« 参院選予測市場:07/07/28時点 | Main | 参院選予測市場:07/07/29時点 »

July 29, 2007

岡田斗司夫著「『世界征服』は可能か?」

岡田斗司夫著「『世界征服』は可能か?」ちくまプリマー新書、2007年。

いやこれ好きだわ。面白い!

職業柄いろいろな人に会ったり話したりするわけだが、実際に「世界を征服したい」と考えている人に会ったことはない・・・いや、なかった。つい最近までは。いたのだ。「目標は世界を征服すること」と語る人が。それも私の職場の学生に。

残念ながら私はこれまで、世界を征服したいと思ったことはない。だってたいへんそうじゃん?なので、「世界を征服するためにはどうしたらいいか」なんて考えたこともない。当然、困るわけだ。私も一応教員なわけで、学生の役に立ちたいと思うではないか。しかしいったい、世界を征服したいと語る学生に対して私に何がいえるだろう。世界征服の野望も知恵も能力もない私に。これ、ここ数ヶ月の悩みだったのだ。いやほんとに。

というわけで、この本の出版はまさに天恵。なんたって帯に「初の世界征服学!」とある。

誰もが一度は夢見た「世界征服」!
まず征服の目的を確定し、組織の人材確保、資金調達、設備投資、作戦と武装、部下の管理、後継者問題まで、実社会で実践するための方法論を、大真面目に検証!

だって。いやー助かった。これだけ網羅してあれば安心。一から考えないですむのはありがたい。件の学生には、「まずこの本を読むといい」と勧めよう。この本を読めば、世界征服のために支配者たらんとする者が学ぶべきことがわかる。世界征服を目指す悪の組織のリーダーたるためには、並の指導者よりはるかに優れた資質が必要だ。自然科学、社会科学、人文科学の知識、人材把握のノウハウ、リーダーシップ、危機に動じない胆力、大胆さと慎重さ、部下をふるえ上がらせるこわさと「守ってあげたい」と思わせる魅力、そして何より「この人ならできるかも」というカリスマも持っていなければ。学ぶべきことは多い。寸暇を惜しんで学んでいただきたい。

本書には、古今のさまざまなマンガ、アニメ等に登場する「世界征服をめざす悪の組織」が例として取り上げられ、分析されている。このへんのヲタ知識全開ぶりは、事情に詳しい方にはさぞかし楽しかろう。

ただ、少なくとも一部の内容については不満もある。たとえば本書の中で「ガミラス人」を「他の『人類絶滅』をスローガンにしている悪の帝国などとは比べものにならないくらいほど論理的・知的」と評価し、ガミラスの地球侵略作戦を「ほぼ満点の出来」と賞賛してるのだが、遊星爆弾をけちって完全に人類を滅ぼさなかった点、その後も敵情分析を怠り「戦力の逐次投入」を繰り返したことなど、戦略家としての能力には正直疑問符をつけるべきだと思う。

ともあれ、「世界征服」というテーマに関してここまでつきつめたのは本書が初めてだろう。もし私の職場で「世界征服学」が開講されるなら、ぜひ三顧の礼をもって岡田氏を講師にお迎えしたいところ。現段階ではカリキュラムを動かせないのがなんとも残念なんだが。私はせいぜい、悪の組織における悪事の正味現在価値分析とか、悪の組織向きの資金調達スキームとかでも考えてみるとするか。

全国8600万人(何の根拠が)の「世界征服志望者および元世界征服志望者」の皆さんにお勧め。

根っから小物の私としては、悪の組織でもどちらかというとやはり「現場」を連想してしまう。このジャンルでは特に「ショッカー」がクリエーター魂をくすぐるのか、いろいろなのがあって、支配者にはどうも感情移入できない私も心動かされる。だいぶ前に見た「仮面ライダーになりたかった戦闘員」とか、YouTubeにも上がってるいろいろとか。

世界の支配者は、実力だけでなれるものでもなかろう。仮になれなかったとしても、人生が終わるわけではない。将来の不確実性に対してフレキシブルでいること。まず自分でできる部分で行動してみること。そういうアプローチも重要ではないかと思う。世の中には、世界の支配者になるよりも楽しい仕事はたくさんある、かもしれないのだ。
こちらの方の本↓でそんなことを学ぶのも悪くない。併せて読んでみるといいのではないか。

|

« 参院選予測市場:07/07/28時点 | Main | 参院選予測市場:07/07/29時点 »

Comments

私も、読みましたよ、これ。面白かったです。

> 私はせいぜい、悪の組織における悪事の正味現在
> 価値分析とか、悪の組織向きの資金調達スキーム
> とかでも考えてみるとするか。

ぜひ、お願いします!

新兵器の開発とか秘密基地の維持管理には、莫大な
費用が掛かるハズだけれども、いったいどうやって
資金調達しているのか、いつも疑問に思っています。

悪の組織に出資している、ファンドとかあるのでし
ょうか?リターンは、どのくらいなんでしょうか?

あと、スタートレック(ファーストコンタクトだった
かな?失念)で、"新しい経済" で、エンタープライズ
号の建造、探検の費用をまかなっている、というよう
な発言を、ピカード船長がしていたような気がしま
すが、そのあたりの詳細も、知りたいところです。

Posted by: ひろん | July 29, 2007 09:25 AM

ひろんさん、コメントありがとうございます。
悪の組織にも投資家がいて、今期は業績が悪い!とかいってるのかもしれません。現実にいそうでなんかこわいですね。
スタートレックにおける経済観はかなり独特らしいですね。私は詳しくないのですが、ぜひ知りたいです。

Posted by: 山口 浩 | July 30, 2007 10:55 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 岡田斗司夫著「『世界征服』は可能か?」:

» 書評 - 「世界征服」は可能か? [404 Blog Not Found]
間違いなく、岡田斗司夫の多方面にわたる作品の中でも最高傑作。 「世界征服」は可能か? 岡田斗司夫 いや、それどころか本書以前の岡田斗司夫作品は、本書の下書きにすぎない。「僕たちの洗脳社会」や「フロン」という書籍だけではなく、「王立宇宙軍」や「ナディ...... [Read More]

Tracked on July 29, 2007 01:55 AM

» 「世界征服」は可能か? [義勇]
「世界征服」は可能か? (ちくまプリマー新書 61) まじめに世界征服について考えてますよこの本は。いやー、あほらしく面白い。アニメに出てくるような悪役はいかに、本気で世界征服なんか考えてないかを語りだしますしね。世界征服するならいったいずつ敵を送り込まんといっ..... [Read More]

Tracked on August 04, 2007 10:23 PM

» 『「世界征服」は可能か?』 岡田斗司夫 [【徒然なるままに・・・】]
『仮面ライダー』や『ドラゴンボール』、『北斗の拳』、『レインボーマン』、『ふしぎの海のナディア』、『デス・ノート』、『バビル2世』、「007」シリーズ等々を引き合いに出しながら、「世界征服」は本当に出来るのか?を大真面目に論じた一冊。 何のために世界征服するのか、世界を征服するとはどういう状況か、世界を征服するとどういう旨みがあるのか、と事細かに論じていくと、結局は歴史の話と政治の話になるわけで、軽~く読める本を探していた人はちょっと当てが外れるかも知れない。 ただ知的好奇心は充分に満たしてくれ... [Read More]

Tracked on August 10, 2007 10:30 PM

« 参院選予測市場:07/07/28時点 | Main | 参院選予測市場:07/07/29時点 »