« 彼らのゲーム歴はなぜ公表されないのか | Main | 衆院選予測週刊現代090627 »

June 12, 2009

もうシュワちゃんはいらない、のだろうか?

手短に。2009年6月13日劇場公開の「ターミネーター4」に、これまでのシリーズで「主演」したアーノルド・シュワルツェネッガー・現カリフォルニア州知事がCGで登場する、という話。

シュワルツェネッガーさんは実際に撮影に参加したわけではなく、ターミネーター「T-800」としてCGで出演。「T-800」は、カナダ人のボディービルダーに、シリーズ第1作のシュワルツェネッガーさんの顔をCGで合成、炎から脱出するとメタリックなボディーに変身する。
ターミネーター4:シュワ知事が“出演” サラ・コナーは声で復活 6月公開」(まんたんウェブ 2009/05/15)

ということは、だ。

シリーズ第1作「ターミネーター」で一躍スターとなったシュワルツェネッガーは、これまで「ターミネーター」シリーズの象徴的存在だった。けっこう特徴的な顔でもあるし、いまや他の顔ではイメージが合わないというレベルだ。今回は知事としての公務多忙により出演せず、とのことだが、まあ当然といえば当然だろう。今後さらに第5作の構想も、との情報があるそうだが、今後も難しいんだろうな。第一もうかなりのお歳だし。

で、今回の「CGによる出演」なわけだが、これはつまり、過去の映像から3Dモデルを作って新作に取り込むことができた、ということだ。これってある意味象徴的なんじゃないか、と思う。こういうのアリなんだ、という意味で。

今回は頭だけのようだし、どの程度の「演技」をしているのか知らないが、もともとあまり複雑な表情をしないターミネーター役だから、いったん3Dモデルができた以上、今後はもう、同意さえあれば、「本人」なしでいくらでも映像を作り出せるようになるのではないか。

技術がもう少し発達すれば、この流れは「デジタル俳優」の可能性を大きく開く方向につながるものとなる。もう亡くなった、あるいは存命でもかつての若かりし姿でスクリーンに登場したい名優たちが、これと同様のかたちで「復活」することも可能になるだろうし、主要キャスト以外は出演料の安い他国の俳優の演技をモーションキャプチャーで取り込んで、容姿を入れ替えるなんてこともありうる。

成熟度は別として、こうした技術はすでに存在してるし(実在の人物を3Dでキャラクター化して動かすなんてのはゲームではさほど珍しくもないだろう)、映画でもモーションキャプチャーなんかは普通に使われたりもしているはずだが、「デジタル俳優」が本格的に利用されるところまではまだいっていない。しかしそれは、技術的問題もさることながら、どちらかといえば作る側、見る側がそうしたやり方に対してどの程度必要性を認めるか、また慣れているか、という問題だったのではないか。今回のようなケースがいくつか続いて、「そういうふうにやっていいんだ」という認識が広がっていくと、それに合わせて技術もどんどん発達して、そう遠くない将来に、当たり前のことになってくるかもしれない。

仮にそうなったとして、それが「いいこと」かどうかはまた別問題。いろいろな考え方があると思うけど。

|

« 彼らのゲーム歴はなぜ公表されないのか | Main | 衆院選予測週刊現代090627 »

Comments

 もう10年も前になるかと思いますが、NHKスペシャルで「映画へのデジタル技術への進出」というテーマで、デジタル俳優の問題が取り上げられていたことを思い出しました。

 バットマンシリーズで、スタントマン代わりにデジタル俳優が演技をしていて、あまりの良い出来に俳優組合に配慮して一部カット(飛び降りる部分だけ採用して、飛び降りたあと道を平然と歩み行く部分はカット)したとか。

 たしか、このバットマンの映画にも、シュアルツネッガーが出演していたような。

Posted by: yasiyasi | June 12, 2009 11:21 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference もうシュワちゃんはいらない、のだろうか?:

« 彼らのゲーム歴はなぜ公表されないのか | Main | 衆院選予測週刊現代090627 »