« 賃上げより前にやるべきこと | Main | 「政策評価ミクロモデル」 »

March 17, 2006

「トンデモ研究の見分け方」

RinRin王国で見かけた情報。

朴斎主頁」が面白い。

富山大学人文学部大野圭介助教授のサイト。どうもこの方、「トンデモいじり」がご趣味らしい。同好の士、というのもおこがましいが、なんとなく親近感を感じる。当然ながら、主な関心はご専門の東洋史関連。「古代文献は暗号である」「古代神話は史実を反映している」「漢字は日本で作られた」など、おなじみのトンデモ研究が一刀両断されている。なかでもやはり「古代文献は暗号」関連がいい。そういえばベストセラーになったのもあったよなぁ。最近のやつはまあ小説だけど。

「古代文献は暗号」分野では他にも「同好の士」がいるらしい。東海大学文学部アジア文明学科でオリエント、イラン史、ヘレニズム、イスラーム以前の西アジア史を担当する春田晴郎助教授のサイトに、聖書に隠された「暗号」の「解読」が載っている。なんでも「アメリカ元大統領ケネディの弟R・F・ケネディとイスラエルのラビン首相の暗殺犯はゴルゴ13である」という予言が読み取れるそうな。いやすごい。しかし、大野氏といい春田氏といい、歴史関連なのはなぜ?この分野、よほどトンデモ濃度が高いんだろうか。

話を大野氏に戻すが、ブログ「朴斎雑志」もおすすめ。予言を扱った「ラ行で始まる会社は2030年が危ない?!」などは、「何の特殊能力もなく予言者になる方法研究家」をめざす私としてもたいへん参考になる。以前私が書いたものに照らしていえば、これは「タイプBの予言」にあたる。その意味で「2030年」はなかなかいい選択だ。

この種のものでは、例の「と学会」がよく知られているが、学界の人がメンバーになっているのかどうかは知らない。しかしこの分だと、きっと他にもいるな。同好の士。学界にはけっこうこの趣味の人が多いかもしれない。いいネタになるし。私も精進しなくちゃ。

|

« 賃上げより前にやるべきこと | Main | 「政策評価ミクロモデル」 »

Comments

ちなみに私もトンデモマニアですが、この趣味持ってる人案外多いみたいですね、ブログ見渡しても。私の場合かつて自分自身がトンデモにはまった経験があるので、とりわけ用心深くなっているのかも。でもトンデモ研究は思考力の鍛錬にはなりますね。最近はミスターマリックなどマジック(手品)の特番を見るのも楽しみで、人間の騙されやすさを痛感しております。(笑)

Posted by: すなふきん | March 18, 2006 08:35 PM

すなふきんさん、コメントありがとうございます。
人間は、自分の見たいものを見る、信じたいものを信じるという傾向があるようですね。「騙される」というのは、もともとそれを信じたいと思っていたんでしょう。

Posted by: 山口 浩 | March 19, 2006 02:35 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「トンデモ研究の見分け方」:

« 賃上げより前にやるべきこと | Main | 「政策評価ミクロモデル」 »