« やり残していないか | Main | 商人の「分」 »

January 01, 2007

「美しい国」の真髄5選

今年から、「美しい国」作りのアイデアを国民から募集するプロジェクトが始まるらしい。2006年12月31日付の讀賣新聞に出ていたのだが、「首相がイメージする『美しい国』に、具体的なイメージがわかないとの指摘も多く、コンクールなどを通じて国民から直接アイデアを募ろうという試み」だそうだ。

人に聞くのかよ自分の旗印だろうがという声も聞こえてきそうだが、外部の意見を聞こうということ自体は別にそう悪くもないだろう。

記事によると、計画の原案には、(1)将来も尊重すべき日本の伝統、文化、習慣などを国民からインターネットや郵便で募集する「日本の真髄100選」(2)「美しい国」を文章や絵画、写真で表現した作品を公募し、首相が表彰する「美しい国コンクール」(3)首相や閣僚らによる在日外国人との対話集会など、計7項目が盛り込まれている由。

「日本の真髄100選」。なんともすごいタイトルだが、こういうことらしい。

着物やゲタ、初詣でやおせち料理、ひな祭りや七五三などの伝統文化や慣習が候補として想定されそうだ。「新幹線」や「省エネ」など日本が誇る技術力、日本人の美徳や謙譲の精神の具体例なども含めて広く募集したい考えだ。

ふうんなんでもいいわけね。それなら私もというわけで、100は無理だが5つぐらい考えてみた。

(1)談合
和を以て貴しとなすお国柄。1人勝ちは嫌われる。対決や競争は形式として必要だが、それで実際に決めてしまっては角が立つ。ものごとをスムーズに進め、皆が満足するために、関係者があらかじめ打ち合わせておいて、互いに譲り合って利得を適度に配分するのがよい。温かい互助の精神とともに、いくら「決別」しても「撲滅」してもよみがえるしたたかさを兼ね備えているあたり、まさに「日本の真髄」にふさわしい。

(2)美辞麗句
日本が誇るべきものといえば、日本語を欠くことはできない。美しい日本語といえば、美辞麗句。なんだかいいイメージで期待をかきたてつつ、何も言質を与えない手堅さが頼もしい。かつては「前向きに善処いたしたい」でよかったが、今はさらに進化して「しっかり実行してまいりたい」が流行り。戦略に裏打ちされていないので外交の場では通用しないのが玉に瑕だが、だからこそ「日本の真髄」なわけで。

(3)妥協
他人と意見が異なることはよくあるが、たいていの場合、原理原則などしょせんは利害の衝突にすぎない。自らの主張に固執して突っ張りあっていては、互いに傷つくしものごとも解決しない。そのためには、何事も極端を避け、互いに譲りあわねば。足して2で割る謙譲の美徳こそが賢者の知恵だ。けんかした相手も謝ってきたら許して迎え入れるべきだし、名をとったら実を譲ってやるし。

(4)先送り
時はすべてを解決する。困ったときは時に解決を任せよう。「果報は寝て待て」というではないか。待っているうちに勝手に解決すればそれでよし、解決しなくてもいい。「すべて自分が」とでしゃばらず、大きな課題は残しておいて後任者に華を持たせるのも美徳の1つ。実際、全部自分でやろうとしてもどうせできないのだし、後任者がちがう意見ならその時点で反故にすればいいし。

(5)忘却
日本人の最終兵器はこれ。人の噂も75日。何があってもたいていのものは数ヶ月、長くても数年で忘れられる。たいていのものごとは、つきつめればたいていの人にとってどうでもいいことなのだ。どんなミスも犯罪も、しばらくたてば「そんなのもあったよねぇ」程度の扱いになる。思い出はすべからく美しいのだ。「美辞麗句」および「先送り」と組み合わせて使うとさらに効果が高い。

