジン」:

« 入試問題には使ってほしくない天声人語 | Main | 「ときメモONLINE」にみる「オン」と「オフ」の連携 »