« 「ホットジャパン」よ永遠に | Main | ワンフレーズの効用、再び »

January 07, 2007

学生のエッセイ その5

先日に引き続き、ゼミ選考のために集めた学生のエッセイ第5弾。今回は耳より情報…?を2つ。

まずは1つめ。


私の好きな「ピザまん」

by ピヨ'PIYO'ピヨ彦

ペンネーム:ピヨ'PIYO'ピヨ彦の「食」に関するブログは、私の好きな「ピザまん」を調べることです。ちなみに「ピザまん」とはWikipediaによると「肉まんの具をトマトケチャップで味付けし、中にチーズを入れたものが多い。本来のピザとは異なる味。」らしいです。自分は肉まん+チーズ+ケチャップとは思わないんだが・・・

今回は自分が良く行くコンビニ四つのピザまんを食べ比べ、BEST OF ピザまんを決めてやろうと思います!

その四つのコンビには「セブンイレブン」、「ファミリーマート」、「ローソン」、「サークルKサンクス」です。ちなみに店舗数は前から11,310店、 6,839店、 8,336店 、6,300店と、一番多いのがセブンイレブンで、一番少ないのがサークルKサンクスでした。

市場シェアは2004年度のものになってしまいますがこちらにあるように一位はダントツでセブンイレブンで、他の三つが同じくらいといった感じでした。
 
この情報を踏まえるとやはり一位はセブンイレブンになってしまうのか・・・

では調査のほうに行きたいと思います。

ここからは友達のタクルルにも協力してもらいます!!

まずはファミリーマート。

piyo :おいしさ3 もっちり感4 タクルル:おいしさ3 もっちり感4

感想-皮の生地は黄色、ピザまんという感じ丸出し。特徴はピーマンが入っていて、味はピザというよりメキシカン系。しかし、味は濃すぎず。もっちり感が強すぎて、ちょっとネチョネチョするのが残念でした。

次はローソン。

piyo:おいしさ3.5 もっちり感3 タクルル:おいしさ4 もっちり感4

感想-皮の生地は黄色、ファミリーマートとかぶってしまう。特徴はコーンが入っていて色鮮やか。サラミが入っていていいアクセントを出している。味はブラックペッパーがピリリと利いていて味も中々濃い目。

そろそろおなかがいっぱいになってきたがサークルKサンクスへ。

piyo:おいしさ5 もっちり感5 タクルル:おいしさ4 もっちり感5

感想-皮の生地は白でスタンダード。しかし中身は見た目とは違うオリジナリティーに溢れたものになっていた。チーズの味が前の二つよりも味が濃く、ソーセージのようなお肉が入っていて食べ応え抜群!味も濃く、育ち盛りの男の子には抜群な受けは予想される。

もうおなかいっぱいというラインを超えた気がしてきたところでセブンイレブンへ。

piyo:おいしさ4 もっちり感5 タクルル:おいしさ5 もっちり感4

感想-皮の生地は白。特徴はマッシュルームが入っている。ケチャップの味が強く一番ピザに近い。皮はどのピザまんよりも食べ応えあり。具は少なく、味に飽きがくるのが欠点。

これらの調査の結果、二人の意見は、なんとサークルKサンクスが「ピザまん王」だと一致しました。一番店舗数も少なく、シェアもセブンイレブンに負けているのにこの勝利はすばらしいと思いました。

四つのピザまんを食べて思ったことは、どのピザまんにも店のオリジナリティー(色、具など)に力を入れていると思ったが、まだどのピザまんにも改善の余地があると思いました。例えば、変わった食感が欲しいので、油で揚げて「揚げピザまん」略して「アゲマン!!」。なぜか名前的にも男の人は食いつきそうな感じがします。しかし、「ピザまん」は女性には受けが悪いと思うのでそこらへんも改善できたらピザまん界に革命、GMS的に言うとピザまん2,0になることが出来ると思います。

これでピザまん調査は終わりになってしまいますが、私のピザまんへの愛情は消えることないでしょう!!

スペシャルサンクス Takururu and Noguccyan

よほどピザまんが好きらしい。確かに、ピザまんは、コンビニ商品比較では比較的定番といえるかもしれないから、まずは手堅い選択といえよう。とはいえ、評点項目が「おいしさ」と「もっちり感」のみであった点ついては、全国1億3千万人(!)の中華まんフリークの皆さんから不満の声が上がるかもしれない。色や形、香りといった標準的なあたりだけでなく、持ったときのほかほか感やずっしり感、肉汁じゅわっと感や皮と中身のバランスに至るまで、マニアックな採点の妙を楽しみたい方も少なくないだろうからだ。

挙げられた4つのコンビ二のサイトをみると、確かにサークルKサンクスは、中華まんに力を入れている方に入るだろう。そもそも業界最大手であるセブンイレブンのサイトには中華まんのページがないから論外として、他の3社のページを比較するとこう。
サークルKサンクス
ローソン
ファミリーマート
品揃えからいうと、ファミリーマートもなかなかのものと思うが、やはり「いかすみ海鮮まん」「ゴロッと角煮まん」「ホワイトカレーまん」に「ポリンまん」まで取り揃えるサークルKサンクスにはかなわない。これもランチェスター戦略、だな。今回のピヨ'PIYO'ピヨ彦さんの調査により、味の点でもサークルKサンクスに軍配が上がったということになろうか。しかし何だな、もしポリンまんが受けたら、今後「キャラクターまん」の市場が拡大するかもしれないな。となると、本命はやはりアレだろう。となると、「まん」を重ねるのか重ねないのかが悩みどころではないだろうか。

肉まん系といえば、個人的には神楽坂の五十番あたりをお勧めたいところだが、残念ながらピザまんがないので、豚まんの老舗、大阪の蓬莱本館からピザまんを。キャッチフレーズは「ブタマンイタリアーノ」!タバスコとかかけたりするんだろうか。Buon Appetito!

