« WISH2009のサポーターになってみた話 | Main | 「スイッチオン」プロジェクト成果発表会のライブ中継はこちらから »

July 31, 2009

衆院選予測週刊現代090808

週刊現代日2009年8月8日号に「大予測!鳩山民主か自民か」という記事が出ていたのでメモ。過去の週刊誌各誌の選挙予測のパフォーマンスについて取り上げているのが興味深い。

まずは2003年(10月10日解散、11月9日投開票)の衆院選から。初めての「マニフェスト選挙」。直前に民主党が自由党と合流。

当時の選挙予想では、各誌とも、民・由合併の効果を過大に評価し過ぎたようだ。『週刊文春』や『週刊ポスト』は、合併効果により民主党が大躍進すると予測。約200議席を獲得するとし、『ポスト』はさらに、自民党は改選前の247議席を大きく割り込み、200の大台を切るとしていた。
ところが、結果的に自民党は、首相の小泉氏、幹事長の安倍晋三氏(後に首相)の二枚看板で、(中略)10議席減の237。新生民主党は思ったほど得票が伸びず、177議席に留まった。
比較的健闘したと思われるのが、『週刊朝日』か。政治学者の福岡政行氏は、自民党が躍進すると予想し、結果的には“ニアピン賞”を獲得している

比較されているのは週刊文春、週刊朝日(福岡政行氏)、週刊朝日(森田実氏)、週刊ポスト。与党計の選挙結果275議席に対して、文春は249、朝日(福岡氏)は281、朝日(森田氏)は251、ポストは233と予測。野党計は選挙結果205に対し、文春231、朝日(福岡氏)は199、朝日(森田氏)は229、ポストは247。


次に、2005年のいわゆる「郵政選挙」。「刺客戦術」が話題になった。

・・常軌を逸した小泉氏の強行突破ぶりに、メディアも識者も、多くは自民党の分裂による大敗を予想。改選前の議席を減らすことになるとの論を展開した。
ところがここで、「刺客戦術がメディアをジャックし、自民党が単独過半数を獲得する」としていたのが『週刊ポスト』。アナリストは、なんとまたまた福岡政行氏だ。「常識にかからない首相の決断と行動が、〝風〟を巻き起こしている」と語り、爆発的な小泉ブームを予見していた。
選挙の結果は、周知のように自民党はなんと296議席を獲得するという、史上空前の大圧勝。民主党は『サンデー毎日』が193議席、『週刊文春』が220議席など大躍進を予測するムキもあったが、悪夢のような大敗を喫し、わずか113議席に沈んだのだった。

比較されているのは週刊文春、週刊朝日、サンデー毎日、週刊ポスト、週刊現代。与党計の選挙結果296議席に対して、文春226、朝日248、毎日253、ポスト288、現代274。野党計は選挙結果153に対し、文春252、朝日232、毎日227、ポスト192、現代206。

というわけで、この2回に関する限り、福岡氏の予測が比較的いい線いっていた、という結論になっている。となれば、じゃあ今回は、となるのが人情というわけだが、あれ?いろいろ出てる予測の中に、福岡氏のものがない?見落としたのだろうか?まさか、今回はやってない?とすればなぜ?

たぶん私が見落としただけなんだろう。今回の衆院選に関する福岡氏の直近の予測や、それががどこに出ているかについて、ご存知の方はぜひご教示いただきたく。

|

« WISH2009のサポーターになってみた話 | Main | 「スイッチオン」プロジェクト成果発表会のライブ中継はこちらから »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 衆院選予測週刊現代090808:

« WISH2009のサポーターになってみた話 | Main | 「スイッチオン」プロジェクト成果発表会のライブ中継はこちらから »