« 週刊ポスト衆院選予測080919 | Main | 気象協会がSNSっぽいものを始めている話につられてつらつらと »

September 10, 2008

過去、現在と未来

いやびっくり。「真実だが、昔から有名との実証がなく、名誉棄損」と
やらが判決に出てるんだが、それについて思うところをごく手短に。

うーん。なんかわかったようなわからないような判決だが、まあ、考
えてみると、その「真実」は最近明らかになったもので、以前から広
く知られていたことではない、という意味か。本人としては、勝って
さあ潔白だといいたいところだったのかもしれないが、なかなかコト
はうまくいかないものだ。

昔のことについては、過ちを認めれば比較的寛容というのが、以前
からこの国の伝統的な考え方であったように思う。潔白との主張か
らすれば当然なのかもしれないが、あまり過去にこだわっていても
有ること無いこという人はたくさんいるのだし、いいことはない。
名より実を取るほうがいいのではないかと思ったりする。有能な人
だし、近い考えの人々が復活しつつあるから、活躍の場は沢山あ
ったりするのではないか。話題になりやすいから、身辺に気をつけ
たほうがいいとは思うが。

|

« 週刊ポスト衆院選予測080919 | Main | 気象協会がSNSっぽいものを始めている話につられてつらつらと »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 過去、現在と未来:

« 週刊ポスト衆院選予測080919 | Main | 気象協会がSNSっぽいものを始めている話につられてつらつらと »