« こういうアウトソーシングもある、という話 | Main | 雑誌目次をみる:「月刊 養豚界」  »

November 01, 2005

東京大学ゲーム研究プロジェクト 11月定例研究会「『ゲーム内経済学』という考え方」

たまには宣伝。誰も来ないと恥ずかしいので。

東京大学ゲーム研究プロジェクト 11月定例研究会
発表者: 山口 浩(財団法人国際金融情報センター)
発表題目: 「ゲーム内経済学」という考え方
日時:11月18日(金曜日)18:00-20:00
会場:東京大学大学院情報学環本館2階講義室

東京大学ゲーム研究プロジェクトはメンバー登録制なので、もし参加したいという方はまずお申込を。上記サイトの「定例研究会メンバー登録のご案内」にあて先メールアドレスへのリンクがある。

で、出席される場合は事務局にその旨の事前連絡も必要。こちらの連絡先は個人メールアドレスなので、ここでは書かない。登録時に事務局からご案内いただけるかと。ちなみに参加無料。

あ、そもそも何について話をするかを書くべきだった。

東京大学ゲーム研究プロジェクト 11月定例研究会
発表者: 山口 浩(財団法人国際金融情報センター)
発表題目: 「ゲーム内経済学」という考え方

発表の概要:
アバターを介して仮想世界を体験するMMORPGが普及するにつれ、これらのゲームの中での活動が、人間に大きな影響を与えることが知られるようになった。心理学や社会学など多くの分野の研究者がこのテーマに取り組んでいるが、その中の1つに経済学がある。ここでは、アメリカを中心に今起こりつつある「ゲーム内経済学」という考え方を紹介するとともに、経済学というフィルタを通してゲームをみることの意義について考察する。

日時:11月18日(金曜日)18:00-20:00
会場:東京大学大学院情報学環本館2階講義室
時間に遅れると玄関がロックされている可能性があるので注意。

いや、こんなこと書いてる間に発表のパワーポイント早く作れよ、という声が聞こえてくるが。

|

« こういうアウトソーシングもある、という話 | Main | 雑誌目次をみる:「月刊 養豚界」  »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東京大学ゲーム研究プロジェクト 11月定例研究会「『ゲーム内経済学』という考え方」:

» ゲーム内経済学/仮想通貨エコノミー [SW's memo]
セルフブレーンのおひとりである山口さんが掲題のテーマで講演をするとのこと。紹介エントリはこちら。 [Read More]

Tracked on November 03, 2005 05:34 PM

« こういうアウトソーシングもある、という話 | Main | 雑誌目次をみる:「月刊 養豚界」  »