« 中国版セカンドライフ「HiPiHi」はmixiと連携するかもしれない | Main | AMNのパートナーブログというのになってみた »

August 22, 2007

Lessig教授がポーカーの団体設立に動く理由

ポーカーの教育利用に関する団体が設立されたらしい。ポーカーは戦略的思考を養うのに最適なツールであるため、これを教育的な目的に使っていこうというのが趣旨。その名も「Global Poker Strategic Thinking Society (GPSTS)」。これだけだとへぇそうなの、と片付けられそうだが、旗振り役がHarvard Law SchoolのCharles Nesson教授と聞くと、ん?となる人が出てくるかもしれない。なぜ法学者がポーカー?そりゃ確かに戦略的思考に役立つだろうけどさ、なんでポーカーじゃなきゃいけないの?しかもなんで「グローバル」?というわけだ。さらにアドバイザーとして、Creative Commonsの提唱者として有名なLawrence Lessig教授が就任しているとなると、んんん?となる人がけっこう出てくるのではないかと思う。

ここで問題。いったいなぜ?
ここまでの情報だけでわかった方はなかなか鋭い。

わからなかった方にヒント。主な活動の1つとして、学生による国際的なポーカーの大会を開く計画がある。ポーカーには珍しく団体戦なんだが、キモはオンラインでやること。つまり、オンラインポーカーね。これでピンと来た人もけっこういると思う。

わからない?もう1つだけヒント。この学会の目的について、学会の公式ウェブサイトにはこんな記載がある。

Our goal is to create an open online curriculum centered on poker that will draw the brightest minds together, both from within and outside of the conventional university setting, to promote open education and Internet democracy.

下線部に注目。レッシグ、オンラインポーカー、インターネット・デモクラシー。これでわかった?


では正解。公式ウェブサイトに、Nesson教授のメッセージが載っている。

When Congress passed the Unlawful Internet Gambling Enforcement Act of 2006, effectively banning online poker in the U.S., several Congressmen voting for the bill expressed concern for “the children.”
(中略)
But is poker really something that should be hidden from the view of children?

つまり、ポーカーの教育的価値を追求すること自体はもちろん目的なんだが、その裏には、昨年アメリカで成立した、オンラインギャンブルの規制法(Unlawful Internet Gambling Enforcement Act of 2006)に反対し、インターネット・デモクラシーを守ろうという意図があるわけだ。だから法学者が熱心になるわけだし、Lessig教授が関与してるのもそのため。オフラインのポーカーも守備範囲だけど、オンラインポーカーを含むのは「must」ということになる。グローバルが入ってくるのも同じ理由だろう。

こういうあたり、なんともアメリカらしくて面白い。あてつけみたいに見えなくもないが、決してそういう志の低い理由ということではなさそう。「子どもを守る」と称してなんでも規制すればいいという風潮自体についても、自由を守るという観点から問題意識をもっているのだろう。教育にもちゃんと使えるというあたりをきっちり示そうというわけだ。

世界中のあちこちの大学から照会が入っているそうだが、日本の大学からはまだ来たことがないみたい。日本支部を立ち上げたいそうなので、志のある方はぜひNesson教授にご協力いただければ。日本だと、一番近いのは日本シミュレーション&ゲーミング学会(JASAG)の人たちあたりかな。

(※2007/8/23追記 忘れてた!シリアスゲームにご関心の皆さんもぜひ)

Nesson教授による説明はこちらにも。細かい事情は言ってないけど。

ちなみにこのNesson教授。Harvard Law Schoolでセカンドライフを使った授業をやってるという話を聞いた。この話はこれはこれでまた面白いんだが、また機会を改めて。以上、State of Play V発の情報。

ポーカーといえばトランプ。トランプといえばBicycle。本格派はプラスチックのなんか使っちゃだめ。


|

« 中国版セカンドライフ「HiPiHi」はmixiと連携するかもしれない | Main | AMNのパートナーブログというのになってみた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Lessig教授がポーカーの団体設立に動く理由:

« 中国版セカンドライフ「HiPiHi」はmixiと連携するかもしれない | Main | AMNのパートナーブログというのになってみた »