« 同じ記事でも反応がちがうのは一体何がちがうんだろうか | Main | 週刊文春衆院選予測080828 »

雑誌目次をみる:「日経コンピュータ」

たまにやる「雑誌目次をみる」の特別編。「日経コンピュータ」っていうのはけっこう有名雑誌なわけで、あまり人が知らないような雑誌を取り上げることの多いこのコーナーで扱うのはどうかという気もするんだが、要は、2008年8月15日号に、「セカンドライフ ・ バブルの「次」 見えてきた仮想空間の可能性」という記事が出ていて、その中に先日受けたインタビューが出ているので勝手に告知、という話だったりするだけで。

インタビューの内容は雑誌をご参照いただきたい。基本的にはいつも言っていることとそう変わらない。長期的にみたほうがいいとか、そういう話。GoogleのLivelyが話題にはなってるが、まだあれも「作ってみました」程度の感じだし。一応、そのとき記者氏が撮った顔写真が出てるんだが、思ってたよりアップになってて、本人としては正直ちょっと「うへぇ」な感じ。

で、全体の目次はこんなふうになってる。

特集1 このベンダーに惚れた
・第13回顧客満足度調査(030p)
顧客満足度の「満足」と「不満」の違いは紙一重。つまらない失敗で信頼を失うベンダーもいれば、顧客の心をがっちりとつかんで離さないベンダーもいる。違いはどこにあるのか。顧客はベンダーのどこに惚れるのか。過去最高となる2213件の回答を得た第13回顧客満足度調査の結果を報告する。
・「好き」と「嫌い」の分かれ道(032p)
・順位に大変動 7部門で首位交代(040p)
・なぜ強い どこが強い(042p)
・全21分野の詳細データを収録(048p)

特集2 会社の危機を救え!
・ITでリスクをチャンスに変える(072p)
粉飾決算、大型リコール、市場環境の急変 ―― 。情報システムを使ったリスクマネジメントの仕組み作りが緊急課題となっている。出光興産、双日、ユニ ・ チャームの事例から最前線を探った。

Close Up
・基幹系を仮想化するユーザー企業が続々 性能、信頼性のメニュー化が鍵に(080p)
・セカンドライフ ・ バブルの「次」 見えてきた仮想空間の可能性(084p)

Interview
・横溝陽一 氏[ローソン 常務執行役員CIO] 「CIOの『I』はイノベーション」 (056p)

News & Analysis 【スペシャルレポート】
・日本IBMを下請けが提訴へ七十七銀の案件で経営破綻(016p)

News & Analysis 【ホットニュース】
・日本郵政が巨大認証システムを導入へ、ほか(015p)

News & Analysis 【ニュース】
・ECサイトから過去最大の情報漏洩(018p)
・技術者の7割が「うっかりミス」に直面(019p)
・企業ディレクトリの実証実験が本格スタート(020p)
・ブレード値下げ競争、今度は設置費やソフト代も(022p)
・SQL Server新版はクラウドを射程圏に(023p)

News & Analysis 【業種別フラッシュ】
・金融 セントラル短資が “Gmail対策” でDLPを導入(024p)
・通信 イー ・ アクセスがアッカと通信システムを統合(024p)

動かないコンピュータ
・東京金融取引所 為替取引システムが2時間全面停止ハード障害に「厳格手順」が追い討ち(088p)

強い企業のIT 戦略
・東京海上日動火災保険 総額630億円で抜本改革に挑む閉塞感をシステム刷新で打破(060p)

スキルアップ連載講座
・馬場史郎のプロフェッショナル問答 【第5回】 顧客訪問の時間は作れる(102p)
・田中淳子の強いチームを作る若手育成術 【第5回】 「どう育てるか」の意識をマネジャと部下で合わせる(112p)
・いまこそERM リスクベースの経営とは 【第4回】 リスクを数値化して重要度を判断する(098p)
・これで納得ITキーワード グリーンIT(092p)
・失敗しない 中堅 ・ 中小企業のIT導入 【第5回】 (104p)
・システム開発の成否を決めるベンダー ・ マネジメントの極意 【第9回】 (108p)

Column
・経営の本音 ヴィンセント ・ オン 氏[スターウッドホテル & リゾートワールドワイド] (010p)
・システム部長の心得 ヤマハ発動機 鈴木満義 氏(027p)
・キーワードを知る ―― データセンター(026p)
・データを読む ―― アウトソーシング(028p)
・2Weeks from ITpro (012p)
・Forrester Report ―― ERP市場の現実 (114p)
・田中克己の眼(091p)
・細川泰秀の視点(116p)
・BOOKS (117p)
・読者の声(120p)
・編集ノート(122p)


目次をつらつら眺めてると、もちろん全部コンピュータがらみなんだが、CRM、マーケティング、リスク管理、イノベーションマネジメント、法務、経営戦略、人材育成、環境対策と実に多様なテーマ。コンピュータとかシステムがもはや企業や企業経営の中枢の位置にどっかりすわっちゃってるんだなぁ、なんていまさらながら改めて思ったりする。個人的には「リスクをチャンスに変える」っていう特集2の話が面白い。出光興産の操業マネジメントシステムの画面っていうのが出ていて、なんだかすごそうなんだが、こんなにたくさんの情報を一度に画面に出して読み取れるもんなのかね。画面も、担当者も分けといたほうがよさそうな気がするのは素人考えなんだろうか。

あと興味深かったのは先日の為替証拠金取引システム停止事件の話。なんか原因不明っていう話らしくて、隠れた原因があるのか隠された原因があるのか知らないが、いずれにせよこれはこわいね。わからないってことは、また同じ状況が起きても防止できない可能性があるってことだし。さらに厳格な復旧手続きが復旧を遅らせたとあるが、これはまたスピードと安全性という難しい問題。

なんか、エンジニアの皆さんって大変なのね、と他人事みたいに思ったりする。こういう人たちにもっといろんな意味で脚光が当たってほしいところ。ともあれぜひがんばっていただきたく。

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7022/42207221

Listed below are links to weblogs that reference 雑誌目次をみる:「日経コンピュータ」:

Comments

Post a comment