« 週刊朝日にインタビューが出てる件 | Main | 公開講座「『娯楽』を越えて―進化するコンピュータゲームの世界」 »

家庭教師募集!された話

職業柄いろいろな大学に出入りするが、大学の門の近くを歩いていると、いろいろなものを配っていて、いやおうなく受け取るはめになることが多い。ティッシュやら情報誌やらといったものやノベルティグッズのたぐいなんかもあるが、一番多いのはチラシだ。美容室やらレストランやらならまだわかるが、卒業旅行やらリクルートスーツやらまで渡そうとするから、顔見て渡せよ、といいたくなることがしばしばある。

今回もその例ではあるんだが、妙に考えさせられちゃったりしたもんだから。

今回もらったのは「家庭教師のトライ」。でかでかと「家庭教師募集!」とある。ふうん募集してるのか。女優の井上真央が「私は、トライの生徒でした。」とにっこりしている。「4時間18,000円の超高収入も可!」とも。おおけっこういいではないか、なんてつい身を乗り出してしまう。いろいろ書いてあるのだが、「その気」で眺めていると、なんとも「魅力的」に見えてきて、応募してみようかなんていう妄想が走り出す。

未経験でもOK!
教材や指導方法で、あなたをバッチリ、フォローします。本部のサポート体制があるから、トライの生徒の94%が成績アップ。だから未経験の方でも安心!

いやよかった未経験でもいいのか。実は私は大学生のころに一度だけ家庭教師をやったら当たった生徒が某大手暴走族のメンバーで、1ヶ月で逃げ出したという挫折経験があるんだが、それでもいいのだろうか。ありがたやありがたや。

プライベートとの両立OK!
授業、サークル活動と、何かと忙しい大学生活。勤務時間、時間、曜日など、あなたの条件にあった生徒を紹介できます。

そうか「授業」とも両立OKなのか。確かに授業も増えてきたし、「大学生活」も忙しくなってきたなぁ。しかし探せば空いた時間もあるかもしれない。「条件にあった生徒」が見つかるかな。

教えた分だけ昇給OK!
がんばった分だけ、報酬アップ。指導期間や指導実績に応じて、随時昇給できます。めざせ、高収入!

やった!「報酬アップ」も可能なのか。「4時間18,000円」よりもアップしちゃったりするんだろうか。いいじゃんいいじゃん「めざせ、高収入!」 いいぞいいぞがんばっちゃうぞめざしちゃうぞ。

好きな科目が選べる
得意科目なら、はじめやすい!教えたい教科が自由に選べます。

おお「自由」に選べるのかこれはありがたい。ええと「教えたい教科」は、そうだな、今担当してる「コンテンツファイナンス」とかがいいかな。準備の手間が省けるし。いやそれとも、来年度の準備も兼ねて「統合リスクマネジメント」がいいかも。

好きな場所が選べる
自宅や大学などの最寄り駅から徒歩10分以内で自由に選べます。

おおこれも便利。ただ、私の本務先は最寄り駅から徒歩10分以内にはないのだ。少し遠くなるのかなぁ。

自宅・大学近くで勤務OK!
新年度の生徒入会者急増中につき、全エリアで即日紹介可能。自宅や大学近くで高収入が稼げます。

おお景気いいじゃん。しかしこのチラシ、きっと「新年度」開始のかなり前に印刷してるにちがいないと思うんだが、「急増中」って、なんかアレっぽくないか?そういう目で見てみると、「入会者急増中」「即日紹介可能」「高収入」なんていうキーワードは、どうもそっち系っぽいイメージが漂っちゃったりもしてくる。大丈夫か?

好きな学年が選べる
小学生から中学生、高校生まで条件にあった生徒を紹介します。

うーんここがネックだなぁ。小中高ねぇ。大学生は紹介してくれないのかなぁ。…ムリか。というか、大学教員が大学生の家庭教師やっちゃまずいよなぁ。いやそもそも高校生の家庭教師はもっとまずいだろうし。自分が小学生だったころは、小学校の先生がやってる学習塾に通ったりしてたけどなぁ。今は厳しいからなぁ。残るは小中かぁ。うーん…

…ここらでだんだん意識が現実に戻ってくる。そもそもこの広告に目を奪われてしまったのは、「4時間18,000円」のせいだ。時給にして4,500円。全部の家庭教師がそうだということはないんだろうけど、この水準なら、大学の非常勤講師とあんまり変わんないじゃん。それにトライは「本部のサポート体制」があって、きっと教材なんかもできてるものがあるんだろうが、大学の非常勤だったら1から自分で作らないといけないし、準備だって時間かかるし。そういうのを全部含めたら、時給は大学の非常勤講師のほうがきっと低くなるんじゃないかと思う。

このあたり、他人事とはいえないことなんであまり突っ込めないが、やはりどう考えても、大学の非常勤講師の給与は低すぎる。あれは別に常勤の仕事をもっている人を前提とした水準ではなかろうか。小中高にも非常勤があって、そちらもたいへんだという話は聞くが、大学の場合でも、非常勤だけで暮らそうとすると絶対たいへんだろう。自分が左右できる部分はあまりない領域なんだが、不合理な状況が少しでも減ればいいな、と思う。

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7022/14852644

Listed below are links to weblogs that reference 家庭教師募集!された話:

» 家庭教師(かていきょうし) 家庭教師(かていきょうし)ニュース [家庭教師(かていきょうし) 家庭教師(かていきょうし)ニュース]
家庭教師(かていきょうし)とは、主に小学生から高校生に対して、家庭で勉強を教える私教師である。国家資格ではない。学習塾などと同様に、学校の授業の不足を補ったり、受験勉強を指導して志望校に合格させたりするために依頼されることが多い。 大学生や社会人が学業・本業の傍らにアルバイトで行なう場合もあれば、職業として専業(プロ家庭教師)の場合もある。... [Read More]

Tracked on April 28, 2007 at 11:11 AM

» 自己PRする大学生 [非日乗的日乗inowe社長blog]
このところ時節柄でしょうが、目障り耳障りなのが教育産業の宣伝でございます。テレビの歌番組でジャーニーズ系の兄ちゃんが歌っていると「うむむ、どっかで聴いたことあるなあ」と思っておりますと今度中学生になる愚息が「あっ進研ゼミや」と呟く。確かに福武書店(古いな..... [Read More]

Tracked on April 28, 2007 at 03:23 PM

Comments

山口さん お若いから学生と見間違えられたのか、相手は早く配布し終えれば仕事完了かどちらかでしょうね。

それにしても家庭教師の募集要項・・美味しすぎませんか何か学生を落とし込むワナでもありそうな、そんな気がしちゃいますよ。

Posted by: west side | April 28, 2007 at 05:46 PM

west sideさん、コメントありがとうございます。
まあ、アルバイトの募集というのはたいてい実際より「美しく」書いてあるものですよね。というか、正社員の募集でもそうだと思いませんか?会社にいるころ、リクルーターをやっていて、学生さんたちに自社の「すばらしさ」を伝えようといろいろがんばってもつい「実像」をぽろりと語ってしまっていたことを思い出します。

Posted by: 山口 浩 | April 29, 2007 at 01:52 AM

Post a comment