« 「復讐したいのですが」というメールをもらった話 | Main | コミケに出ることになった話 »

December 28, 2007

衆議院総選挙議席予測:メモ

衆議院の総選挙がいつになるのかについて、いろいろな話があるらしい。で、早くも選挙結果の予測が出てきたので、メモとして書いておく。

最初は、週刊朝日2008年1月4・11日号(2007年12月21日発売)に出ていた、ご存知白鴎大学教授福岡政行氏の予測。記事の見出しには「当落予想」「予測獲得議席」とあるのだが、本文をみると「では、いま総選挙となったらどうなるのか。300小選挙区の現状や過去の選挙データ、政局の動きなどをもとにシミュレーションしました」とある。「選挙結果の予測」と「現在の情勢をもとにしたシミュレーション」とは、微妙だがはっきりと差がある。よって検証は不可能。こういうところうまいなぁ。まさに百戦錬磨。

現有勢力はこちら。

党名合計選挙区比例区
自民30623076
公明31823
無所属321
与党計340240100
民主1135360
共産909
社民716
国民422
大地101
無所属642
野党計1406080

で、福岡氏の予測がこれ。

党名合計選挙区比例区
自民181-206-231123-143-16358-63-68
公明23-27-314-6-819-21-23
無所属4-6-84-6-80
与党計208-239-270131-155-17977-84-91
民主184-214-244115-135-15074-79-84
共産7-8-100-17-8-9
社民5-7-91-2-34-5-6
国民3-6-92-4-61-2-3
日本0-1-30-10-1-2
大地101
無所属3-4-53-4-50
野党計203-241-281116-145-17687-96-105

つまり、予測のポイントをまとめるとこうだ。

・与党は議席を減らす
・与党は過半数を維持するかまたは維持しない
・野党は民主のみ勢力大幅増
・野党は過半数を獲得するかまたは獲得しない

なるほど。実に明快。与党は勝つか負けるかする。野党は勝つか負けるかする。細かい数字はともかく、こうやって抽象化すると、まずはずれるおそれのない予測というわけだ。で、解散の時期については、こんなことを書いてる。

となると、福田首相が主導権を握る形で解散権を行使できるのは、実は新年早々しかないという皮肉な話になってしまいます。

ほほお。これも特に何も言ってないけど、早期解散はあり、という印象を与えるように書いてある。


もう1つ、サンデー毎日2008年1月6・13日号(2007年12月25日発売)に出ていた、こちらもおなじみ選挙プランナー三浦博史氏の予測。

前回獲得議席はこちら。

党名合計選挙区比例区
自民29621977
公明31823
与党計/TD>327227100
民主1135261
共産909
社民716
国民422
日本101
大地101
野党計1355580
無所属1818

で、三浦氏の予測がこれ。

党名合計選挙区比例区
自民23917861
公明33825
与党計27218686
民主17710077
共産10010
社民725
国民321
日本000
大地101
野党計19810494
無所属1010

おお。こちらは幅を持たせずはっきりと。候補者も決まってないこんな時期にここまで決め撃ちでいいのか?という気もするが。ともあれ、こんなふうに書いてる。

「自民は現有議席から57減の239議席に後退し、過半数ギリギリの闘い。一方の民主は64増の177議席に大躍進しますが、2増33議席の公明を加えれば、与党は272議席で過半数を維持。その結果、民主は小沢氏が目標とする衆院第1党にはとても届きません」

おお。で、選挙の時期については、こんなことを。

「・・次期総選挙の時期については、08年3月から4月の予算成立後の"ハプニング解散がある"との予想もありますが、内閣支持率が下落している中、福田首相は夏の洞爺湖サミット後を想定している、というのが大方の見方です」

全体として三浦氏のほうが歯切れがいいんだが、もちろん結果がどうかという問題はそれとは別。はてさて。

|

« 「復讐したいのですが」というメールをもらった話 | Main | コミケに出ることになった話 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 衆議院総選挙議席予測:メモ:

« 「復讐したいのですが」というメールをもらった話 | Main | コミケに出ることになった話 »