« February 2006 | Main | April 2006 »

WBCと科学技術とネタ系経済分析の話

「米国の外国人科学技術労働者への高まる依存とリスク」、三菱東京UFJ銀行レポート。

ネタ系に走り気味の味わい深いレポート。これまで比較的お堅いレポートを出し続けていたMTUFJまでが。一般には公開されていないレポートなので「詳細は現物を」とはいかないのが残念だが。

Continue reading "WBCと科学技術とネタ系経済分析の話"

| | Comments (2) | TrackBack (1)

がんばれ朝日新聞

「ジャーナリスト宣言。」で注目を集めた朝日新聞だが、いきなりそれが「試される」事態が起きている。同社社長の長男が大麻所持で逮捕された、という一件だ。

Continue reading "がんばれ朝日新聞"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

予測市場のwikiができた件

ただのメモ。予測市場のwikiが立ち上がった、と聞いたのはよかったのだが、見てみたらまだ内容が入っていない。作ったからみてくれ、というより立ち上げたからあとは皆さんでよろしく、ということか。

自分のところのwkiにも予測市場の項目があるが、まだたいして入れてないし、人のことはいえないのだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「市場主義宣言。」なんてのを考えてみた

市場は
暴力的で、
貪欲で、
ときに愚かだ。
それでも
私たちは信じている、
市場のチカラを。

Continue reading "「市場主義宣言。」なんてのを考えてみた"

| | Comments (0) | TrackBack (3)

GDC2日め

GDC2006の2日め終了。引き続き「ブログ」ふうにメモ。今日はいろいろ収穫も。

Continue reading "GDC2日め"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

GDC1日目終了

GDC2006に来ている。1日目が終了。忘れないうちに取り急ぎメモしておきたいので、いわゆる「ブログ」っぽく。

Continue reading "GDC1日目終了"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ホストクラブ市場が急成長している、という話

地下経済の専門家にしてネタ系経済分析の大家である門倉貴史氏待望の新作「ソープランドに匹敵するホストクラブの市場規模~2005年の市場規模は8585億円」。独立してますます快調の同氏だが、これはその中でもクリーンヒット!だと思う。

Continue reading "ホストクラブ市場が急成長している、という話"

| | Comments (4) | TrackBack (2)

「格差社会」についてあれこれ

気が向いて「中央公論」2006年4月号を読んでみたら、なかなか面白かった。例の「若者を蝕む格差社会」という特集が組まれている号だ。

Continue reading "「格差社会」についてあれこれ"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

「政策評価ミクロモデル」

金本良嗣・蓮池勝人・藤原徹著「政策評価ミクロモデル」、東洋経済新報社、2006年。

Continue reading "「政策評価ミクロモデル」"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「トンデモ研究の見分け方」

RinRin王国で見かけた情報。

朴斎主頁」が面白い。

Continue reading "「トンデモ研究の見分け方」"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

賃上げより前にやるべきこと

なんだか賃上げの話が聞かれるようになった。製造業大手の一斉回答があって、「久しぶりに春闘」みたいな報道が踊っている。景気がよくなってきたんだねぇ、と感慨ひとしおなわけだが、ちょっと待った。

賃上げより前にやるべきことがあるだろうに。

Continue reading "賃上げより前にやるべきこと"

| | Comments (10) | TrackBack (4)

これはやっぱりスジちがいだと思う

ライブドアに投資した株主たちが損害をこうむったという話が多く報じられてる。「被害」金額からいえば、フジテレビがその筆頭なんだろうか。まあ大きな会社はともかくとして、個人株主で悲惨な例が新聞なんかで報じられてたりするのをみると、なんともお気の毒だと思う。

思うんだけどさ。

Continue reading "これはやっぱりスジちがいだと思う"

| | Comments (2) | TrackBack (4)

