« ブログが「雑誌」になる、という話 | Main | 死者の街 »

August 07, 2006

大人にいいたいこと:「人食いザメ」というサメはいません

大人にいいたいこと:「人食いザメ」というサメはいません 四年一組 山口 浩

今日、テレビを見ていたら、「バンキシャ」という番組で、「人食いザメが急せっ近」というのをやっていました。見たら、カメラマンの人がホオジロザメの写しんをとる話でした。でも、見ていて、とても腹が立ちました。ぼくはきょ年の自ゆう研きゅうでサメのことをしらべて、知っているからです。

「人食いザメ」というサメはいません。

番組に出てきたのは、ホオジロザメというサメでした。大きなサメで、えいが「ジョーズ」に出てきたのもこのサメです。番組では、マグロの肉でサメをよびよせて、しゃしんをとっていました。なんども「人食いザメ」という字が出てきました。でも、ホオジロザメが人を食べることはめったにありません。番組に出てきたサメも、べつに人を食べたサメではありません。人を食べたしょうこもないのに「人食い」とよぶのは、無じつのつみです。お父さんは「し上さい大のえんざいじけんだね」といいました。

これまで四百年間で、ホオジロザメにかぎらず、サメにおそわれた人は、せかい全体で二千人ぐらいしかいないのだそうです。でも、日本だけでも、まい年、交通じこで一万人ぐらいの人がなくなっています。戦そうとか、ほかの理由でもたくさんの人が死んでいます。人間にとっては、サメよりも人間のほうがよほどおそろしいと思います。

それに、サメにとっても、人間はおそろしいてきです。人間は、むかしから、フカひれのスープなどを作るために、たくさんのサメをころしてきました。サメに食べられた人間よりも、人間に食べられたサメのほうがずっと多いはずです。フカひれをとるとき、人間は、サメのヒレだけを切りとって、そのまま放してしまいます。ヒレを切りとられたサメは泳げなくなって、苦しみながらしんでいくのだそうです。それに、えいが「ジョーズ」が大ヒットしたあと、サメがわるものというイメージが広まって、人間たちは、理ゆうもなくサメをころすようになってしまいました。こうしてたくさんのサメがころされ、中には、ぜつめつするかもしれないといわれるサメもいるのだそうです。

おねえちゃんと、この番組のどこがわるいか、考えました。

まず、サメをわるものあつかいするのはよくないと思います。サメだけでなく、ライオンでもトラでも、人間が大きな肉食の動物に近づけば、食べられてしまうことはあると思います。でもそれは動物ならあたり前のことです。中には人間を食べたサメもいるかもしれませんが、ほとんどのサメは人間を食べません。それなのに、ホオジロザメだというだけで「人食いザメ」とよぶのは、人間の中にも人間を食べた人がいるからといって、すべての人間を「人食い人間」とよぶのと同じです。

「人食いザメ」というよび方は、本とうではないし、人がサメをきらいになってしまうので、よくないです。テレビの中でサメのことを「人食いザメ」とよんでいると、それを見た人が信じて、サメをきらいになってしまうかもしれません。じっさいに、「きらいだ」というだけでころされてしまったサメがたくさんいるのです。本とうは、サメは人間にいじめられているかわいそうな魚です。テレビでこれいじょうサメをきらいにさせるようなことをほうそうするのは、やめてほしいです。

それから、番組に出てきたカメラマンの人は、サメのことを「ジョーズ」とよんでいましたが、これもまちがいです。「ジョーズ」はえいごで「あご」のことですから、サメだけでなく、ぼくたち人間にもジョーズはあります。だから、「ジョーズ」が人をおそう、というのはおかしいです。「ていうか、『あご』が人をおそったらこわいよね」とおねえちゃんはいいました。

さいごに、この番組を作った人たちは、番組をたくさんの人に見てもらうためだけに、サメをわるものにして取りあげているように見えました。こういうのは、ずるいと思います。しかも、マグロの肉でサメをむりやりよびよせたりして、自ぜんのバランスをこわしています。よの中には、ぜつめつしそうなサメを守るためのかつ動をしている人もたくさんいます。「サメはこわい」というイメージを広めるだけの番組ではなく、もっとそういう人のことを取りあげたらいいと思います。

|

« ブログが「雑誌」になる、という話 | Main | 死者の街 »

Comments

思い込みを裏づけするように番組を作っているとしたら、あまり感心できることではありませんね。

ところで人間にとって本当に怖い海の生物はなにか、僕も小学校3年と4歳の息子と話し合ったことがあります。

図鑑を資料に検討したところ、アンボイナガイとガンガゼが一番怖いという結果になりました。
どちらも浅い海や磯などどこにでもいて、こちらに害意がなくてもやられてしまう。しかもやられた後、命に関わるか、非常に厄介な目に合う共通点があります。

