« 「巨大な赤ん坊」の取り扱い方 | Main | 2008年はどう予測されていたか »

October 26, 2008

世界が投票する「米大統領選」の話

手短に。Economistが「Global Electoral College」というのをやっている。もし世界中の人が米大統領選に投票できたとしたらどっち?という企画。こういうのはあちこちでやってるだろうし、まあなんとなく予想はつくんだが、勢力図を地図に落としたものが掲載されていて、結果があまりにはっきりしていたので面白くて。

こんな感じの図。赤が共和党、青が民主党。

Globalelectoralcollege081025
(Economist「Global Electoral College」)

一面真っ青じゃねぇか。

マケイン優勢なのはアルジェリア、コンゴ民主共和国、キューバ、グルジア、イラク、マケドニア、ナミビア、スーダンの8カ国だけ。なんつうか、さもありなんな国々のリストではある。よく知らないが、キューバが共和党びいきなのは反カストロ政権系の人が多く答えてるのかな。イスラエルがオバマ支持というのも、歴史的経緯からいえばわからなくもないんだが、イラク関連のあたりとか気にならないんだろうか。詳しい方ぜひご教示を。

国内でもオバマ優勢になっているそうだから、まあ世界中が「change」を求めてるってことなのかな。ちなみにアメリカのほうはというと、CNNによればこんな感じ

Presidentialelectioncnn081025
(CNN Electoral Map Calculator)

泣いても笑ってもあと8日とちょっと。はてさて。

|

« 「巨大な赤ん坊」の取り扱い方 | Main | 2008年はどう予測されていたか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 世界が投票する「米大統領選」の話:

» 米大統領選 詳細を実況中継 バラク・オバマ候補優勢で推移 [ハズレ社会人]
オツカレです。 いよいよ開票が始まった。黒人初の大統領誕生となるか? [ワシントン 4日 ロイター]米大統領選の開票始まる、東部から投票締め切り  2008年の米大統領選は4日、民主党候補のオバマ上院議員(47)が明らかな主導権を握る中、2州での投票が締め... [Read More]

Tracked on November 05, 2008 01:17 PM

« 「巨大な赤ん坊」の取り扱い方 | Main | 2008年はどう予測されていたか »