« 2008年はどう予測されていたか | Main | オバマ vs. クリントン 戦いの歴史を振り返るwidget »

October 29, 2008

衆院選予測週刊朝日081107

週刊朝日2008年11月7日号に「自民最新調査で当確「130」の衝撃!11月30日総選挙なら「自民は自滅」」という記事が出ていたのでメモ。

自民党が10月18、19の両日に実施した世論調査結果が「当選確実なのは小選挙区70人、比例区60人。77人がボーダーライン」だったそうな。「接戦をすべて制しても、自民党は207議席。常識的には自公でも過半数に届きそうにない」のだとか。この情勢を受けてか、衆議院総選挙は先送りになる方向、との報道が駆け巡っている。この記事では、「解散時期の次の焦点は、年明けの通常国会冒頭あたりになりそうだ」としている。

ふうん。

|

« 2008年はどう予測されていたか | Main | オバマ vs. クリントン 戦いの歴史を振り返るwidget »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 衆院選予測週刊朝日081107:

» 次期衆院選に向けた情報 12 なんだか今年中は選挙は無い雰囲気に・・・ [本質]
衆議院議員選挙ですが、結局は来年に持ち込まれそう。確かに世界的な経済危機なのは間 [Read More]

Tracked on October 29, 2008 10:28 PM

« 2008年はどう予測されていたか | Main | オバマ vs. クリントン 戦いの歴史を振り返るwidget »