« 「アルファブロガーに聞く」で話を聞きにいった話 | Main | 市場は「愚か者」を必要とする »

February 08, 2008

ブログにSplumeの仮想空間を貼り付けてみる

先日、AMNの「『仮想空間とブログ』ブロガーミーティング」なるイベントに出てみた(レポートはこちら)。Splumeの本社でやったのだが、これがなかなか面白かった。

Splume自体については、まだアバターがなかったころにコンベンションのブースでデモを見たのが最初。αサービスが始まったときにアカウントを作ったのだが、それ以来なかなか使う機会がなかった。最近いろいろ面白い試みがあるので参加してみた次第。

今回のイベントは、AMNが仕掛けたもので、ブロガーを集めてSplumeについて説明するというもの。基本的には、ブロガーからSplumeの活用の方向性についてアイデアを得たいという趣旨だそうだが、強制はしないもののよかったら書いてねという意味もあるはず。このブログにおいては、他人から何を書くかについて指示を受けないことをポリシーとしているので、説明の後軽食が出たりしたのだが、それらを負い目とは考えていない。

Splumeそのものについていうと、これまでのところなかなか活用の方向性が見出せていないというのが印象。今後SNS的なサービスを取り入れる方向だそうだが、これを加味しても、「なぜそこに行く必要があるか」「そこで何をするのか」「何が面白いのか」といった部分でいまひとつ強くアピールしてこない印象がある。もっともこれは他の仮想世界の多くにもいえることなので、Splumeが特にどうこうということではない。もはや仮想世界のプロバイダはかなりの数あるわけで、単に「アバタでコミュニケーション」とか「アイテムをゲット」とか「夢のお部屋」とかだけでユーザーをひきつけるのは難しいだろう。個人的には、リアルとうまく連動するしくみを作れればいいのではとか思っていろいろ話したりしたが、技術的な問題もあるだろうし。

今回見たものの中で一番面白かったのが、仮想世界をブログに貼り付けるためのIE用プラグイン「CRプラグイン」。実際に動かすには、ActiveXコントロールをインストールする必要がある。

とりあえずやってみたのがこれ。このブログのドメインの中に、CR形式のファイルと当日のイベントで配布された画像ファイル(壁の写真)を置いて、IEで見る。まず仮想空間の部分をクリックしてアクティブにしたら、あとは矢印キーで前後左右に動かすことができる。今はただのからっぽの箱状態だが、この中にリンクとかを配置すれば、他のSplumeサイトに行くことも可能。これで敷居を下げようということだが、もっともこれはあくまで簡易版ブラウザなのだそうで、より機能の充実した専用のCRブラウザを使ったほうがちゃんといろいろできるという点は変わらない。




ま、これはあくまでまだ「使ってみた」程度のもの。これを使って何かできるか思案中。さあてと。

|

« 「アルファブロガーに聞く」で話を聞きにいった話 | Main | 市場は「愚か者」を必要とする »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブログにSplumeの仮想空間を貼り付けてみる:

« 「アルファブロガーに聞く」で話を聞きにいった話 | Main | 市場は「愚か者」を必要とする »