「ごんぎつね」を読んで

ごんぎつね」をよんで 3年1組 山口 浩

ぼくは、「ごんぎつね」をよんで、兵十はなんてひどいことをしたんだろうというきもちでいっぱいになりました。兵十は、ごんがいいことをしているのに、それを見ないで、むかしごんがやったわるいことばかりをみて、ごんをころしてしまったからです。

Continue reading "「ごんぎつね」を読んで"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

日本ブログ協会から音沙汰がない件

ブログ界隈で話題を呼んだ日本ブログ協会。いったい何じゃろかと思ってとりあえず登録し、様子をみているのだが、その後音沙汰がない。うんともすんともない。新手のメアド収集手段か?と疑いたくなるほどなのだが。

あ、別に新しい情報はないので念のため。

Continue reading "日本ブログ協会から音沙汰がない件"

| | Comments (4) | TrackBack (0)

「Otaku University」が翻訳ボランティアを募集している

ちょっと前にとりあげたOtaku University」が、日本語の翻訳ボランティアを募集しているらしい。

Continue reading "「Otaku University」が翻訳ボランティアを募集している"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

雑誌目次をみる:「月刊EX」

一部に好評の「雑誌目次をみる」シリーズ。今回は「月刊EX」。

Continue reading "雑誌目次をみる:「月刊EX」"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

議事録つまみ食い:六本木ヒルズがなければホリエモン事件はなかった、という話

前回一部に好評だった「議事録つまみ食い」、図に乗ってシリーズ化することにしてみた。第2弾はこれ。

2006年3月3日の参議院決算委員会における民主党の佐藤雄平議員の質疑にぶっ飛んだ。

議事録がまだアップされてないみたいなので、自分で配信映像から起こしてみた。ほんの一部なのだが。

Continue reading "議事録つまみ食い:六本木ヒルズがなければホリエモン事件はなかった、という話"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

生活保護のために「移民」とか離婚とか

原理上ありうることだとは思っていたが、実際にあると聞いてびっくりした、という話。裏をとっていないので、あくまで「ネタ」ないし「うわさ」レベルとお考えいただければ。

Continue reading "生活保護のために「移民」とか離婚とか"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2006年アカデミー賞予測市場:結果発表

第78回アカデミー賞に関する、Hollywood Stock Exchange予測市場の結果をメモ。

Continue reading "2006年アカデミー賞予測市場:結果発表"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006年アカデミー賞予測市場:2006/3/5

第78回アカデミー賞に関する、Hollywood Stock Exchange予測市場が行われている。日本時間3月5日(日)23時50分現在の価格をメモ。

Continue reading "2006年アカデミー賞予測市場:2006/3/5"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

「見せるパンツ」はアリ、という話

こういう内容を書くと読者層がちがってきそうでこわいのだが、できる限り「ニュートラル」に書いてみる。理解できるような、できないような話。

Continue reading "「見せるパンツ」はアリ、という話"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッカーでグローバル経済を考える、という話

Milanovic, Branko (2003). "Globalization and goals: Does soccer show the way?" Working Paper, World Bank.

ネタのようでけっこうまじめ、という論文。

Continue reading "サッカーでグローバル経済を考える、という話"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

衆議院TVのインターネット中継映像が1年で削除されてしまう件

3月1日の衆議院予算委員会第一分科会の審議をインターネット中継でながら見していて、驚愕すべき事実を知った。

衆議院TV」でインターネット中継されたストリーミング映像が、会期終了後1年間で削除されてしまう、というのだ。何だって!?というわけで、以下走り書き。

Continue reading "衆議院TVのインターネット中継映像が1年で削除されてしまう件"

| | Comments (6) | TrackBack (1)

日はまた沈んで、また昇って、

ビル・エモット著、鈴木主悦訳「日はまた沈む―ジャパン・パワーの限界」草思社、1990年。

最近話題の「日はまた昇る」、ほうではない。

Continue reading "日はまた沈んで、また昇って、"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »