« 「コピーワンス」パブコメを出してみた | Main | 「本流」、再び表舞台へ »

September 13, 2007

FT予測市場における「安倍辞任」関連の動き

Financial Timesの予測市場である「FTPredict」で「安倍首相辞任」の予測証券が取引されている話は前にも書いたが、この予測証券の価格が2007年9月12日の安倍首相辞任表明に関連してどう動いたかをメモのため記録しておく。

この予測証券は日本時間で9月12日18時9分に価格100で精算された。

Aberesigndec07

その直前の価格は35だった。取引が行われたのは日本時間9月12日13時00分及び13時54分。ちなみに13時は辞任の第一報が流れる直前もしくはほぼ同時(産経新聞のweb版による第一報は13時3分。Financial Timesの第一報は13時16分みたい)。テレビはもう少し早かったかもしれない(※追記。2007年9月13日付朝日新聞をみると、テレビでの第一報は12時48分にTBSの速報テロップで流れたらしい)。13時54分は記者会見直前であり、海外でもすでに第一報は流れていたはずの時刻。
Sep 12, 5:54:58 AM IST 1 Lots @ 35
Sep 12, 5:00:19 AM IST 1 Lots @ 35

12日のニュースの流れをYahoo!ニュースの見出しからみてみる。取引時刻近辺のものを太字にしてある。

- 額賀氏、総裁選出馬に意欲(時事通信) (13日0時0分)
- 新首相を待たずテロ新法…ずれ込み必至、空白国会が長引く恐れ(産経新聞) (12日23時44分)
- 「迷惑を被るのは国民」突然の退陣に、うんざりの声・声…(読売新聞) (12日23時12分)
- 【緊急トーク 手嶋龍一×阿部重夫】「亡国の総理」辞任(上)(FACTA) (12日23時8分)
- 小泉前首相に再登板打診=中堅若手に待望論、本人は拒否-自民・棚橋氏(時事通信) (12日23時1分)
- <安倍首相辞任>後継総裁は19日選出 候補に麻生幹事長ら(毎日新聞) (12日21時51分)
- 退陣無責任、連立あり得ぬ…徹底対決宣言 小沢氏は寡黙「安定感ある党」演出(産経新聞) (12日21時9分)
- <安倍首相辞任>小沢代表が会見「早期に総選挙求める」(毎日新聞) (12日21時3分)
- 消費税含め議論スタート=安倍首相辞任でも「方針不変」-財政審(時事通信) (12日21時2分)
- 次期内閣は地方に目配りを=安倍首相批判相次ぐ-知事・市長ら(時事通信) (12日21時0分)
- かゆと点滴でしのぐ日々=安倍首相、自分が弱かった-政権手詰まり、気力失せる?(時事通信) (12日21時0分)
- 総裁選、14日告示で調整へ=麻生、福田氏の名、谷垣氏出馬模索-19日投開票(時事通信) (12日21時0分)
- <安倍首相辞任>拉致被害家族ら問題解決に心配も(毎日新聞) (12日20時42分)
- 週刊誌が「脱税疑惑」取材=安倍首相側「全くの誤り」(時事通信) (12日20時34分)
- 教育再生会議は当面休止=新内閣に存続申し入れへ(時事通信) (12日20時2分)
- 国際的不信招く恐れも=突然の首相辞任に衝撃-産業界(時事通信) (12日20時2分)
- 週刊現代が「安倍首相の脱税」疑惑を取材中(産経新聞) (12日19時20分)
- 安倍首相が退陣の意向、記者会見で表明(読売新聞) (12日19時15分)
- 首相の辞任理由、健康問題も=「仕事との両立で苦悩」-与謝野官房長官(時事通信) (12日19時1分)
- 日米関係のきしみ懸念=対北政策、軌道修正も-安倍首相退陣で政府(時事通信) (12日19時1分)
- 教育再生は道半ば=「国民に申し訳ない」と伊吹文科相(時事通信) (12日19時1分)
- 代表質問、衆参で取りやめ=首相辞任で(時事通信) (12日19時1分)
- 予定キャンセルし官邸出る首相(時事通信) (12日18時28分)
- 「首相の心境よく分からぬ」と小沢代表(時事通信) (12日18時28分)
- 首相退陣表明 会見要旨(産経新聞) (12日18時23分)
- 安倍首相退陣、代表質問直前の「波乱」…野党は解散要求へ(読売新聞) (12日18時19分)
- 新体制まで責任果たす=首相辞任で若林農水相(時事通信) (12日18時2分)