ご提案の「揚げ」に関しては、全国各地に「揚げまんじゅう」なる菓子が存在するので、それとの競合関係が問題となろうか。山口的には断然、目黒の御門屋なんだが。

それにしても、スペシャルサンクスに登場する「Noguccyan」さん。本文に登場しないが、いったいどんな協力を。


続いて2つめ。

「食べ合わせ」について
by 足首おじさん
最近私がインターネットやテレビなどを見ていてすごく興味深かった「食べ合わせ」についていくつかご紹介したいと思います。
まず昔から言われているものから検証していきましょう。まずは「鰻と梅干」からです。この言い伝えには諸説ありますが、うなぎの脂っこさと梅干の強い酸味が刺激しあい消化不良を招くこともありますが、過剰摂取しなければ大丈夫なようです。
次に「天ぷらとスイカ」です。これはスイカに含まれる多量の水分が胃酸を薄めてしまい、その結果、油ものなどを十分に消化しきれないので胃が弱っているときや、元々弱い人は避けたほうがよさそうです。ですが、これもとり過ぎなければOKなようです。つまり何でも取りすぎなければ大体大丈夫というあっけない結果でした。
しかしこれらよりもっと重要な組み合わせがあったのです。それはお互いがお互いの栄養を破壊してしまうという何とも、もったいない組み合わせです。それは「トマトときゅうり」です。サラダなどでは定番のごとくついてくる彼らがなんとお互いのいいところを潰しあってるというではないですか!!トマトには、がん、脳卒中、心臓疾患などを阻止してくれるビタミンCが豊富に含まれてます。しかし、きゅうりにはビタミンCを壊すアスコルビナーゼという厄介な成分が含まれているのです!!!だからといって諦めてはいけません。どうしても「トマトときゅうり」を一緒に食べたいという方は、サラダにお酢を加えてください。そうすると、アスコルビナーゼの働きを抑えてくれます。他にも「なすの漬物と冷たいそば」(これはどちらとも体冷やすので下痢などを起こすことも・・・)「砂糖と油」(最も太る組み合わせ・・)などたくさんあるので注意しましょう。
あまり悪い組み合わせばっかりではあれなので、よい組み合わせもお教えしましょう。
まずは「豆腐とかつお節」です。豆腐にかつお節の組み合わせは、旨味をプラスだけでなく、体にも効果があります。豆腐には、タンパク質やカルシウムが豊富に含まれていて、それに加えかつお節が豆腐だけでは不足している必須アミノ酸を補い、さらにビタミンDが、カルシウムの吸収率をさらにアップさせてくれます。他にもかつお節には、美容や疲労回復に効果のあるイノシン酸やペプチドなども含まれているので、女性の方はぜひお試しを。
次はただ合うからだと思っていた「とんかつとキャベツ」です。この食べ合わせは老化防止や疲労回復に効果があります。キャベツに多く含まれる食物繊維が、とんかつの油分の吸収を抑制し、その毒を取り除いてくれます。また、とんかつは高カロリーですが、キャベツにはカロリーを燃やす働きもあります。定番の組み合わせですが、きちんと意味があるうえで出されていたのです。
ではそろそろ今回私が独自に調べた結果についてまとめたいと思います。
結果:古くから伝わる食べてはいけない組み合わせは、基本的に良くはないが食べ過ぎなきゃ大丈夫なので、記憶の片隅にでも入れといてください。
それより、栄養を上手に摂取できる組み合わせの方が覚えておいて損はないと思います。以上が今回の「食べ合わせ」というテーマでした。

「足首おじさん」。実に姿が想像しにくいが、まあそれはおいといて。食べ合わせについての情報はまあよくあるやつだ。トマトときゅうりについては、知ってる人も多いんだろうけど、私は知らなかった。サラダの定番コンビではないか。酢かぁ。なんかピンとこないが、お料理名人の方、いい料理があるんだろうか。「豆腐と鰹節」はこれまた定番だが、こちらは相性もぴったりというわけね。いやよかったよかった、と思いかけたがちょっと待て。豆腐と鰹節だけで食べる人はいない。しょうゆをかけるじゃないかしょうゆを。しょうゆも合わせた食べ合わせはいったいどうなんだ?さらにいえば、食事はこれだけじゃない。ご飯も味噌汁もあるじゃないか。全部合わせた食べ合わせがわかんないと意味ないじゃんか。そこんとこどーなんよえぇ!?

などと学生相手にすごんでもしかたがないか。ご存知の方ぜひご教示いただければ。

「とんかつとキャベツ」といえば、欠かせないのはとんかつソース。なぜか関西方面の製品が多い。で、これまたなぜか、レトロな名前が多い。昔からあるからなんだろうけど。こちらも伝統の一品、星トンボのとんかつソース。

|

« 「ホットジャパン」よ永遠に | Main | ワンフレーズの効用、再び »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 学生のエッセイ その5:

» ピザハットのチージーロール [グルメルーム]
 最近「Pizza Hut」の「チージーロール」がテレビコマーシャルでよく出てきますね。そう、ピザの耳の部分にチーズが詰まっているやつです。 チーズ大好き、ピザ大好きの私にとっては一度は食べてみたい商品です。 しかし、私の住まいは宅配区域外で注文ができません。 あの耳の部分は美味しいのかどうか、食べたことある方教えてください。... [Read More]

Tracked on January 07, 2007 04:20 PM

« 「ホットジャパン」よ永遠に | Main | ワンフレーズの効用、再び »