« 効率的市場のチャーティスト | Main | 基金の経営は安泰だな »

January 13, 2006

世界経済フォーラムが予測市場を始めている

世界経済フォーラム(WEF: World Economic Forum)という組織がある。サイトには「The World Economic Forum is an independent international organization committed to improving the state of the world by engaging leaders in partnerships to shape global, regional and industry agendas.」なんていう説明が出ているが、 いわゆる「ダボス会議」をやってるところ、といったほうが通りがいいかもしれない。

このWEFが、「Global Risks Prediction Market」という予測市場を始めている。

予測市場はWEFの公式サイトの中にあるのだが、URLを見ればわかるとおり、実際にはNewsFuturesのサービスを使っている。ユーザーインターフェースもNFユーザーおなじみのもの。当然ながら仮想通貨を使うので、法律に触れる心配はない。

ここで取引されるのは、世界に大きな影響を与えうるリスク要因をあらわす予測証券だ。現段階で取引されているのは次の4つ。

1 米軍のイラク撤退
2006年12月末時点でイラクに駐留する米軍兵士の人数を予測する。完全撤退すれば当然ながらゼロだ。これを書いている時点での市場の予測は9.3万人。当初は10万人を超えるとの予測なので、やや弱含んでいる。

2 鳥インフルエンザ流行
2006年1月26日までに鳥インフルエンザ(H5N1型)の人間への感染が発生する国がいくつあるかを予測する。これは減ることがなく増える一方の予測というあたりが特色。書いている時点での予測は14カ国。

3 悪天候
2006年中に起きる洪水やハリケーンみたいなものの数を予測する。現時点での予測は119。ちなみに2005年は127だった由。

4 原油価格
2005年12月1日から2006年1月26日までの間の原油のスポット価格のピーク値を予測する。現時点で64ドル。

2と4の市場は1月中に終わるが、似たものがまた始まるはず。他にも新しい市場が始まるかもしれない。ダボス会議といえば、世界の要人が集まっていろいろ話し合う場なわけだが、WEFとしてはそうした「えらい人々」の意見だけじゃなく、ネットを通じて「ふつうの人々」の集団知も生かそうという意図があるらしい。テーマ設定もなかなか面白いし、興味深い試みとして注目したい。

特に1の市場なんかは、2003年にDARPAがやろうとして、「テロの先物市場」とか批判されて議会につぶされた、あのPolicy Analysis Marketを髣髴とさせる。ペンタゴンはもう手を引いたわけだが、世界経済にとって重要な予測テーマではあるわけだし、WEFとして関心を持つのは当然だろう。形をかえ、実施主体をかえてここで復活、といったところか。

今のところ、参加者は65名。ハンドル名での参加だが、みたところRobin HansonやらJustin Wolfersやら、予測市場の研究者らしき名がちらほらあるので、とりあえずそのあたりから声をかけたらしい。まだあまり多いとはいえないが、熱心に宣伝してるわけでもないようなので当然といえば当然か。私もしばらく前から参加しているが、ランキング一覧によると17位タイだ。といってもまだ取引をしていない当初所持金のままなのだが。参加資格は特にないようなので、ご希望の向きはぜひご参加を。

|

« 効率的市場のチャーティスト | Main | 基金の経営は安泰だな »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 世界経済フォーラムが予測市場を始めている:

» 世界経済フォーラムが予測市場を始めている [パンデイロ惑星 (PukiWiki/TrackBack 0.3)]
http://www.h-yamaguchi.net/2006/01/post_20af.html [Read More]

Tracked on January 16, 2006 05:45 PM

» 信用されていないリーダーたちが集うダボス会議とは [TIME ガイダンス-Scanworld-英語を学ぶきっかけ探し]
No More Heroes 【TIMEへGO】 「ダボス会議」が閉幕。新しい時代の転換を予感させる内容でした。世界的な主役の交代、そして世界や社会問題はすべてつながっているという実感。そのすべてが、盛り込まれていたような印象を受けました。それでも、タイム誌の報道は手厳しかったです。「ヒーローはもういない」と題した特集です。同会議とは、確かに世界中からヒーローたちが集まってくるはずの場でした。企業家はもとより、政治家、そして学者に至るまで、スイスに集まり、世界の諸問題を一... [Read More]

Tracked on February 02, 2006 03:03 PM

» 予測市場 [パンデイロ惑星 (PukiWiki/TrackBack 0.3)]
目次 CNET Japan Blog - Lessig Blog (JP):予測市場 予測市場を作ります-よしてつ::Award on Rails 世界経済フォーラムが予測市場を始めている CNET Japan Blog - Lessig Blog (JP):予測市場 http://blog.japan.cnet.com/lessig/archives/002227.html 近年... [Read More]

Tracked on April 09, 2006 02:23 AM

« 効率的市場のチャーティスト | Main | 基金の経営は安泰だな »