- 「局面転換せねば」=テロとの戦い新総理の下で-安倍首相、会見で辞任表明(時事通信) (12日18時1分)
- 「申し訳ない」と首相=残された期間「一生懸命やる」-増田総務相(時事通信) (12日17時47分)
- 経団連会長、首相辞任会見「説明不足」と批判-財界は政治空白を懸念(時事通信) (12日17時42分)
- 安倍首相 辞任の意向固める 政権の維持困難と判断(毎日新聞) (12日17時42分)
- 安倍首相辞意 不祥事続いたお友だち内閣(毎日新聞) (12日17時42分)
- 安倍首相 辞任の意向固める 政権の維持困難と判断(毎日新聞) (12日17時42分)
- 安倍首相辞意 不祥事続いたお友だち内閣(毎日新聞) (12日17時42分)
- 会談拒否が理由「首かしげる」=今国会で解散目指す-民主・小沢氏(時事通信) (12日17時23分)
- 「不名誉な退陣」=韓国通信社(時事通信) (12日17時17分)
- 安倍首相脅迫の中国人を書類送検(産経新聞) (12日17時9分)
- 安倍首相退陣 「なぜ、この時期に…」 列島衝撃「美しい国は夢」(産経新聞) (12日16時46分)
- 安倍首相退陣 自民議員ら「どうすれば」 野党、一斉に批判(産経新聞) (12日16時46分)
- 「サラブレッド」力尽く 閣僚スキャンダル相次ぎ(産経新聞) (12日16時46分)
- 安倍首相退陣 「求心力ない」辞意 衆院本会議は流会へ(産経新聞) (12日16時46分)
- 参院選惨敗 「背水」も勝算なく(産経新聞) (12日16時46分)
- 首相、うつろな表情も(時事通信) (12日16時44分)
- 「潔い決断」「追い詰められた」=安倍首相辞任表明で閣僚発言(時事通信) (12日16時41分)
- 首相辞任で乱高下 東証終値80円07銭安(産経新聞) (12日16時17分)
- 財政再建の方針変えず=首相辞任の影響否定-額賀財務相(時事通信) (12日16時16分)
- 安倍首相の会見を見る客(時事通信) (12日16時3分)
- 安倍首相退陣を伝える号外(時事通信) (12日16時3分)
- 安倍首相辞意を速報=英BBC(時事通信) (12日16時0分)
- 首相、辞意を表明(時事通信) (12日15時51分)
- 首相、突然の辞意表明(時事通信) (12日15時51分)
- 緊急会見に臨む安倍首相(時事通信) (12日15時51分)
- 辞任で局面打開―安倍首相会見(時事通信) (12日15時51分)
- 会見後の安倍首相と与謝野官房長官(時事通信) (12日15時51分)
- 小沢代表、首相辞任に「われわれの考え方は変わらない」(産経新聞) (12日15時51分)
- 安倍内閣の支持率、最低更新(時事通信) (12日15時41分)
- 安倍首相が辞意 緊急会見と一問一答(スポーツ報知) (12日15時32分)
- <安倍首相辞任>国民の信頼得られなかった……一問一答全文(毎日新聞) (12日15時23分)
- 「政権交代でも考え変わらず」…民主・小沢代表が会見(読売新聞) (12日15時22分)
- 首相辞任 造反復党議員にも衝撃(産経新聞) (12日15時20分)
- 党首会談断られ、局面転換考えたと安倍首相(読売新聞) (12日14時49分)
- 自民、突然の首相辞意に衝撃(時事通信) (12日14時46分)
- 「党首会談できず」も理由=給油継続へ後継に期待-安倍首相会見(時事通信) (12日14時45分)
- <安倍首相辞任>緊急会見で話した内容の全文掲載(毎日新聞) (12日14時44分)
- <安倍首相>辞任の意向表明 「局面を転換」理由に(毎日新聞) (12日14時27分)
- <安倍首相辞意>ショック隠せず 拉致被害者家族(毎日新聞) (12日14時24分)
- 安倍首相が辞意表明(時事通信) (12日14時22分)
- 安倍首相が辞任会見「国民の支持なく政策推進が困難」(産経新聞) (12日14時20分)
- 「局面転換せねば」=テロ特措法理由に-目しばたたかせ・安倍首相(時事通信) (12日14時19分)
- 自民幹部ら厳しい表情=首相官邸(時事通信) (12日14時16分)
- 新総裁選出へ調整急ぐ=自民、本格総裁選なら1カ月(時事通信) (12日14時16分)
- 「まだコメントできない」=首相辞意で民主・小沢代表(時事通信) (12日14時16分)
