« 東大印トイレットペーパーの正しい活用法に関する一考察 | Main | 「マダム・カルカソンヌ」にシビレたぜ!という話 »

June 18, 2006

日本=クロアチア戦を予測市場はこうみる

背水の対クロアチア戦を控えて日本中を席巻するワールドカップ熱を元気いっぱいにスルーしている本サイトだが、さすがに全く無視するのもどうかと思うので、とりあげてみる。

といっても、これにかこつけて予測市場をみてみよう、というものだ。

Tradesportsはアイルランドの企業で、数少ないリアルマネーの予測市場だ。かの地はブックメーカーの「本場」のようなところだから、ワールドカップのような大イベントを見逃すはずがなく、予選段階から全試合をフォローしている。

今日時点ではやはり日本=クロアチア戦をとりあげざるを得ないだろう。

「日本が勝つ」がこれ。18日午前10時20分時点で15.0-15.5だから、だいたい「勝つ確率」15%というのが予測市場の読みだ。



一方「クロアチアが勝つ」がこれ。同じく10時20分時点で60.5-61.7だから、「勝つ確率」は6割以上とみられているわけだ。高いとみるか、意外に高くない、とみるか。



「引き分け」という意見もけっこうある。10時20分時点で24.4-24.8であり、約25%弱ということ。



私はこの数字について特に語るべき内容を持たない。ファンの皆さんにはいろいろいいたいことがあるだろうが、ともあれ「こうみる人々がいる」ということで。

※追記
大西宏さんのところに、「クロアチア戦に勝つ」と予想した人は、45.6%。『引き分け』が25.3%、『負け』が29.2%」とのアンケート結果が出ている。国内のアンケートのようだから直接の比較にはならないが、一応並べておく。

※追記
引き分けに終わった。「引き分け」の価格推移は次の通り。後半半ばから価格が上がり始め、その後は一本調子で上がり続けている。同時に日本、クロアチア双方の「勝ち」を予測する証券は下がっているから、終盤にかけて双方の足が止まったようすを見て「互角」との見方が広がっていったのだろうか。
Draw

|

« 東大印トイレットペーパーの正しい活用法に関する一考察 | Main | 「マダム・カルカソンヌ」にシビレたぜ!という話 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本=クロアチア戦を予測市場はこうみる:

« 東大印トイレットペーパーの正しい活用法に関する一考察 | Main | 「マダム・カルカソンヌ」にシビレたぜ!という話 »