« 人種差別ではないんだがね | Main | 人身売買の話はさ、毎日を叩いてすむ問題じゃないんだよ »

August 13, 2008

北京オリンピックはどこまで「本当」なのか

手短に。北京オリンピックがなんだかすごい。開会式の花火の一部が合成だった件(参考。この件に関してはGIGAZINEの検証記事が面白い)にびっくりしてたら、開会式での歌も口パクだったらしい(参考)。確か中国政府は、会場近くに集まっていた人たちに「テレビのほうがよく見えるから家に帰れ」みたいなことを言ってたそうだが、そういう意味もあったんだな。いや別にいいんだけどね。どうせ見てなかったし。考え方のちがいってことかなと。

でもさ、そうなると気になるじゃない。他にもあるんだろうなって。

「北京オリンピックは実在しない」なんていいだす人はまあさすがにいないだろうが、競技以外の部分は他にもいろいろありそうな気がする。聖火リレーについて以前、冗談でこんなことを書いたんだが、現実のほうが先を行く感じ。

でも、だったら聖火リレーだって「合成映像」使えばよかったんじゃないかって気もするな。あんな混乱は避けられただろうし。他にはどんなところでやってるだろう。マスゲームみたいなのがあったそうだけど、あれなんかはありうるんじゃないか。たくさん出てきた人のうち3割ぐらいはCGで描き加えられたものだったりとか。

日本とは感覚がちがうよね、と一瞬考えたんだが、いや待てよ。本当のところ日本ではどうなんだろう。ああいうことってあるんだろうか。テレビの歌番組での口パクはまあ「お約束」としても、他にはないんだろうか。テレビ業界でいうところの「演出」というやつは、同じ仲間ではないんだろうか。よくわかんないな。どなたか詳しい方ぜひご教示を。

※2008/8/25追記

|

« 人種差別ではないんだがね | Main | 人身売買の話はさ、毎日を叩いてすむ問題じゃないんだよ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 北京オリンピックはどこまで「本当」なのか:

« 人種差別ではないんだがね | Main | 人身売買の話はさ、毎日を叩いてすむ問題じゃないんだよ »