この夏海に行くときには気をつけてくださいね。

Posted by: ミズタマのチチ | August 07, 2006 06:02 PM

ミズタマのチチさん、こんにちは。
アンボイナガイとガンガゼ、こわそうですね。それは、おふろとかプールとかにも出てきたりしますか?
サメについては、まちがったイメージをぼくたちに見せようとするのはすごくわるいことだと思います。
お父さんは、「あのていどのしゃしんならほかの人がもうたくさんとってるから、サメをそっとしておいてあげてほしいな」と言ってました。
サメはおふろやプールには出ないらしいので、あん心です。

Posted by: 山口 浩 | August 08, 2006 04:21 AM

苗字が嫌で、鈴木とか中村とかいう性にあこがれてきたことが何度もある還暦のおじさんです。山口浩さんのサメに対する本当にやさしい観察力を眼にして、久しぶりに人の心のやさしさに触れた思いがします。そのことを小学生から思い出させてもらうなんて胸に熱いものがこみ上げてきます。これからも客観的に世界を見つめるやさしい青年として育ってください。これからは苗字にも自信をもって残り少ない?人生を過ごして行きます

Posted by: 鮫島 | September 27, 2009 11:00 AM

鮫島さん、こんにちは。
「さめじま」と読むみょう字ですね。名前でからかわれるのはいやですよね。ぼくもたまに「組長」と呼ばれることがあって、少しいやです。
お父さんに聞いたら、もともと日本では、サメは今よりずっとみ近な魚だったのだそうです。それが、えいが「ジョーズ」のあと、とてもこわいイメージにかわったのだそうです。ライオンも人を食べることがありますが、それほどこわいイメージではありません。それは、えいがやテレビで、ライオンを主人こうにした物語がたくさん作られているからだと思います。ぼくは、サメを主人こうにしたお話がもっとできるといいと思います。

Posted by: 山口 浩 | September 27, 2009 11:18 AM

あんた屈折してるな(笑) ヒレだけ切断して 海に捨てるなんて事はありません。
それにサメが人間を襲うのは確かな事実です。
例が少ないのは遭遇していないからであって サメが人間を確認したのにも関わらず見逃した訳ではありません(笑)
試しに日本海で1日浮かんでみてはいかがでしょうか?
あなたがサメをかばうのと裏腹にサメはあなたを容赦なく襲うでしょう。 その時バカなあなたでも遭遇してしまったら最後 恐ろしい人食いザメだったな。
と身を持って体感できるとおもいますよ☆

Posted by: 人食いザーメン | March 01, 2010 06:31 AM

人食いザーメンさん、こんにちは。
おもしろい名まえですね。どこの国の人ですか?
とったサメのヒレだけを切りとって残りをすててしまうことを、えい語で「shark finning」というのだそうです。これは、2004年に中止されるまで、せかいのいろいろな所で行われていたそうです。フカヒレはもともと中国の料理ですが、せかいで中国の料理が食べられているそうです。
お父さんに聞いたら、「日本ではむかしからサメの肉を食べていたから、ヒレだけとってすててしまうようなことはもともとあまりしなかっただろうね」と言っていました。でも他の国ではまだこっそり行われているらしいです。サメの中には、数がへってしまってほごしなければならないものがたくさんあるそうなので、そういうサメを守るのはいいことだと思います。
それから、よく知らない人のことを「バカ」というのはよくないと思います。お父さんに聞いたら、「しつけが悪かったんだねえ」と言っていました。ほかの人が見るとはずかしいらしいので、早くなおしたほうがいいと思います。

Posted by: 山口 浩 | March 10, 2010 05:43 PM

ひろしくんおはよう。
ぼくわりっぱなおとなでふ。
ねくたいおちゃんとしめられへんひとも
しつけがわるいってまま、もとい、つまがいってました。
ぼくわだいがくじゅんきょうじゅのしたっぱがぶんかしんかろんやとこやせいだんおないちえつかってまとはずれろんちょうでえつにいっているおまえのしつけもわるいとおもいまふ。
ばいばいぶぅ。

Posted by: こいずみ組 ひらなかへいぞう | March 25, 2010 08:55 AM

こいずみ組 ひらなかへいぞうさん、こんにちは。
こいずみ組 ひらなかへいぞうさんはまだ小さいからわからないかもしれないですね。
ちゃんとまじめに勉強して、もう10年くらいしたらわかるようになると思いますから、がんばってください。

Posted by: 山口 浩 | April 11, 2010 08:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 大人にいいたいこと:「人食いザメ」というサメはいません:

« ブログが「雑誌」になる、という話 | Main | 死者の街 »