- 「前代未聞だ」と絶句=突然の辞意、永田町に激震-野党は「無責任」と批判強める(時事通信) (12日14時16分)
- 自民、突然の首相辞意に衝撃=「信じられない」「自民党の危機」(時事通信) (12日14時16分)
- 安倍首相が辞意表明(時事通信) (12日14時9分)
- 安倍首相が辞意表明(時事通信) (12日14時9分)
- 安倍首相辞意 大島国対委員長「説得したが意思固かった」(産経新聞) (12日14時6分)
- 「お国入りもしてないのに…」=県連幹部困惑、県庁もTVにくぎ付け-地元・山口(時事通信) (12日14時1分)
- 安倍首相辞意 野党「無責任だ」(産経新聞) (12日13時57分)
- 首相辞意 海外メディアも相次ぎ速報 米CNN番組中断(産経新聞) (12日13時50分)
- <安倍首相辞意>与野党とも「全く無責任」と強い批判(毎日新聞) (12日13時46分)
- 首相辞意で拉致家族会に衝撃「日本はどうなるのか」(産経新聞) (12日13時43分)
- 安倍首相辞意表明 地元は絶句(産経新聞) (12日13時39分)
- <安倍首相辞意>不祥事続いたお友だち内閣(毎日新聞) (12日13時39分)
- 安倍首相が辞意表明=麻生幹事長に「求心力ない」-参院選惨敗後、政権浮揚図れず(時事通信) (12日13時33分)
- 安倍首相「議会で求心力がなくなった」 午後に会見(産経新聞) (12日13時28分)
- 安倍首相が辞意表明(時事通信) (12日13時24分)
- 安倍首相辞意、東京株が一時急上昇(産経新聞) (12日13時22分)
- <安倍首相辞意>衝撃の一報…列島中に驚きの声広がる(毎日新聞) (12日13時20分)
- <安倍首相>辞任の意向固める 政権の維持困難と判断(毎日新聞) (12日13時16分)
- 安倍首相、辞意を表明(産経新聞) (12日13時3分)
- 給油継続、超党派で対応を=米大使が与謝野官房長官に要請(時事通信) (12日13時1分)
- 香港の25歳男書類送検=安倍氏らに脅迫文-警視庁(時事通信) (12日13時1分)
- 民主、党首会談を拒否=自民申し入れに-給油継続問題(時事通信) (12日13時1分)
- 党首会談、民主に申し入れ=自民、給油継続へ理解求める(時事通信) (12日13時1分)
- 与謝野官房長官を批判=民主・山岡国対委員長(時事通信) (12日13時1分)
- 民主党 空白区での候補者擁立急ぐよう指示 衆院選に向け(毎日新聞) (12日10時22分)
- 小沢代表 与党の新法案再議決方針 強く批判 (毎日新聞) (12日10時22分)
- 厚労相 残業代ゼロ法案を「家庭だんらん法案」に(毎日新聞) (12日10時22分)
- 地域振興4本部、今月中に統合へ 増田総務相会見(産経新聞) (12日8時1分)
- 安倍政権「危機的状況」=高市、下村氏らが会合(時事通信) (12日1時3分)
- <与謝野官房長官>「改革の機関車 無音で走行中」と反論(毎日新聞) (12日0時7分)
- 首相の一部読み直しで合意=所信表明の「読み飛ばし」で-自・民理事(時事通信) (11日23時1分)
- テロ新法を衆院再可決なら問責、民主が論戦前に揺さぶり(読売新聞) (11日22時34分)
- <厚労相>残業代ゼロ法案を「家庭だんらん法案」に(毎日新聞) (11日21時50分)
- <公務員制度>キャリアとノンキャリアの区別見直しへ(毎日新聞) (11日21時41分)
- 民主・小沢氏、安倍首相との党首会談に否定的考え示す(読売新聞) (11日21時38分)
- <首相問責決議案>「法的効果はなし」与謝野官房長官(毎日新聞) (11日21時30分)
- <小沢代表>与党の新法案再議決方針 強く批判 (毎日新聞) (11日21時30分)
- 給油継続、「政治とカネ」で論戦=12日から代表質問-国会(時事通信) (11日21時1分)
- 再議決なら首相問責も=民主参院幹事長(時事通信) (11日21時1分)
- 再議決「国民の理解が必要」=石破自民安保会長(時事通信) (11日21時1分)
- 民主・小沢代表、衆院解散に追い込む戦略描く(産経新聞) (11日20時45分)
- <安倍首相>風邪で公務1時間早く切り上げ静養(毎日新聞) (11日20時33分)

