« 「判例観光」より「行政観光」「政治観光」「司法観光」ではないかな | Main | なんだか「GOEMON」がけっこう期待されてるらしい件 »

April 24, 2009

衆院選予測週刊現代090502

週刊文春2009年5月2日号に「6.14投票へ 補正予算成立は 激変300選挙区 最新当落予測」という記事が出ていたのでメモ。予測したのは政治評論家の浅川博忠氏、政治ジャーナリストの伊藤達美氏、政治評論家の有馬晴海氏。

予測内容はこんな感じ。

この3人は1月にも予測をしていて、そのときの予測結果についてはここに書いた。自公両党の予測獲得議席数をそのときと比べると、こんな感じ。

浅川氏 230→236
伊藤氏 239→244
有馬氏 203→235

いずれも与党議席が増える方向に予測を修正しているが、過半数を超えるかどうかでは差がある。というより、3人とも接戦を予測しているわけで、まあどちらに転んでも誤差の範囲内と主張できそう。

ちなみに現代の記事タイトルにあった「6月14日投票」ってのは何さ、というと、勝ってから7月のサミットに臨みたい、という首相の意向だそうな。公明党的には好ましくないが受け入れざるを得ないだろう、との読みらしい。

なんだかんだいってももう半年ないわけで、ここまできたら大差ない感じもするんだが、選挙直前の小沢代表辞任の可能性とか、その後の大連立の可能性とかで、それなりに話題は尽きないらしい。さても議会は踊るわけだ。はてさて。

|

« 「判例観光」より「行政観光」「政治観光」「司法観光」ではないかな | Main | なんだか「GOEMON」がけっこう期待されてるらしい件 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 衆院選予測週刊現代090502:

« 「判例観光」より「行政観光」「政治観光」「司法観光」ではないかな | Main | なんだか「GOEMON」がけっこう期待されてるらしい件 »