« 企業と人間はちがう | Main | タコさんウインナーの作り方 in English »

March 28, 2008

東京国際アニメフェア2008

今日は東京国際アニメフェア2008の初日。参加したセミナーと、その合間に会場を見て回って気づいたいくつかをメモ。

(1)海外
外国人と思しき方々が相変わらず目立った。ちなみに過去のデータをみると、昨年までの海外ビジネス来場者の推移はこんな感じ。

2002年 231名
2003年 310名
2004年 511名
2005年 726名
2006年 795名
2007年 942名

ちなみに2007年の国別トップ5は韓国129、アメリカ85、中国80、台湾42、シンガポール30とか。やはり東アジアが多いね。シンポジウムでも通訳つきのセッションがけっこうあった。ただ、この5カ国とも2006年に比べて2007年は人数を減らしている。さて今年は、といったところ。Anime Expoの人たちのシンポジウムとかもあったりして、日本の事業者が海外市場への関心を高めている、ということか。


(2)シンク
上記と関係があるかもと思うが、「動画革命東京」をやってる㈱シンクのシンポジウムが大盛況。これまでより確実に多いと思う。実績が出始めたこともあるのだろうか。実力のある若手クリエーターのために既存のルート以外のところに「出口」を作るという発想なわけだが、直接的な効果もさることながら、中長期的な波及効果もけっこうあるのではないか。いろんな意味で。


(3)携帯電話向け配信
携帯電話向け配信は以前からあったんだが、さらに増えてる印象。基本的には既存の作品をというものが多いんだが、上記のシンクのシンポジウムでは、携帯電話向けショートアニメを海外で配信するサービスを開始、との話も。小さい画面サイズ向けの作品だそうで、「小画面革命」へ向けた動きがかたちになってきてる、と我田引水しておく。


(4)娯楽としてのアフレコ
カラオケがあるんだからアフレコを趣味にできるしくみってできないか、なんてことを前に書いたことがあったのだが、バンダイナムコゲームズが開発中。夏ごろには出るらしい。アップの写真は不可だったので、ブースの写真のみ。ただ、自分のやったアフレコを持ち帰ることはできないらしい。権利処理してコピーガードかけて、携帯電話に配信とかできたらいいのにね。とはいえ、これで全国ランキングやったり、プロのオーディションと連動するとかの展開は考えられそう。

Cimg1966


(5)3D立体ディスプレイ
なんだか知らないが、3D立体映像が見られるっていう機器とかサービスとかがいくつかあった。流行りなのか?と思って聞いたら、今アメリカとかでけっこう来てるんだそうだ。映画館の10%ぐらいがもう3D立体対応になってるらしい。これはBSデジタル11が実施する予定の3D立体放送のデモ。ヒュンダイが機器を発売するんだそうで、よくある偏光メガネをかけて見るタイプ。このほか、メガネ不要の3Dディスプレイなんかも出てたな。

Cimg1964


中京テレビのブース。立体はウリというわけではなく、注目を集めるため。

Cimg1993a


ウェルツアニメーションスタジオのブース。これも立体は注目を集めるため。

Cimg1992a


NHKグループのブース。これがメガネ不要のやつ。見る角度に制限がある。

Cimg1994a


同じくNHKだが、こちらは大きいスクリーン。偏光メガネで見る。

Cimg1995a


(6)学校のブース
専門学校、大学など、クリエーター系の学校はこれまでもブースを出してたわけだが、全体としてより大きなスペースを占めるようになってきてるような印象がある。


(7)フィギュア
フィギュアを作ってる㈲グッドスマイルカンパニーが大きなブースを出してた。フィギュアも前からあったとは思うんだが、ここまで大きくはなかったように思う。最近のフィギュアってのはすごくよくできてるので驚くが、海外から来られた方はさらに驚くようで、写真を撮ってる人がけっこういた。こんな感じ。

Cimg1972

Cimg1974

Cimg1975


特にオチとかはない。本日ここまで。

※2008/3/29追記
そういえば、アニメフェアの話なのにアニメの話をぜんぜん書いてないのだが、見た中でちょっと気になったのは吉浦康裕監督の「イブの時間」。人間とロボットが共存しているという設定の話は昔からいろいろあるんだが、トレーラー映像の空気感が「何かある」雰囲気を漂わせていて、続きが見たくなる。会場で試写会もやるみたいなので、行かれる方はぜひ。

|

« 企業と人間はちがう | Main | タコさんウインナーの作り方 in English »

Comments

運慶、快慶が現代にいたら、間違いなくフィギュアの原型師になってますね。逆に現在のフィギュアのレベルってそれくらい高いと思います。

Posted by: まお | March 28, 2008 08:31 AM

まおさん、コメントありがとうございます。
フィギュアの領域は、他国の追随を許さない感じですね。よく「日本はモノづくり」とか叫んでる人がいますが、そういう人はフィギュアを買ったらどうか、と思ったりします。

Posted by: 山口 浩 | March 29, 2008 06:28 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東京国際アニメフェア2008:

« 企業と人間はちがう | Main | タコさんウインナーの作り方 in English »