« 街角でパンをくわえた人に出会った話 | Main | これはイタい。あまりに、イタい。 »

June 06, 2007

アマゾン的には「グーグルゾン」は「アマグル」であるべきらしい、という話

小ネタ。アマゾンジャパンの方とお話をする機会があったのだが、例のEPIC2014の話が出たので、前から聞いてみたかったことを聞いてみた。「アマゾン的にはあれをどう考えてるんですか?」と。

もちろんマジなお答えもあったのだが、それ以上に印象的だったのは、最初のひとこと。「あれって『アマグル』のほうがいいんじゃないかって思う」と。

「グーグルゾン」だとなんか不公平と感じるらしい。「グーグル」は社名が全部入ってるのに「アマゾン」は後半しか入ってないし。だったら「グーゾン」もあるよなとか思わなくもない。バランス感覚的に、どちらが先かといえばグーグルが先、というご意見のほうが多そうな気がするし。

それでも「アマグル」がいいというのは、まあ率直な愛社精神なのかなと思っていたら、そればかりでもなかったらしい。「だって『アマグル』ってなんか『甘栗』みたいでいいじゃないですか」と。

うむそれなら許せる。自他共に認める天津甘栗フリークの私としては、確かに「アマグル」のほうが「グーゾン」より37000倍ぐらい好ましい語感だ。どなたか「EPIC2017」とか作るつもりがあるなら、ぜひ「アマグル」で。

ちょっとだけマジな話。グーグルとアマゾンのどっちが革新的とかえらいとか、そういう話をしてもあまり意味がないのだが、アマゾンという会社が、ネットビジネスとしてのメリットを享受しつつ、同時に巨大な「リアル」の物流企業としての力も備えているという事実は、けっこうすごいことなんじゃないかと思う。

という流れでなんだか天津甘栗を食べたくなった方。アマゾンで買えないのは残念だが。どーんと1キロ、横浜中華街から直送!

甘栗をたくさん食べると皮むきで爪が痛くなるのが悩みの種。ツウな「アマグリスト」なら必携の「くりわり君」。実はこれ、けっこう消耗品だったりする。予備も含めて買うのが正解。

|

« 街角でパンをくわえた人に出会った話 | Main | これはイタい。あまりに、イタい。 »

Comments

"早慶戦"を、慶応関係者は、"慶早戦" というのと
同じですねぇ...

探してみると、いろいろあるかもしれないですね。
例えば、合併した都市銀行とか。

日本語表記だと、

三井住友銀行だけれど、

英語表記だと、

Sumitomo Mitsui Banking Corporation

とか。3つバージョンもありますね。
東京三菱が、三菱東京UFJ になったのとか。

なんか、名前の順番は、力関係を示している
のでしょうかね?
だれか研究した人いるのでしょうか?

と、つまらない疑問がフツフツと沸き上がる...

Posted by: ひろん | June 07, 2007 09:24 AM

アマグル、既出だったりします。
Amagle: Amazon.co.jp Search Engine
http://www.amagle.com/

Posted by: アリー | June 07, 2007 12:59 PM

コメントありがとうございます。

ひろんさん
まあ基本的には力関係なんでしょう。今回面白かったのは、「甘栗」に似てる、という選択基準です。これは思いつかないですよねふつう。

アリーさん
お知らせありがとうございます。アマゾンジャパンの方もご存知なかったようです。ただ、先方も「勝手に使ってる」類のようですので、もし「本家」たるアマゾンが「アマグル」となった暁には、快く譲ってくれるのではないでしょうか。

Posted by: 山口 浩 | June 08, 2007 07:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アマゾン的には「グーグルゾン」は「アマグル」であるべきらしい、という話:

« 街角でパンをくわえた人に出会った話 | Main | これはイタい。あまりに、イタい。 »