« 最悪の教育 | Main | 「リアルオプションと経営戦略」 »

November 11, 2006

ナンバー・ポータビリティの予測市場、参加者募集

去る10月23日に始まったナンバー・ポータビリティのサービスの影響に関連して、各社の契約数の推移について予測する予測市場を作ってみた。興味のある方の参加をお願いしたい。

実はこれ、某社でのテスト用にinklingのサービスを使って開設したものだが、一般に開放する設定としたので、ご案内する次第。したがって既に数人の参加者が取引を始めている。12月末まで開設している予定。

トップ画面は以下の通り。トップ画面の右上に「sign up」というリンクがあるので、初めての方はそちらから。クリックすると「enter your e-mail address:」と出るので、そこのアドレスを入れて横の「send」を押すと、そのアドレスにメールが届いてアカウント登録ができるという、おなじみのしくみ。

Inklingtop

作った予測市場は「MNP、各社の契約数は?」というタイトルがついている。社団法人電気通信事業者協会(TCA)の調べによれば、2006年9月末時点で、日本の携帯電話の契約数は合計93,812,400だった。これを前提とし、参加者は、2006年12月末時点の各社の契約数合計(2007年1月発表予定)は、9月末時点からどれだけ増減しているかを予測する。価格の初期値は100。12月末時点で、9月末時点と契約数が変わらない場合を価格100とし、契約数の変化1万が価格1に対応するものとする。つまり、12月末時点で、A社の契約数が9月末より10万増えているとしたら、価格は10上がって110となる。逆に、10万減っているとしたら、価格は10下がって90となる、としてみた。どこかの会社が契約数を100万落とせば価格が0となってしまうが、12月末までだとそこまではいかないのではないかという読み。

inklingのサービスはまだ荒削りで、いろいろ言いたいことはあるが、それなりに使える。基本的にはダブル・オークションではなくマーケット・メーカー方式。自動化されているが、価格設定のアルゴリズムはわからない。今照会中(このあたりが一番不満)。空売りは可能だが、空売りすると、使えるキャッシュの額に制約を受けるようだ。

Inklingstocks

銘柄は、4つ設定した。NTTドコモ、KDDI(auとツーカー)、ソフトバンクの3社に、「ALL」、つまり3社合計の4つ。「ALL」を入れたのは、携帯電話全体の契約数の変化の影響を考慮するためと、市場のredundancyを確保するため。3社の株がどれもオーバープライスの場合に、それらを売って「ALL」を買うというちょっとした裁定取引っぽいのもできるのではと。

Inklinfntt

その中で、たとえばNTTドコモをクリックするとこう。私もテストの際に参加したので、今-10株保有、つまり空売りをしていると表示されている。この時点での価格は99.00。ここで3つの選択肢がある。今後価格が上がる、つまり今は低いと思うなら「Greater than XXXX」、今後下がると思うなら「Less than XXX」のリンクを押すと取引の画面に入る。「Equal to XXX」を押すと、「別の銘柄を取引せよ」と指示される。

Inklingtrade

「Less than XXX」を選ぶとこう。4つの選択肢がある。売却する株数を50、20、5、それから自由設定の中から選ぶ。そのあと「confirm trade」を押すと次の画面へ。

Inklingexecute

1株売却することを選ぶとこう。確認メッセージとか。「execute order」で取引確定。

Inklingchart

現時点での価格と取引量のグラフ。TCAからはすでに10月末時点の数字が公表されていて、それからすると、まだKDDIは割安、といったところだろうか。契約数が20万増えてるから今時点で120あってもおかしくないわけで。

書き忘れたが、この市場について、なんらかの報酬が用意される、ということはない。誤解なきよう。

|

« 最悪の教育 | Main | 「リアルオプションと経営戦略」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ナンバー・ポータビリティの予測市場、参加者募集:

» [予測市場]ちょっと裁定取引をやってみる [仮説の綿飴]
山口先生がナンバーポータビリティー市場の予測市場への参加者を募っているので、私も参加してみることにしました。市場の設定は、2006年9月末の各社の契約者数をベースに、その時点を100として1万人契約者が増減したら価格が1増減するという物です。各社の銘柄とは別に「AL... [Read More]

Tracked on November 23, 2006 05:15 PM

« 最悪の教育 | Main | 「リアルオプションと経営戦略」 »