この予測市場の取引開始からの価格推移をみてみる。直前の価格35というのは、8月30日に20まで下げたあと、そこから上がった結果だった。かなり大幅な上げになるわけだが、おそらく板が薄かったんだろう。

Aberesigndec07b

30日の下げについては、27日の内閣改造後、産経新聞・FNN共同世論調査などで内閣支持率が急回復したとのが8月30日朝に流れていることを受けてのものと思われる。

産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)は安倍内閣改造直後の27、28の両日、合同で「政治に関する世論調査」を行った。安倍内閣の支持率は参院選直後の7月31、8月1両日に実施したFNN調査の22・0%から16ポイント高い38・0%に急上昇した。「支持しない」は前回より21・9ポイント下がって42・9%になったが、依然支持率を上回っている。

もともとこの市場、ほとんど盛り上がってなかったわけだが、それでも要所要所で取引が起きてるから、それなりにウォッチしてる人はいたんだろう。12日13時前後に取引があった後精算されるまでの数時間取引が途絶えていたことからみて、12日13時ごろの価格35での取引が、辞任の第一報を受けてのものかどうかはよくわからない。ただ、ダブルオークションだし、たぶん買い取引だったんだろうから、ひょっとすると「何か」が伝わっていたのかもしれない。もしそうだとすると、少なくともかなり早いタイミングで情報を反映していたことになるわけで、ちょっと面白い。

|

« 「コピーワンス」パブコメを出してみた | Main | 「本流」、再び表舞台へ »

Comments

選挙先物取引所
http://www7.tok2.com/home/aaaaaaaaaaa/index.html
「第91代内閣総理大臣に安倍晋三が再指名される」
の方では、全く取引は行われませんでした。

Posted by: A-11 | September 14, 2007 06:55 PM

A-11さん、情報ありがとうございました。

Posted by: 山口 浩 | September 15, 2007 05:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference FT予測市場における「安倍辞任」関連の動き:

» H-Yamaguchi.net: FT予測市場における「安倍辞任」関連の動き [Kunnys Attention]
株価の動きが確かにおかしいですねぇ。H-Yamaguchi.net: FT予測市場における「安倍辞任」関連の動き [Read More]

Tracked on September 14, 2007 10:53 AM

« 「コピーワンス」パブコメを出してみた | Main | 「本流」、再び表舞台へ »