« バーゲンセール式組織改革手法について | Main | アバターを何に使うか »

August 27, 2007

同姓同名についてのちょっとしたこと

以前、自分と同姓同名の人の名前をネットで探してみたことがあった(これ)のだが、もう一度やってみたら、前回見つからなかった別の人が見つかった。

自分の名前でぐぐるといったことは誰しもやるとは思うのだが、いつもやるというものでもなかろう。今回やってみたのは、先日学生から質問を受けたからだ。「○○県に住んでるんですか?」と。

ほえ?心当たりないけどなんで?と聞き返すと、なんでも、私の名前でぐぐってヒットしたウェブサイトの管理人がその県に住んでいるのだとか。ふうんでもちがうよということでその場はすんだわけだが、じゃあちょっと見てみるかいという気になって、やってみたら、前にぐぐったときにヒットした人以外にも、同姓同名の人たちが出てきた。

鹿児島県肉用牛改良研究所 新技術開発研究室 室長
なんだかすごそうなところだが、もっとすごいのは、この人「ヤマグチ」ではなく「ヤマクチ」なのだ。わざわざアルファベットでも書いてあるからまちがいなかろう。同姓の人にはけっこうよく会うが、こう読む人がいるというのは初めて知った。ぜったいあちこちで読み違えられてるだろうなぁ。

美容師
南青山の美容室「RMX(アールエムエックス)」の代表を務めるスタイリストさん。散歩と自転車がマイブームの、なんだかさわやかな感じの方。同じ名前でこうもちがうのね。スタイリスト歴15年、得意なイメージは「フェミニン ナチュラル」、「お手入れしやすくバランスの良いスタイルが得意」だそうで。

少女マンガ原作者?
高階良子さんという漫画家の方がいらっしゃるのだそうだが、その方の「シュート・NO.1」という作品の原作にクレジットされているらしい。この作品、『希望の友』(潮出版社)で1970年ごろに掲載されたものだそうだ。「潮出版社」というと確か創価学会系だったと思うが、そのへんのあたりのことはよくわからない。

シンワ工業株式会社:代表取締役社長
東京の、建材関連の会社らしい。資本金9,600万円、従業員 95名、売上高20億500万円(平成18年2月実績)だそうだから立派なものだ。具体的には「防食加工管の製造・販売、及び溶射事業(プラズマ溶射による皮膜形成表面改質加工)」とあるがよくわからん。ともあれ社長さん、実直そうな感じの方。人材募集中らしい。「知識や経験はなくて当然。私が新卒の皆さんに望むところはそこではありません。失敗を恐れず、何事にもチャレンジしていこうとする。その力が一番あるのが新卒の皆さんだと思っています。」だそうなので、やる気のある方はぜひ。

ビデオ男優?
日本映画データベース」というサイトの情報では、「視姦 OL秘性活」なる作品に出ているらしい。この種の職業の人っていくつも作品に出たりするのが普通かと思うのだが、この人の名前でヒットするのはこの作品だけ。このサイトは個人運営のようなので、データが完全にそろっているのかどうかわからないが、まあ有名男優、ということではなかろう。アマゾンで中古が買えるようだが、わざわざ買うのもどうかと思うので、ご存知の方情報求む。

いやしかし、前回調べたときにわかったホテル総支配人だの競馬調教師だの医師だのも含め、同姓同名にもいろいろな人がいるものだ。自分がたどらなかった道、もしあのときああしていたら、なんて想像をかきたてたりする。もちろん、面白いね、ですむことがほとんどなんだろうが、すまない場合もあるかもしれない。私も含め、誰かに名前でぐぐられるような職業の人の場合、他にどんな人がいるのかは、機会があれば知っておいたほうがいいかもしれない。というか、有名人の方なんかはみんなやってるんだろうな。今回学生が私とまちがえたウェブサイト管理人の方は上に挙げたのとは別の人だったのだが、仮にビデオ男優とまちがわれたりすると、何かと面倒かもしれないし。まあ、あの種の職業の人はそもそも本名で仕事してないんだろうけど。

※追記
こういうことも、まあ楽しむ気になればそこそこ楽しめたりする。ありきたりの名前であることのメリットの1つ、といえるかどうか知らないが、小飼弾さんみたいな名前の方には味わえない楽しみ、とはいえようか。

|

« バーゲンセール式組織改革手法について | Main | アバターを何に使うか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 同姓同名についてのちょっとしたこと:

« バーゲンセール式組織改革手法について | Main | アバターを何に使うか »