« 「内なるごけけ鳥」という思想 | Main | 「Second Life」は「Game2.0」と呼んでもいいかもしれない »

December 14, 2005

「Second Life」の会員数が急増しているらしい

先日サンフランシスコに行った際、Linden Labを訪問する機会があった。「Second Life」の開発・運営をやっている会社だ。ベイエリアの、フィッシャーマンズワーフにも歩いていけるあたりにあるのだが、こういうところだとつい遊んじゃって仕事にならんだろうなぁ、などというのは本題とはまったく関係ない話。

で、本題はというと、「Second Life」が課金方式の変更以降会員が急増している、という話だ。

本当はもっといろいろな話があって、ちゃんとまとめて書こうと思っていたのだが、あまり遅らせると忘れちゃったりするので、とりあえずこれだけでも書いておこうと思った。今後また五月雨式にばらばらと書いていくことになろう。

まず、そもそもの話。

「Second Life」は一見「シムズオンライン」みたいな感じのMMOGだが、実はオンライン「ゲーム」ではない。少なくともLindenでは「ゲーム」とは呼ばない。「プラットフォーム」と呼ぶ。ほかに「metaverse」といういい方もする。Ted Castronovaは「middleware」だと著書で書いていた。これだけで、これがいったい何をめざしたサービスなのかの片鱗がおわかりいただける方もいるかもしれない。

要するに「Second Life」は、人が「second life」を送る「場」を提供するサービスだ。たとえば「シムズオンライン」だと、シムの名声を上げるために働かなくてはならなかったりする。「シムズオンライン」はゲームだからだ。しかし「Second Life」はゲームではないのでそうしたものはない。3Dだから、仮想空間を歩いて移動できるわけだが、移動したいだけなら移動先の場所へ「テレポート」すればいい。そういう意味で、「ゲームデザイン」だとか「ゲーム性」だとかいった配慮とはかなり離れたものとなっている。

ということで、やっと本題。

「Second Life」の会員数については、ちょっと前まで、約4.5万人という情報があった。スタートして数年たつMMORPGとして考えると、そこそこ回せる数だが、大ヒットというほどでもない。しかしこの9月、Linden Labは、「Second Life」の加入時課金9.95ドルを無料化した。(以前、東大ゲーム研究会で話をしたときに、この点「9.95ドルは月額課金」と説明したが、これは誤り。お詫びして訂正。)つまり、ただゲームを始めるだけなら無料になったわけだ。これにより「Second Life」の課金システムは、有料オプションを選択した場合の月額課金と、「土地」(アイテムだな)の販売+使用料の組み合わせということになった。いってみればアバターのあるコミュニティサイトみたいな課金システムだが、アイテムに「月額使用料」を設定するのは珍しいかも。

で、この加入時課金を廃止したころから、会員数が急速に伸びていて、今では会員数9万人ぐらいになっているらしい。ここ数ヶ月の伸び率は「月に12%前後」だそうだ。課金制度の変更だけの影響なのかどうかはわからないが、大きく影響しているとは思う。「収益も増えていて」と聞いたが、もしそうなら、アイテム課金化を検討しているMMORPGオペレータには心強い話だろう。

渡辺さんのブログに「FBSカンファレンス:オンラインゲーム上での不動産ビジネス」というのが出ているが、その中にはおそらく「Second Life」の話がかなりの割合を占めているはずだ。このあたりいくつか面白い話を聞いたのだが、その話はまた別の機会に。

|

« 「内なるごけけ鳥」という思想 | Main | 「Second Life」は「Game2.0」と呼んでもいいかもしれない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「Second Life」の会員数が急増しているらしい:

» どうぶつの森は人生の別世界ではない。 [日本全国・見たいもんはみたいぞの会ピヨピヨ]
既にぶつ森・連続エントリーを読んでいる方はおわかりだと思いますが、どうぶつの森を [Read More]

Tracked on December 16, 2005 04:40 PM

» ゲームデザインのこれから(12) いくつかのビジョン [ゲームのマボロシ]
羨望は無知:安易にWebの流行に流される人は、「web 2.0 = game 0.5」である可能性に留意しておいた方がよい このエントリーだけを見ると、羨望の無知さんはゲームデザイン絶対主義の方のように感じますが、こちらのロビン・ウォーカー氏関連のエントリーやエントリーやこち..... [Read More]

Tracked on December 24, 2005 10:59 AM

» どうぶつの森は人生の別世界ではない。 [日本全国・見たいもんはみたいぞの会ピヨピヨ]
既にぶつ森・連続エントリーを読んでいる方はおわかりだと思いますが、どうぶつの森を [Read More]

Tracked on January 23, 2006 02:54 PM

« 「内なるごけけ鳥」という思想 | Main | 「Second Life」は「Game2.0」と呼んでもいいかもしれない »