« 藤本徹著「シリアスゲーム―教育・社会に役立つデジタルゲーム」 | Main | 地方分権時代の「市場万能型」リスク管理手法について »

「情報社会論―超効率主義社会の構図」

加納 寛子編著「情報社会論―超効率主義社会の構図」、北大路書房、2007年。

これだけ見るとわからないだろうが、私も一応共著者になっている。


私が書いたのは第4章「Webコンテンツ産業の経済」というところ。基本的には学部向け教科書を意図したものと思うので、その道に詳しいであろうブロガーの皆さんには「なにをいまさら」みたいなところもあるかもしれないが、そもそもそういうものだということで。あ、あと、一部だがゲーム内経済学を取り上げていて、「貿易としてのRMT」みたいな話も出ているのだが、これは少なくともこの種の日本語テキストとしては初、ではないかと思う。

著者は、編者でもある山形大学学術情報基盤センター助教授の加納寛子さん、愛知工業大学工学部助教授の菱田隆彰さん、山口の3人。

構成はこんな感じ。

第1章 情報社会の進展に伴う社会構造の変化
 バーチャル版ムラ社会の誕生
 情報発信者の多様化
 情報発信者の多様化に伴う情報の価格破壊

第2章 情報社会の進展に伴う社会構造の危機
 景気回復は国民生活に反映しているか?
 ネットワークの危機
 情報社会の進展に伴う社会構造の危機への対応

第3章 Webコンテンツの変遷とゆくえ(ブログ・SNS・Web2.0)
 Webコンテンツの変遷
 コンテンツ管理の自動化が進む現在
 広がりゆくWeb2.0の世界

第4章 Webコンテンツ産業の経済
 日本のWebコンテンツ産業
 各国のWebコンテンツ産業の概況
 Webコンテンツ産業をめぐる諸課題

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7022/14097113

Listed below are links to weblogs that reference 「情報社会論―超効率主義社会の構図」:

» 第85回目はネットのお役立ち情報~時速1万キロ [INTER-WEB]
「INTER-GATE」運営事務局です。最近金属が盗まれていますが、こんなサイト... [Read More]

Tracked on March 07, 2007 at 09:04 AM

Comments

セブンアンドワイの
本 > 法律、社会 > 社会学 > 現代社会
の 売れ筋順 で,662件中,現在売り上げ ナンバーワンのようですね.いつまで続くのでしょうか.

http://www.7andy.jp/books/law_and_society/sociology/301006/

ただし,アマゾンの方はあまり売れていないようですね.

H-Yamaguchiさんは,
もくじ
http://www.kitaohji.com/books/mokuji/m2539.html
の,Webコンテンツ産業の経済 を担当されていますね.

Posted by: k | March 05, 2007 at 02:23 PM

kさん、コメントありがとうございます。
セブンアンドワイではもう1位ではないようですね。まあ売れ筋を予定する類の本ではないと思います。本文に書いたとおり、私の担当は第4章です。

Posted by: 山口 浩 | March 05, 2007 at 10:52 PM

Post a comment