« 週刊文春衆院選予測080515 | Main | CFTCが予測市場に関するパブリックコメントを募集中 »

「せんとくん」の頭に「アレ」がある理由

ほんとにもう何をいまさらなんだが。2010年に奈良県で開催される「平城遷都1300年祭」のマスコットキャラクター「せんとくん」(リンク先に画像)についての話題はもう一段落したころだろうか。「かわいくない」とか「侮辱だ」とかさんざんないわれようらしいが、そういうあたりは個人の好みだし、あまり関心はない。ただ、どうしても気になって気になってしかたがないことがある。

「せんとくん」の頭にある「アレ」はいったい何なんだろうか。

いやそんなことわかってるじゃないか。「頭に角が生えた童子」なんだから、あれは角だ。もちろんそういう説明になるというのはわかるんだが、どうも納得がいかない。いかにイマジネーションの世界とはいえ、童子の頭から鹿の角が生えていたら、誰だってびっくりするではないか。いったいどういう理由で頭に角が生えているんだろうか。

というわけで、例によって10ほど考えてみた。


(1)ああいう種族である
キャラ設定上は、そういうことになるんだろう。ああいう種族の人々がいるのだと。ひょっとすると奈良では、人類の一部が特異な進化を遂げたのかしれない。あるいは、どこかでまちがって、ヒトと鹿の遺伝子が入り混じってしまったのかな(「ザ・フライ」的な意味で)。奈良公園あたりには、ああいう方々が闊歩していたりするんだろう。ひょっとすると、興福寺とか東大寺とかの境内をほうきで掃除しているかもしれない。やはり女性は男性に比べて角が小さいのだろうな。で、角にリボンとか結んだりするにちがいない。一方男性のほうは、立派な角のほうがもてるってわけだ。きっと休日には磨いてるね。いやなんだか微笑ましくなってくるではないか。


(2)あれはヘルメットなのである
いやいやそんなことはない。人間の頭から角が生えるなんてことがあるわけがないじゃないか。あれはきっと、ヘルメットにちがいない。「角のあるヘルメット」というと、こんなのしか思いつかない。奈良の方々はバイキングの末裔だったりするんだろうか。


(3)ああいうヘアスタイルなのである
なんのなんの。あれはヘアスタイル、なのかもしれない。人間の髪の毛をあのように固めることは技術的になかなか難しいかもしれないが、ま、ダリ的なものとでも考えればよい。髪型であれを作るためには、なかなか独特な伸ばし方をしなければいけないだろう。辮髪っぽくな。


(4)あれはコスプレである
あれはコスプレなのかもしれない。なんの?決まってるじゃないか。「せんとくん」のだ。ん?とすると、コスプレのもととなった「オリジナル」の「せんとくん」の角はいったい何なのだ?「鹿」のコスプレ、ならこういうほうが適してるよなぁ。やはり「鹿の角を生やした童子」のコスプレ、としか考えられないし。そんな自己言及的なコスプレってあるのか?


(5)あれは擬人化された鹿なのである
あれを人間と思うから抵抗感があるのだ。あれは鹿だ。擬人化された鹿なのだ。そう思えば、なんだかとてもかわいらしく見えてくるではないか。世の中には擬人化能力にきわめてすぐれた方々がいて、なんでも擬人化して遊んでいたりする。奈良公園の鹿を擬人化するとああなるのだろう。んん?奈良の鹿ってのは「神様」の使いなんじゃなかったのか?なんで「童子」なんだ??神仏習合的な?


(6)改造人間である
仮面ライダーせんとくんは改造人間である。 彼を改造したショッカーは、世界征服を企む悪の秘密結社である。 仮面ライダーせんとくんは、人間の自由のために、ショッカーと闘うのだ!
…いったい、あの角にどんな機能が。ライダー角アターーック!!みたいな必殺技があったりするんだろうか。あの角は、バイクで走るときに邪魔にならないんだろうか。だいいちヘルメットがかぶれないぞ!


(7)ウソをついたら伸びるのである
昔々あるところに、心優しい人形作りのおじいさんがいました。彼は常々、自分が作った木の操り人形「せんとくん」が本物の人間になることを夢見ていましたが、ある夜、妖精がやってきて、「せんとくん」に命を吹き込んでくれます。正直にしていれば、やがて本当の人間の子供になれると。しかしウソをつくと、そのたびに頭の角が伸びてしまうのです…


(8)宇宙人である
あれが地球上の生命であると考えるからいけないのだ。ああいう宇宙人だと考えればよろしい。「せんとくん星人」なのだ。宇宙人がいったい何のために地球に来たのか?そんなことは決まっている。地球征服だ。きっと彼の周りには、「さんとくん」とか「しんとくん」とか「すんとくん」とか、いろいろな仲間がいっしょに地球に潜入しているにちがいない。しかし彼らは地球が気に入ってしまって、征服などそっちのけで地球生活を楽しんでしまっているのデアリマス…


(9)未来人である
いやいやあれは未来人なのだ。人類は遠い将来、角を生やしたかたちに進化していくのである。いったいなんで角が?その未来人がなんで現代に?そんなこと知るか!…ひょっとしたら、世界を思い通りに改変し、望んだとおりの出来事を発生させる能力を持つ「誰か」を監視しにきたのかもしれない。


(10)超能力者である
となれば、超能力者、ということも考えられる。世界を思い通りに改変し、望んだとおりの出来事を発生させる能力を持つ「誰か」を監視するため、「機関」から送りこまれてきた、と。その「誰か」の精神状態が不安定になったときに派生する「閉鎖空間」に侵入する能力を持っている…ここまでくると、なんつうかヤケクソだな。そろそろ撤収。


ちなみに、「せんとくん」の画像を利用するには、当局の書面による事前承諾が必要らしい(参考)ので、ここでは使わない。この動画を作った方が許諾を得たのかどうかは知らないが、非営利だろうし、特に貶めているわけでもなさそうだから、文句がくるってことはあんまりなさそうだけどな。

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7022/41176949

Listed below are links to weblogs that reference 「せんとくん」の頭に「アレ」がある理由:

Comments

(7)に一票、というところでしょうか。
いや、(8)かな?
なにより、こんなことに(失礼!)、10もの理由を思いつく発想に関心です!

Posted by: ひろか | May 12, 2008 at 01:39 PM

ひろかさん、コメントありがとうございます。
こういうつまらんことはあっという間に思いつくのですが、大事なことは一向にだめです。我ながらなんともはや。

Posted by: 山口 浩 | May 12, 2008 at 11:48 PM

対抗オリジナルキャラの Web 投票を
やっているようですね。

http://creators-yamato.net/vote/kiyoki.cgi

Posted by: ひろん | May 20, 2008 at 09:51 AM

Post a comment