« 「立候補依存症」について | Main | Financial Timesが予測市場を始めた »

July 15, 2007

参院選予測市場:07/07/15時点

参院選予測市場の情報アップデート。2007年7月15日約午前1時30分時点で、与党は62.00、野党は59.00、と表記されている。グラフはこんな感じ。
Pmsan070715

直近のグラフは以下のURLで取得できる。
http://sangi.in/pm/BrandChartOut

ただし、板情報をみると、与党55.01-62.90、野党59.00-63.00となっている。いわゆる「工作員」的な動きは今のところ収まっている。「資金」が尽きたか、飽きたか。また新しいアカウントで入ってくる可能性もあるが、ある程度の流動性が確保されている限り「餌食」にしかならない。価格表示欄では与党のほうが高くなっているが、ビッドとアスクの平均でみると、与党は58.955、野党は61.00となっている。現時点では与党のスプレッドのほうがやや大きめ。

ちなみに、改選後議席で与党が過半数を占めるには与党計で64議席だか62議席だか(移る人が2人くらいいるとかいう記事をどこかで読んだ)をとらなければならない。

以下はYahoo!ニュースに出ている参院選関連記事、7月14日分の見出し。

- <参院選ネット調査>「自民に好感」の2割、民主に流れる(毎日新聞) (14日23時53分)
- 民主の新年金制度批判 街頭演説で安倍首相(産経新聞) (14日23時30分)
- <参院選>森元首相、小沢代表の政界再編言及を批判 (毎日新聞) (14日23時28分)
- 参院選挙公約、民主党に高評価…読売ネットモニター調査(読売新聞) (14日23時17分)
- <参院選候補者アンケ>領収書添付、自民の36%「不十分」(毎日新聞) (14日23時14分)
- 「党首、傘で見えません」公示後初の週末、選挙戦雨に泣く(読売新聞) (14日22時52分)
- <参院選>台風にお手上げ 「街頭には有権者がいない」(毎日新聞) (14日22時41分)
- 年金争点、雨中の舌戦=公示後最初の週末-与野党(時事通信) (14日21時0分)
- <安倍首相>乗った車に警察車両追突 けがなく遊説続ける(毎日新聞) (14日19時39分)
- 首相車列で接触事故=けが人は出ず(時事通信) (14日19時1分)
- 週末台風 生活を痛撃 九州上陸 連休出ばなくじかれ 小倉競馬や夏祭り中止(西日本新聞) (14日17時7分)
- 週末台風暮らし痛撃 九州上陸 行楽施設は閑散 アビスパ戦、祭り中止(西日本新聞) (14日17時7分)
- 【07夏党首走る】小沢一郎・民主党代表 したたる汗ぬぐい「川上」へ(産経新聞) (14日16時2分)
- 民主15%、自民10%=無党派層、参院比例の投票先-時事世論調査(時事通信) (14日15時1分)
- 遊説や応援演説中止 陣営「時間惜しいが…」 街閑散選挙戦まひ 台風4号(西日本新聞) (14日13時46分)
- <議員インターンシップ>若者、政治活動体験 関心も高まる(毎日新聞) (14日12時41分)
- 横峯氏台風に負けず改革を叫ぶ(スポーツ報知) (14日8時6分)
- 丸山氏 リア・ディゾンと合体計画(スポーツ報知) (14日8時6分)
- 日米防衛相電話会談 小池氏8月にも訪米へ(産経新聞) (14日8時1分)
- 「消えた年金」 記録訂正15件認定 第三者委、初の判断(産経新聞) (14日8時0分)
- 期日前投票、1000万人到達も=選挙結果に影響-与野党が注視(時事通信) (14日7時1分)
- フジモリ候補インタビュー「第三者によって潔白証明」(産経新聞) (14日6時30分)
- 町村部での投票先、民主が自民上回る…読売継続調査(読売新聞) (14日0時37分)

|

« 「立候補依存症」について | Main | Financial Timesが予測市場を始めた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 参院選予測市場:07/07/15時点:

» 年金記録 首相発言、答弁書と食い違い 5000万件照合 システム開発 [ニュース(NEWS)24H]
基礎年金番号に未統合の5000万件と受給者・加入者の記録との照合に必要なシステム開発のスケジュールについて17日、安倍晋三首相の発言と政府答弁書との矛盾が発覚した。民主党は「首相はできもしないことを約束したことになる」と反発している。政府は17日、システム開発時期について、「詳細を検討しており、現時点で回答するのは困難」との答弁書を閣議決定した。民主党議員の質問主意書への回答。しかし、安倍首相は5日の記者会見では、「専門家に�... [Read More]

Tracked on July 18, 2007 10:58 PM

« 「立候補依存症」について | Main | Financial Timesが予測市場を始めた »