他にもたくさんありそうだが、まあこのへんで。

※2007/1/2追記
Bewaad Institute@Kasumigaseki「日本の真髄3選」は要チェック。私のよりはるかにブラックで奥が深い。

|

« やり残していないか | Main | 商人の「分」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「美しい国」の真髄5選:

» [joke][politics]日本の真髄3選 [bewaad institute@kasumigaseki]
山口浩さんからは天下り問題についての示唆に富むエントリをお寄せいただいているのですが、そちらへの対応を差し置いて別のネタに食いついてしまいます。 今年から、「美しい国」作りのアイデアを国民から募集するプロジェクトが始まるらしい。2006年12月31日付の讀賣新聞に出ていたのだが、「首相がイメージする『美しい国』に、具体的なイメージがわかないとの指摘も多く、コンクールなどを通じて国民から直接アイデアを募ろう... [Read More]

Tracked on January 02, 2007 12:10 AM

» [雑記][思考]日本の真髄1選 [メドドダマ]
どうやら「今年から、「美しい国」作りのアイデアを国民から募集するプロジェクトが始まるらしい」そう(H-Yamaguchi.net: 「美しい国」の真髄5選より。当該エントリには、山口浩さんが考えた「美しい国」の真髄5選が)。で、私も市井のbloggerらしくネタっぽいのを1つ書... [Read More]

Tracked on January 02, 2007 03:31 AM

» 日本の真髄 [Baatarismの溜息通信]
Hiroshi Yamaguchiさんやbewaadさんに影響されて、僕もいくつか考えてみました。 なんだかお二人よりもブラックになってしまった気もしますが。w H-Yamaguchi.net: 「美しい国」の真髄5選 日本の真髄3選 - bewaad institute@kasumigaseki(2007-01-02) 憲法九条 1948年に日... [Read More]

Tracked on January 03, 2007 12:50 PM

» 美しい国「日本の真髄5選」 [biaslookの日記]
安倍首相の肝いりにより、「美しい国」作りのための具体的政策を一般国民から近々募集するらしい。 ネットでもアルファブロガーの方々が真摯なる提言を上げておられる。 「美しい国」の真髄5選(@H-Yamaguchi.net) 日本の真髄3選(bewaad institute@kasumigaseki) 日本の... [Read More]

Tracked on January 03, 2007 02:59 PM

» 美しい国は憎いし苦痛 [Proving grounds of the mad over logs]
政府の「美しい国づくり政策」および、経団連ビジョン「希望の国、日本」を読んでみた。 お題目としては、 ・日本の自然、... [Read More]

Tracked on January 05, 2007 01:54 AM

» ツンデレに萌える日本的精神は格差社会がお嫌い? [鳥新聞]
H-Yamaguchi.net「美しい国」の真髄5選によると 2006年12月31日付の讀賣新聞に出ていたのだが、「首相がイメージする『美しい国』に、具体的なイメージがわかないとの指摘も多く、コンクールなどを通じて国民から直接アイデアを募ろ... [Read More]

Tracked on January 09, 2007 01:21 AM

» 「美しい国」のイメージ募集 [Tomorrow is Another Happy]
山口浩さんのエントリー「美しい国」の真髄5選に爆笑した。 今年から、「美しい国」作りのアイデアを国民から募集するプロジェクトが始まるらしい。2006年12月31日付の讀賣新聞に出ていたのだが、「首相がイメージする... [Read More]

Tracked on January 12, 2007 03:13 PM

» 美しい国の美しい国際平和活動? [平和への結集第2ブログ]
自衛隊は、イラクで、武装米兵の輸送といった戦争行為をすでに行っています(京都新聞2004年4月8日付けなど)。 Flashアニメのお持ち帰り方法・貼り方 NHKなどでは、陸上自衛隊によるイラクでの「給水活動」の様子をこれでもか、というほど放映していましたが、輸送機..... [Read More]

Tracked on April 12, 2007 01:24 PM

« やり残していないか | Main | 商人の「分」 »