« ひさびさに紙芝居を見た話 | Main | 「A Tenured Professor」 »

April 29, 2006

「Second Life」が日本語化されるらしい

「Serious Game Japan」の情報なのでウォッチャーの方はもう知ってるだろうが、自分用のメモとして。「Second Life」の日本語版が出るらしい。

「Serious Game Japan」の記事は、そもそもSLがビジネスウィークで紹介された、というもの。これはこれで必読。タイトルの件は、Linden Labが1100万ドルの資金調達を行い、日本語版とドイツ語版を開発する、というもの。同社サイトのプレスリリースには資金使途の話は出ていないのだが、藤本さんはどこで知ったのだろうか。先月ってことは、GDC?ともあれ、日本からの引き合いが強いってことなんだろうな。よしよし、これで考えていたあれやらこれやらが実現できるかも。日本語版のオペレーションは誰がやるんだろうか。

|

« ひさびさに紙芝居を見た話 | Main | 「A Tenured Professor」 »

Comments

ついに来ますか。
公式サイトの"NEWS & EVENTS"ページにあるnews.com記事へのリンクの先には、”, and to produce new, German- and Japanese-language versions. ”とありますね。
まあ、各版作成以前に、インフラとしてのシステム整備をしなければ、という感じですけど。
国別サーバーでしょうか? それとも国別にした上で「貿易」導入でしょうか。
いずれにしろ、さらに要注目ですね。

Posted by: stanaka_r | April 29, 2006 09:00 PM

stanaka_rさん、コメントありがとうございます。
出てましたか?すいません、見落としてました。どういうふうにするんですかね。システムのインフラ部分については素人の私にはわかりません。個人的な興味だけからいえば、経済システムがどう設計されるか、ですね。
「Linden Dollar」に加えて「リンデン円」が導入されて為替レートとかが発生したら面白いだろうなぁ、などと妄想しつつ。

Posted by: 山口 浩 | April 30, 2006 11:11 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「Second Life」が日本語化されるらしい:

« ひさびさに紙芝居を見た話 | Main | 「A Tenured Professor」 »